ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

大福の泡子地蔵尊と東新堂の辻堂 六地蔵

大福と東新堂で六地蔵を探して回った。

a0237937_2125399.jpg
東新堂の村はずれで、こんな六地蔵を見た・・・だけど、これはさがしていたものではない


「中ツ道は橘街道」と書いたばかりだが、桜井あたりでは違うと言われている。
中ツ道が中世に消滅した後は、盆地中央部の道は、村々を繋ぐ形で再生されたとみることが出来る。それが「橘街道」と言われたのである。

コースとして考えられるのは、横大路の大福村付近の地蔵堂に始まり、真北に向かい、大福村を経て東新堂、新屋敷、大泉、大西で田原本街道に合流、村屋坐弥富都比売神社からは田原本街道を外れて真北に進む(現在の県道51号、ここからは中ツ道になぞる)道である。

a0237937_21275765.jpg


菅笠日記によってもこの道の存在は明白である。明和九年(1773年)のことである。
11日目。
戒重といふ所にいづ。こゝは。八木といふ所より。桜井へかよふ大道なり。横内などいふ里を過て。大福村などいふも。右の方にみゆ。すこしゆきて。ちまたなる所に。地蔵の堂あり。たゞさまにゆけば八木。北へわかるれば。三輪へゆく道。南は吉備村にて。香山のかたへゆく道也けり。今はその道につきて。吉備村にいる。

12日目。
さて三輪の社にまうでんとすれば。やゝ行て。きのふ別れし地蔵の堂あるちまたより。北の道にをれゆくほど。奈良のかたを思ひて。ながめやりたるそなたの里の梢に。桜の一木まじりてさけりけるを見て。


本居宣長が記した「地蔵の堂」は、その後、大福の大念寺(融通念仏宗)に移されていて、お地蔵様も公開されている。
大きく補修されているが、元弘3年(1333年)の銘が残されている。向背の頂上に阿弥陀如来、左右に3体づつ、6体のお地蔵様が浮き彫りにされているのが特徴である。俗に泡子(あわこ)地蔵と呼ばれる。ひだがアワだつように彫られているからとか、光背仏がアワのように見えるとかの論がある。地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六界・六道を光背に配置する単独六体地蔵の先駆けだろうか。

a0237937_21284843.jpg
大福の泡子地蔵

さらに橘街道を一キロほど北上する。東新堂の辻堂が右手に建てられている。本村からは500mも離れた田んぼの中だが、隣村の新屋敷との境目に置かれる。自動車工場やビニールハウスの中に現在は立っていた。これをさがしていた。
a0237937_21334189.jpg

a0237937_21343782.jpg


地蔵菩薩(六地蔵光背) 東新堂辻堂
田のあぜ道の三叉路の角に辻堂があり、セメントにかたく蓮台を埋めている仏身3尺3寸の地蔵をまつる。地蔵は行恒様式の丸い顔、衣文の調子もふくらみのある褶(しゅう)をよせ、背は高からず、ひくからず、花崗岩をきれいにこなした作で、7体仏や五輪塔のある錫杖の作りから、泡子地蔵と同じ頃同じ作者による作彫と思われる。
『桜井市石造美術』太田古朴 著

これもまた、単独六体地蔵、六地蔵の姿と言えるのではなかろうか。

さて、東新堂にはさらに多くのお地蔵様がおられた。はじめに六地蔵は紹介した。

a0237937_21352297.jpg
これは、会所の子供地蔵(区長さんのことば)


a0237937_2137544.jpg
こちらは、村中の地蔵堂


お地蔵様を探すときに行き詰った時、東新堂の山口源博区長に教えを乞うた。「地蔵盆のお地蔵様は橘街道沿いのお地蔵様」と、こちらで端的に教えていただいた。山口区長さま、ありがとうございました。
鎌倉時代に遡る、これらの石仏を見るとき、大福、東新堂を抜けるこの街道こそ、中世、近世で呼称された橘街道であることは間違いない。と確信できる。
by koza5555 | 2017-03-31 21:52 | 桜井市と安倍 | Comments(0)
<< 「桜井の古墳」桜井東ふれあいセ... 橘街道は中ツ道 >>