ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

日本武尊と草薙剣

熱田神宮を参拝した。

a0237937_2236373.jpg
拝殿前。初詣は大量の警察官によってロープ規制が行われる。


熱田神宮には何十回行っただろうか。
若いころから公私ともに行く機会は多かった。
昨年の秋、甥の結婚式で祈祷殿、熱田会館を訪れた。

a0237937_23131539.jpg
正面参道と東西の参道が合流するところの大楠(おおくすのき)。

古事記、日本書紀を読んでくると熱田神宮への見方は一味、違う。

草薙剣の剣が祀られていることはよく知っていた。
熱田大神は草薙剣を御霊代(しろ)として、天照大神であるとの解釈があったり、
日本武尊こそを祀っているのではという解釈もあるとのことで、これは驚いた。

こんなことも知らずに、何を考え、何を見てきたかとと思うと忸怩たるものがある。

日本武尊は東伐に当たり、伊勢神宮に倭姫命を訪ねて患い泣いたところ、草薙剣を賜った。その力も借りて、東伐を成功させて終わりに帰還する。尾張国造の娘、美夜受媛(みやずひめ)の元に戻る。
日本武尊は草薙剣を美夜受媛に預けて、伊吹山の山の神をとりに山の登るが、逆に伊吹の山の神のたたりを受け病床につくというのが、記紀ともどものアラ筋である。


したがって、熱田神宮はその剣を祀り、相殿として天照大神、素盞嗚尊、日本武尊などが祀られているのである。

素盞嗚尊は、ヤマタノオロチ退治の際に、ヤマタノオロチの尾の中から剣を発見し、天照大神に献上した。天照大神は、その剣を天孫降臨の際に迩迩芸命(ににぎのみこと)に授けたということである。

三種の神器のうち草薙剣は熱田に置かれ、伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えている。

最後に。
名古屋市の下水道のマンホールのデザイン、これはなんだろう。
蜂ですか。いやあ、水すまし、アメンボだった。水がきれいになるようにという分かりやすい話しらしい。十数年前のコンクールの入賞作で、その前は幾何的な模様だったと記憶している。

a0237937_22382360.jpg

熱田神宮から出てきたところで、マンホールの図柄が気になった。始めは「蜂」かと思い、「名古屋市章の丸八の語呂合わせ?」などと思ったが・・・

ちなみに名古屋市の市章の丸八印は尾張徳川藩の略章から採られたとのことである。
by koza5555 | 2012-08-13 00:05 | 旅行 | Comments(0)
<< 「山の神」と「山の子」 蓬莱軒でひつまぶし >>