ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

桜井市広報 わかざくら

桜井市の「広報 わかざくら」、2月号で僕を取り上げてくれた。
「桜井をつなぐ人」というコーナーでA4一ページ全部という破格のコーナーである。

a0237937_20475098.jpg


取材では、奈良と桜井の自然と歴史のすばらしさを語った。「奈良まほろばソムリエ試験」で、この地の魅力を深く知ることが出来たことを紹介した。民生委員や区長の仕事を通して身近な皆さんと結びつき、学んだことを活かしてきたこともお話しさせていただいた。
広報紙の編集担当者は、僕のお話をとてもうまくまとめてくれた。

a0237937_20494039.jpg
写真もすばらしいが、使われたのはこれではない(笑)


記事の全文を紹介したい。

 縁あって11年前に愛知県から桜井市へ引っ越して来たという雜賀さん。当時は身内以外に知り合いがなく、奈良についての知識もほとんどなかった。ところが、「県内の歴史や文化のことを聞くなら雜賀さんに」と今では多くの人から言われるほどの存在だ。
 山登りが好きだった雜賀さんは妻と一緒に、外鎌山、鳥見山、大和三山と近所から順に登った。登るに連れて「奈良っていいところだな」という思いが芽生える。井寺池のそばに建つ万葉歌碑『やまとはくにのまほろば たたなづく 青がき 山ごもれる 大和しうるはし』の意は、大和の良さを詠んだものであるが、後半の『幾重にもかさなりあった青い垣根のような山々に囲まれた大和は本当にうるわしいところだ』という一文がそれを物語っているという。
 もともと歴史には興味があった。正倉院展を訪れた帰りに、本屋で一冊の本を手に取る。奈良まほろばソムリエ検定のテキスト本だ。その日からテキストを読み込み、2級に合格。1級に一度落ちるも奈良県中をまわってさらに勉強し、最難関のソムリエには一発合格した。合格する前から遠方の友人を奈良に呼んでは各地を案内していたといい、それが自分の勉強にもつながっていったのだ。
 解説がわかりやすく楽しいと口コミで広がり、まほろばセンターの歴史文化講座をはじめ、あらゆるところから講師の依頼がくる。「ツアーガイドも講演も有料でやってるんです。付加価値をつけ、お金をいただいてもそれに見合った恥ずかしくない内容を伝えたいから。そのためには真剣に勉強や準備をしますし、資料作りもしっかりやります」。自作資料に向けられた目が鋭くなった。
 地域で生活するのに大事なことは、自らまわりとつながっていくこと。民生委員や区長の役職を引き受けたことで地域に溶け込み、友人や信頼が増していった。ガイドをするにも、まずはそこに住む人たちに地域のことをひるまず話す。地元で通用しないものが、都会から来た人に受けることなどない。地元の良さを知ると、みな誇らしげに「うちの村のこと、うまいこと話してや」と頼んでくる。
 「桜井はやはりおもしろい。このおもしろさをもっと多くの人に伝えていきたいね」。雜賀さんの笑顔が、地元の良さを広げていく。


a0237937_20533525.jpg

by koza5555 | 2017-01-27 12:18 | 桜井市と安倍 | Comments(0)
<< サッカーのルーツは蹴鞠 三輪の初えびす >>