ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

当麻ウォーク。加守廃寺跡とか掃守神社

3月22日(水)に「大人の学校」で、当麻寺の周辺のウォーキング、紹介して、お誘いいたします。

a0237937_2216292.jpg

当麻の首古塚古墳から二上山

午前10時に二上神社口駅集合、加守神社、加守廃寺跡、傘堂、鳥谷口古墳、首子塚古墳、当麻寺中の坊にて「曼荼羅絵解」、金堂、講堂を拝観して、当麻寺駅に至りて中将餅を賞味、午後4時過ぎに解散である。

はじめが加守神社、実は主殿は倭文(しとり)神社といい、織物の神様である。天照皇大神の衣を織ったとされる。
左脇殿が二上神社といい武と文の神。
右脇殿が加守(掃守 かもり)神社で、産婆・産育の神であり祖とされる。神武天皇の父が生誕するとき産室に群がる蟹を掃き清めた天忍人命(あめのおしひとのみこと)を祀る。
a0237937_2218536.png


この神社のオンダ祭りが独特で、他には見られない内容や所作がある。
オンダ祭りの牛を地元の小学生(宮本の加守の男の子)が演ずる。
この牛がオンダの所作中に出産する。
川西の六県(むつがた)神社のオンダでは、人が子を産むという所作があるが、牛が出産するというのはここだけだ。

こちらのオンダ、斎行日は「4月15日の前の土曜日」と決まっていて、今年ならそれは4月15日ということだ。


倭文(しとり)神社(加守神社)のご本殿の背面(西側)には、加守廃寺跡が残されている。
加守という地名は古代氏族の「掃守氏」の本貫地として知られる。雄略天皇の時代からの氏族である。廃寺からは奈良時代中期の軒瓦が発掘されており、長六角形の特異な構造の建物跡も発掘されている。
a0237937_22302375.jpg
(『大和の古代寺院跡をめぐる』から)

その後、傘堂、鳥谷口古墳を見学、首子塚古墳にて二上山と当麻寺を眺望する。
a0237937_22201992.jpg

東西の国宝三重塔・・・と言いたいが。当麻寺西塔は工事に入り、覆屋に入った。3年くらいはこんな状態らしい。

当麻の里を巡った後は、当麻寺・中之坊にて當麻曼荼羅の絵解きをお聞きする。めったに聞けない曼荼羅の絵解き、これをお聞きするウォーキングである。


実施要項は以下の通り。メールでお申込み、お願いたします。
■実施日    平成28年3月22日(水)雨天決行
■集合時間午前10時 
■集合場所   近鉄 二上神社口 
■コース(歩く距離 7km程度)
近鉄二上神社口駅 集合10:00 → 加守神社→ 加守廃寺跡 → 傘堂→ 鳥谷口古墳→ 12:00 昼食(ふれあいステーション、食堂)→ 首子塚古墳 →  当麻寺中の坊 絵解予約時間13:30から → 14:30当麻寺曼荼羅堂→ 金堂→ 講堂 (15:30)→ 当麻寺駅解散 16:00
■持ち物  水筒、帽子、雨具をお持ちください。食事は当麻ステーションの大食堂を利用します。
※歩きやすい服、靴でおいでください。
■参加費 2100円【当麻寺(500円)、中之坊(解説料含む800円)資料代・学校経費800円】

ぜひ、おいでください。申し込みは メールにて kozaburo@cg8.so-net.ne.jp
by koza5555 | 2017-03-09 22:54 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)
<< 磐余池、安倍木材団地論もありか 神武東征聖蹟顕彰碑と丹生川上神社 >>