ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

聖林寺の子安地蔵と釈迦石仏

談山神社、一の鳥居を出て三本目の丁石を越えたところに穏やかなお顔の釈迦石仏が座られている。聖林寺の下である。
a0237937_2211957.jpg

先日、ガイドした名古屋のSさんと聖林寺を訪ねた。
少人数であったから、日程はハードに組んだ。天理で会い、崇神天皇陵、食事は寿司政のランチ、宇太水分神社、艸墓古墳、安倍文殊院、聖林寺である。
ちょっと順序がおかしい所があるが、それはそれなりの理由はあった。

今日は聖林寺の子安延命地蔵とその周辺のことを書きたい。
聖林寺と言えば、フェノロサ、和辻哲郎、會津八一、白洲正子とすべて十一面観音である。天平時代の木芯乾漆像であるからそこに注目が行くのは当たり前である。

しかし、「待ってね」である。本堂、正面は子安延命地蔵である。
僕が始めに拝観した時は十一面観音はすでに現在の観音堂だった。30年くらい前だと思うが。お堂に入ると、まずは本尊の子安地蔵である。そのときの驚きは今も鮮明である。「この石像は?」である。
a0237937_22123379.jpg
聖林寺。山門から。一幅の絵である

今日はこの子安延命地蔵である。
奈良に来てから勉強した。聖林寺のパンフレットも簡明である。「本尊は、元禄時代に造られた丈六の大石仏。安産・子授けの祈願として有名です。左右の掌善・掌悪童子と共に地蔵三尊の形式をとっています。」とある。
「江戸時代は元禄(1688年~1704年)の末に・・石工―但馬の佐助に命じ巨大な地蔵石仏をつくり本尊として安置し、享保20年(1735年)本堂を改築した。明治維新まで妙楽寺の末寺だった」(桜井市史)とある。

この子安地蔵の兄弟が多武峰街道にお座りになっているという話が今日のテーマである。

談山神社の一の鳥居は桜井市浅古にある。
ウォーキングのガイドの下見の時、「一の鳥居からしばらくの所に大仏石像がある。大らかで素晴らしい仏だ。由緒が知りたい」とのことである。

下(しも)との境の浅古(あさご)に迦石仏がある。八講堂のひとつ、大日寺が関係しており、街道の東側にお座りになっている。「仏身体の左右の後背に彫った銘文から」宝永7年(1710年)の作である(桜井市史)。

聖林寺子安地蔵は1704年までに作られ、この釈迦石仏は1710年作とのことである。
地元では「この釈迦石仏は聖林寺の子安地蔵のあまり石で作った」と言われている。

どう思われますか。
子安地蔵の画像はないけれど、想像力を働かせて考えてみてください。
a0237937_22134335.jpg
聖林寺本堂前

名古屋のSさんにはとっても、喜んでいただけた。
古墳に入れたこと、念願の宇太水分神社を見学できたこと、文殊菩薩を誉め、聖林寺のたたずまいすべてに感激されていた。こんな感想をいただくと、ガイド冥利につきる。
by koza5555 | 2012-12-30 22:15 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

阿騎野、「かぎろひを観る会」

今年の「かぎろひを観る会」は29日である。旧暦の11月17日に行われることから、今年は29日。大宇陀かぎろいの丘万葉公園で開催される。

「人麻呂の歌が詠まれたとされるこの日に『厳冬のよく晴れた夜明け、日の出1時間ほど前に現れる最初の陽光』という説に基づく[かぎろひ]をたき火を囲んで待つ。阿騎野朝市などの催し物が行われる」(宇陀市観光サイト)。
a0237937_21534714.jpg

旧暦の11月17日は「壁画・阿騎野の朝」を描かれた中山正實さんが東京天文台の協力を得て、持統6年(692年)陰暦11月17日午前5時50分頃と決めたとのことである。
この日が満月という事なんですよね。

あいにく重たい雲がたちこめて、かぎろひは出なかった。しかし、万葉集が好き、柿本人麻呂が好き、阿騎野が好きという方がいっぱい集まった。

そして大きな篝火が焚かれ、参加者には葛湯がふるまわれた。

16日の古事記ツアーで阿紀神社を訪れた時、能楽堂の前で「かぎろひを観る会の日にここに生け花を活けます」という女性に会った。
「大きいなあ、どうしょうか」と考えられて見えたが、それも見てきた。なるほど、こんなふうに活けられて、能舞台に良く映える花だった。
a0237937_21573190.jpg
阿紀神社、能舞台と生け花

春、「大海子皇子、東国発ちをたどる」というツアーを案内した。
愛知県の稲沢の歴史研究会のリクエストだった。

コースは宮滝、宇陀吾城、甘羅(かむら)、菟田郡家(うだのこおりのみやけ)、大野、隠駅屋(なばりのうまや)である。その先は僕の守備範囲外ということでガイドを他の方に譲った。

その時、かぎろいの丘に登った。
下見の時から見てはいたが、ここに柿本人麻呂の阿騎野の長歌と短歌一首の歌碑が置かれている。

持統天皇6年(692年)の柿本人麻呂、阿騎野の歌(長歌一首、短歌4首)である。
さすがに「東の野にかぎろひの立つみえて かへり見すれば月傾きぬ」(巻1の48)は読めたが、そのとき長歌が読めなかった。
今日はそれを、小声だが、朗々と読み上げて帰ってきた。
a0237937_21583444.jpg
万葉集 巻1-45 柿本人麻呂 長歌
by koza5555 | 2012-12-29 21:58 | 宇陀 | Comments(0)

室生寺と橋本屋旅館

室生寺と言ったらシャクナゲ?
室生寺と言ったら土門拳。
土門拳と言ったら橋本屋旅館。
室生寺と言ったら五重塔。
室生寺と言ったら、奥ノ院の中村さん(最近とみに著名)。
もちろん国宝の釈迦如来立像(元薬師如来と言われる)を忘れてはいけない。
a0237937_17464189.jpg
橋本屋旅館から見る太鼓橋。室生寺

JTBの「まほろばソムリエと訪ねる~大和の美仏に出会う旅」のバスツアーをガイドする。
お寺の門前で語り、お堂の前で語る。効率的に時間を使うためにバスの道中で、町と村、お寺や仏の歴史などを語る。できるなら仏を見ながら長々と説明はしたくない。
みなさん、どうでしょうか。仏を前に「あの手がどうの、この衣文がどうした」としゃべり続けるガイドに辟易したことはありませんか。

仏の前に立ったら自然に手を合わせる、仏前に行くまでのうちに背景、造形説明などは済ませておきたい。ま――、そうはいっても、これはなかなか難しい。これは僕の夢ということである。

JTBのツアーの日程。日曜日に実施する。
a0237937_17484971.jpg
4月28日と5月5日に注目してほしい。赤字の所がソムリエツアーである。長谷寺の牡丹、室生寺のシャクナゲ、両方見て食事込みで2000円?どうでしょうか

さて、室生寺と言ったら土門拳。土門拳と言ったら橋本屋旅館である。
今回のツアーの昼食は、橋本屋旅館である。橋本屋旅館、室生寺門前に3棟ある。ツアーの進行上、どこで食事になるかは関心範囲である。不躾にも突然訪問して、奥本社長にお話しを聞いてきた。
本では分からない、見ただけでは分からない感動的なお話をタップリ聞いてきた。

724段の階段を上がり奥ノ院まで参詣してきた。最近、とみに著名な奥ノ院の中村さんにもお逢いすることができた。
a0237937_17501819.jpg


室生寺ガイドの構想がバーンと広がった。
a0237937_17591862.jpg

「ささやかに にぬりのたふの たちすます このまにあそぶ やまざとのこら」會津八一
by koza5555 | 2012-12-28 17:52 | 宇陀 | Comments(4)

まほろばソムリエと訪ねる~大和の美仏に出会う旅 JTB

来年の話である。4月28日(日)、5月5日(日)を皮切りに7月、8月、9月は毎週の日曜日、運行で、JTBが「まほろばソムリエと訪ねる~大和の美仏に出会う旅」のバスツアーを企画した。

コースは長谷寺、室生寺、聖林寺、安倍文殊院である。
年末の長谷寺をさっそく訪ねてみた。
a0237937_189114.jpg
寒牡丹である
このバスツアーはものすごい。大人2000円、こども500円。それで室生寺の橋本旅館での精進料理の昼食代金込みとのことである(拝観料は個人払い)。
2000円?長谷寺の4月28日、5月5日は牡丹で人気絶頂で、ここだけでも「どうやって2000円で行けるか」というようなツアーである。
a0237937_1895017.jpg
ツアーチラシの一部

27日、長谷寺を訪れた。さすがに境内はシーンとしている。
a0237937_18112439.jpg

お正月の準備でおおわらわである。礼堂の座布団を干す。

長谷寺は奈良、平安時代を通じてひとびとの信仰を集め、特に平安時代には女人の参詣がしきりで「源氏物語」や「枕草子」にしばしば登場し、「蜻蛉日記」の道綱の母の参詣はとくに有名である。

舞台づくりの本堂は徳川家光の寄進。東大寺の大仏殿に迫る規模を持ち、国宝である。
美仏であるが、ご本尊の十一面観音は左手に水瓶、右手に錫杖を持ち、長谷寺式と呼ばれる。
2月14日のだだおし、また牡丹の寺としても知られており、境内に7000株と言われている。

西国観音霊場、8番である。ご詠歌の「いくたびもまいるこころは はつせでら やまもちかいも ふかきたにがわ」である。初瀬谷に臨む長谷寺の立地を良く抑えたすばらしい歌であり、心にしみるご詠歌である。

鐘楼の東には「春の夜やこもりどゆかし堂の隅」(はせを―芭蕉)の句碑が置かれている。

「人はいさ 心も知らず 故郷は 花ぞ昔の 香ににほいける」(百人一首 紀貫之)の歌は長谷寺を詠んだ歌である。

4月からのツアーだが、順次準備をすすめたい。
登廊で長野県の諏訪からおいでになったという初老の方とお話しができた。「奈良はいい、今のように誰もいない時に来たかった」と言われていた。また会えるといいなと思う方であった。
by koza5555 | 2012-12-27 18:13 | 奈良 | Comments(2)

冬の談山神社

今日は居間のワックスかけ。ワックスをかけた後の2~3時間は外出が必要である。
昼食をとったり、買い物もしたが時間をもてあます。
談山神社で雪が見えるかと登ってみた。
a0237937_22134488.jpg
十三重塔。北側から。北側・西側には雪が残っていた

「犬養孝でたどる万葉ツアー」、桜井コースを計画している。
初瀬の道、檜原神社や井寺池の山辺道を歩くが、いろいろ考えると忍阪の舒明天皇陵、鏡王女の歌はどうも本命中の本命という感じがしてくる。

秋山の樹の下かくり逝く水の 吾こそ増さめ 御思ひよりは(巻2-92)、この鏡王女の歌の碑は犬養孝書であるということも重い。

桜井の万葉歌碑は60を数えるが、犬養孝さん揮毫の歌碑は三カ所である。この忍阪と大福(三十八神社)、多武峰(談山神社)である。「犬養孝をたどる」なら、ここを盛り上げなくてはという事だろう。
a0237937_22165039.jpg
そんなことも思いながら、鏡王女を祀る東殿(重要文化財)に参ってきた

談山神社の三首の万葉歌碑も回ってきた。

ふさ手折り 多武の山霧 繁みかも 細川の瀬に 波の騒ける(巻9-1704)柿本人麻呂歌集(犬養孝書)

久方の天ゆく月を網ににさし わが大君はきぬがさにさせり(巻3-240)柿本人麻呂(山岡荘八書)

吾はもや安見児得たり皆人の 得かてにすといふ 安見児得たり(巻2-95)藤原鎌足(遠藤周作書)である。
a0237937_22172965.jpg
東門は県指定文化財であるが、予算もつき全面修理が決まったと聞いている

万葉の旅(犬養孝著)は、多武峰、高家は飛鳥に、磐余の池は藤原京に分類している。十市郡というくくりだとそうなるけど、磐余の歌はほかにもある。
「犬養孝でたどる万葉ツアー」では、番外として上街道、磐余、多武峰というコースを設定してほしいものである。
by koza5555 | 2012-12-26 00:11 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

皇朝十二銭

「大阪の特産品の一つにお金(硬貨)」という話は有名な話だ。
a0237937_2226544.jpg
今年の春、造幣局の通り抜けを経験したこと、桜井の音羽山観音寺の十一面観音の足元に隆平永寶(りゅうへいえいほう)(796年桓武天皇)が32枚も発見されたことなどから、古代の貨幣、「皇朝十二銭」に関心を持った。

そこで、斉藤努氏の「金属が語る日本史」(吉川弘文館)を読むことにした。
皇朝十二銭の分析を「金属論」から展開している。
a0237937_22273490.jpg

僕は二つのことに感銘を受けた。
古代、中国の影響下の東アジアで独自の通貨を持った国は日本以外にないということが一つである。
貨幣の発行は政治の安定性、経済的な基盤、通貨製造の能力など総合的なものである。ナショナリズムをあおる訳ではないが、改めて日本史を見直す。

もう一つである。
青銅製品、硬貨に必ず含まれる鉛には中性子の数により4つの種類があることが説明される。中性子が異なるということは、同じ鉛だが重さが違うということにより区別されるとのことである。
この4種の組み合わせにより、すべての鉛は産地が特定される。
中国から渡来したものも、国内で精製されたものもすべて産地は区別できることを知った。なるほどである。
それに驚いたが、その分析で皇朝十二銭の原材料は山口県の美祢市(宇部興産の煙突のあるところ)、秋芳洞のあたりと知りそれもビックリである。
a0237937_2228323.jpg
宇部興産、美祢市の日本の大煙突。冬に阪急のツアーで訪れた

また、国産の金属材料は年代としてどこまでさかのぼれるかという分析もある。
それは7世紀半ばまではさかのばれること、飛鳥の漏刻台に使われた導管の材料は国産であることなどが解明されていた。

それ以外にも日本刀、鉄砲(火縄銃)の材料、作製の分析もあり、それに関心があればさらに楽しめる本である。
by koza5555 | 2012-12-25 00:26 | 読書 | Comments(0)

祝だいこん。大和伝統野菜

祝(いわい)だいこんを大量(こんな量でしかも二段だ)にいただいた。
祝大根は雑煮、煮物に使われる。「大和の雑煮は円満を意味した輪切りの祝だいこんを入れて」とあり、お正月にこそ祝だいこんに陽が当たる。
a0237937_22392667.jpg
祝(いわい)だいこん。「どこからいただいたか?」、とりあえず外国からではない。あまりもの量で、ご近所にお福わけである

「祝だいこん、雑煮、煮物に使われる。奈良市、宇陀市、明日香村が産地である。
奈良県は大和伝統野菜に指定しており、「四十日大根から選抜された、直径3cmぐらいの細い大根。根は曲がりやすく、手や鍬等で丁寧に土寄せをする。大和の雑煮は、円満を意味した輪切りの祝だいこんと、人参、里いもと角を削ぎ落とした豆腐を白みそ仕立てにするところが多い」と県HPに紹介されている。

先日も書いたばかりだが、繰り返し大和伝統野菜のことである。
奈良県農業水産振興課が指定する。
18種類である。
伝統野菜以外にも5種のこだわり野菜を指定しており、合わせて23種を大和野菜としている。
a0237937_2244082.jpg
こんなパンフレットを奈良県庁は発行している
大和伝統野菜、18種類を地域ごとに整理すると・・・

下北春まな(下北山村)
花みょうが(五條・吉野郡)
大和まな(宇陀市など)

宇陀金ごぼう(宇陀市)
大和きくな(曽爾村など)

片平あかね(山添村)

大和いも(御所、桜井市。じょうよ饅頭などの原料として使われるという)
祝だいこん(明日香村など)

ひもとうがらし(郡山市、天理など)
結崎ねぶか(川西町)

紫とうがらし(奈良市、天理市)
千筋(せんすじ)みずな(奈良、天理市、榛原町)
軟白ずいき(奈良市)
小しょうが(奈良市)
黄金まくわ(天理市)
大和三尺きゅうり(大和郡山市、桜井市)
大和丸なす(大和郡山市など)
筒井れんこん(大和郡山市)

「大和伝統野菜は戦前から奈良県内で生産が確認されているもので、地域の歴史、文化を引き継いだ独特な栽培方法により『味・香り・形態・来歴』などに特徴を持つもの」とされている。
by koza5555 | 2012-12-24 00:36 | 奈良 | Comments(0)

奈良県異業種商品開発研究会。奈良ベンチャー21で講演

21日、お招きがあって、「いま一歩、奈良を深く」というお話をさせていただいた。
会場は広陵町のグリーンパレスだった。

ならベンチャー21というが、「奈良県異業種商品開発研究会」という団体である。
さまざまな異業種の企業が集まり、商品開発、販路開拓、販売促進等の共同事業を行い、ビジネスチャンスの創造につなげるとのことである。

a0237937_8242877.jpg

月に一回の例会があり、折々のテーマを探し勉強会も行うとのことである。

僕ができるお話は天理や桜井、宇陀の歴史や社寺のことである。
同時に「奈良を深く知る」だから、奈良県を知るための工夫もした。
僕が考えた問題、奈良まほろばソムリエ検定の過去問などから10問ほどを作り、試験を受けていただいた。
平城京時代の特徴的な天皇の性別を聞いたり、大和・奈良の形成で忘れらない近世の人物の業績を聞いた。

人物と業績を線で結ぶ問題である。
溝口豊前の守(ぶぜんのかみ)、鹿の角切。  
棚田嘉十郎、平城旧趾の保存。再建の朱雀門前に銅像がある。
川路聖謨(かわじとしあきら)、佐保川に桜を植えた。植桜楓之碑(しょくおうふうのひ)のこと(興福寺52段の上)。
平野長泰、田原本藩の初代藩主である。

ここで、奈良の近世の概括の話ができる。大和伝統野菜、奈良伝統工芸品なども問題に出して、お話しする。

吉野ヒノキをあつかう製材業、大和もめん、生駒、高山の竹の編み針を業とされる方などが参加されていて、話はうまくかみ合った。

チャンチャン祭りで有名な大和神社の総代の方がいたり、榛原の墨坂神社の役員が見えたり多士済々である。こんな方たちの前で新参の僕がお話しできたこと、喜んでいただいたことが嬉しい。

一時間半の講演、食事会にも参加させていただき1時間半ほどの懇談ができた。
a0237937_826324.jpg

新たな友達がたくさんできた。
奈良の観光では「社寺だけではなく、伝統産業、工芸品を見つめるツアーをもっと組むべし」と意見が出て、盛り上がった。


まほろばソムリエの会からの要請で出かけた講演であったが、役割は果たせたかな。
by koza5555 | 2012-12-23 08:29 | 奈良 | Comments(0)

広陵町と二上山

今日、21日(金)、広陵町で奈良や桜井のことを一時間半、語る。

今日は広陵町でお話しする。経営者の方の勉強会である。
団体名は許可をいただいていないから、書けないけど、「いま一歩、深い奈良を知りたい」というテーマである。

広陵町といっても、真美が丘の新住民ではなく廣瀬郡(現在は北葛城郡、葛下(かつげ)郡と廣瀬郡が合併して北葛城郡になったことは今回知った)の頃からの、生っ粋の奈良県人に話そうと言うことだからそれなりの緊張である。

広陵で話すが、広陵の話ではない。僕ができる話は桜井や宇陀の歴史や文化遺産くらいである。
そうはいっても、一度はと思って広陵を訪ねてはきた。
a0237937_6501077.jpg

靴下の町とは知っていたが、綿が栽培されている。ここはジョージア州ではなく、綿畑の先に二上山が見える広陵町である。

そして、町の花はひまわり。
広陵のマンホール、年中ひまわりが咲いている。「広陵でひまわり?」あまり聞かないが・・
a0237937_6504258.jpg

「綿と靴下、二上山、ひまわり」、話は面白そうだが、土地の話で深入りは禁物である。
        ・
        ・
        ・
        ・
最後に、「うつそみの人なるわれや明日よりは 二上山を 弟(いろせ)と我が見む」(巻2の165)をみんなで練習して、犬養節で詠むところまで持ち込めれば成功であるが…
by koza5555 | 2012-12-21 06:55 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

崇神天皇陵と宇太水分神社

年末に名古屋の友だちを案内することになった。
どこまで奈良、桜井をご存知かが判らない。ただ談山神社は来られたばかりのようである。

色彩感覚がすぐれているというか、その道の専門家だそうである。
まず、宇太水分神社を指定してきた。
ハヤアキツヒコ神、天水分神(あめのみくまりのかみ)、国水分神(くにのみくまりのかみ)の三社は国宝である。
a0237937_1631239.jpg
蟇股の絵の素晴らしさはたとえようもない(絵葉書から)
崇神天皇陵も寄りたい。典型的な天皇陵の姿があり、なみなみの周濠、堤防の松並、常緑の常盤木である。三輪王朝の始まりを語り、大和王権の歴史を語り、維持し保存してきた幾多のみなさんの思いを紹介できたら、これは喜んでいただける。
a0237937_16315342.jpg
崇神天皇陵はその対極の美だろうか

聖林寺に行きたい。これは形と言い、言い伝えと言い素晴らしい拝観になるだろう。
ただ、同行者に外国の方や小学生がいる。学業成就やもう少し違う形を求めるなら、安倍文殊院、文殊菩薩も捨てがたい。しかし両方は無理である。現場での相談となる。

a0237937_1633316.jpg
阿部文殊院、今年のパンジーの干支絵馬
by koza5555 | 2012-12-20 16:34 | 桜井・山の辺 | Comments(0)