ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

ヤマトタケルの能褒野墓、琴弾原白鳥陵

ヤマトタケルのツアーが迫ってきた。
白鳥伝説を真剣に考えねばならない。能褒野墓(のぼののはか)と大和と河内の白鳥陵も重大問題で、同じヤマトタケルを祀るのになんで陵と墓?、この問いにもこたえねばならなし。

今日は、倭建命(古事記)・日本武尊(日本書紀)の墓は「墓か陵か?」を考えてみた。

ヤマトタケルの墓・陵は次の三カ所とされている。

① 伊勢の能褒野墓(のぼののはか)。古事記・日本書紀に触れられている。

ヤマトタケルが亡くなり白鳥となって飛び去ったとされる。鈴鹿市の白鳥塚などの説があったが、明治12年(1879年)に宮内省により能褒野王塚古墳に改定された。


a0237937_08414066.jpg

② 大和の白鳥陵。日本書紀だけに記されている。

明治9年(1876年)に教部省により定められた。掖上鑵子塚(わきがみかんすづか)古墳(御所市柏原)に比定する説が根強い。

a0237937_08415252.jpg
a0237937_08412898.jpg
こちらは掖上鑵子塚古墳

③ 河内の白鳥陵。古事記・日本書紀に記される。明治13年(1880年)に軽里大塚古墳に決められた。峯塚古墳、津堂城山古墳を推す研究者も多い。



能褒野は墓で大和と河内は陵となっている。天皇・皇后・太皇太后・皇太后の墓は陵、その他の皇族は墓となるが、ヤマトタケルは天皇に準ずるとされて陵と呼ばれたようである。すると「能褒野はなんで墓なのか」、この疑問は解消できない。

いろんな方に聞いたが明快な解説がない。「宮内庁に聞いたら」との声があり、問い合わせをしたが・・・これは無回答だった。

あれこれ読んでいると・・同志社大学の北康宏助教授が25年ほど前に、愛知県春日井市の「ヤマトタケル」というシンポジウムでお話をされていた(『ヤマトタケル』森浩一 門脇禎二 大功社)。

結論を先に書くと、「能褒野墓」は延喜式で記された固有名詞かな、ということである。

a0237937_08420402.jpg

こちらを見てみると

延喜式(延長5年 927年)には、陵73、墓47が指定されている。ヤマトタケルの陵墓は「能裒野墓」で、墓の分類である。

墓は47であるが、グル-プ分けがあり、以下の四基はグループとなっている。

能褒野墓は伊勢国鈴鹿郡で、ヤマトタケル。

竈山墓(かまやまのはか)は紀伊国名草郡で、イツセノミコトで神武天皇の兄。

宇度墓(うどのはか)は和泉国日根郡で、イニシキイリビコで景行天皇の兄。

宇治墓(うじのはか)はウジノワキイラツコで仁徳天皇の兄。

a0237937_08421875.jpg

この四基には共通項があるという。

①皇族であること、②継体天皇以前の皇統であること、③即位した天皇の兄弟であること、④軍人、または天皇の特別な庇護者であることが特徴である。

大宝2年(702年)には「震 倭建命墓。遣 使祭 之」(ヤマトタケルの墓、地震(落雷?)あり、使いを送り祭る)とあり、すでにこの時点で四墓は確定されていたとみられる。

北先生はさらに四墓は大和を守る特別の配置になっていると指摘されるのである。

東、南、西、北と記載する順序は古代の四至記載の基本とされ、宮を中心に四方の守護神とを配したとみるべきである。

a0237937_08423752.jpg

能褒野墓は固有名詞というべきものであろう。

明治の治定では、日本書紀を参考にヤマトタケルの3陵を定めたが、「能褒野墓」については、「墓」と定めた延喜式の記載を尊重したと思われる。

重ねてであるが、「能褒野墓」は、都宮の四周を守る特別の墓の筆頭に挙げられていて、陵と記した古事記・日本書紀との整合性を現代的(明治の治定)に考えれば、「能褒野墓の陵」ともいえるのではなかろうか。


能褒野墓 伊勢国鈴鹿郡の所在で、兆域は東西2町・南北2町で守戸3烟を付すとしたうえで、遠墓に分類する(伊勢国では唯一の陵墓)である。


by koza5555 | 2017-09-27 08:50 | 万葉の旅 | Comments(0)
<< 山の辺の道―黒塚古墳と長岳寺。... 神野山となべくら渓 >>