ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

龍田大社 風鎮大祭

龍田大社(生駒郡三郷町立野(たつの))の風鎮大祭を拝見した。七月の第一日曜日である。

a0237937_09302072.jpg

奉納される風神花火(手筒花火)

太鼓や河内音頭の神振りの奉納の後、風神花火で神様に火のごちそうをお供えするという祭である。四月の風神祭とならんで、五穀豊穣の例大祭の位置づけである。付け加えれば10月の秋季大祭は収穫感謝の祭となる。


a0237937_09295192.jpg

風神太鼓の奉納と河内音頭で神賑わい

a0237937_09300370.jpg

風神花火

a0237937_09304060.jpg



フィナーレ ナイヤガラの滝とか・・・


こちら三郷町の龍田大社は大和川の右岸、河合町の廣瀬神社は左岸に位置して、その立地は対であるが、古くからの祭祀、神社の在り方も対とされている。


これを引き継いでいる両社の祭も対で、龍田は風鎮、広瀬の砂かけは雨・水の祈願である。

雨を降らせ、風を抑える、これは農業、稲作の根源の祭祀といえよう。


平安時代(延喜式)には、宮廷の四時祭(四季節の祭)の一つで,広瀬神社の大忌祭、龍田大社の風神祭は4月,7月の4日に祭りが営まれたとされている。

しかもこれが『日本書記』に記されている、天武天皇の時代からの祭というのがすごい。

「天武天皇4年(675年)410日に勅使を遣わして風神を龍田立野に祀り、大忌神を広瀬河曲に祀った」、これが、龍田と広瀬の始まりである。

「我が宮(広瀬の河合に奉る水の神)は朝日の日向の所、夕日の日隠(ひかぐる)る所の龍田の立野に、吾が宮(龍田の神、風の神を)を定め奉」れば、公民の暮らしは成り立つ(延喜式)。

また『延喜式』に記された祝詞、「龍田風神祭祝詞」によれば、

「崇神天皇の時代、数年に渡って凶作が続き疫病が流行したため、天皇自ら天神地祇を祀って祈願したところ、夢で天御柱命・国御柱命の二柱の神を龍田山に祀れというお告げがあり、これによって創建された」とも記される。

天照大御神はニニギの尊に稲と稲作の力を持たせて降臨させたというのが、古事記・日本書紀に記されている。稲作は神の教え、稲作は神そのものをたたえる行為とされているのである。風鎮大祭の根源は深いものがある。



by koza5555 | 2017-07-03 09:36 | 奈良 | Comments(0)
<< ヤマトタケル 古事記完全講義 >>