ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

桜井には棟方志功の歌碑が二つ

「NPO 奈良まほろばソムリエの会」のメンバーで、6月の奈良交通の万葉集の桜井ツアーの下見をおこなった。

「外出を控えるように」という注意が繰り返し放映されていたが、「風雨の状況も見ながら」ということで決行である。
車谷から入り、檜原神社を訪れる。こんな雨の中でも中高年のハイカーが大挙、行動している。
檜原神社、4月に入って奈良県が「記紀・万葉ゆかりの地」として県景観資産に指定したばかりである。
今日は講習しながらであるから、取り急ぎの写真であるが、井寺池で箸墓古墳ごしの二上山を撮った。
a0237937_2233616.jpg


今日、ツアーでみんなに歌ってもらう歌を決めた。
先ず、バスの中で練習する。それは額田王の「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも隠さふべしや」(巻1-18)である。
a0237937_23154461.jpg

そして、いま一つは古事記の「倭は 國のまほろば 畳(たた)なづく 青垣 山隱れる 倭しうるはし」(日本武尊)である。
この二つを井寺池で合唱しようという計画である。

声を出して歌うのは、始めはやはり恥ずかしい。井寺池が絶好である。ココだったらみなさん、声を出していただけそうである。

こんな具合で、下見をすすめる。
しかし、今日は奈良交通抜きで「会」のメンバーだけの下見である。催行は2か月以上先である。そんな余裕もあり、コースとは違うところもいっぱい見ながらだった。したがって下見は徐々に僕の案内ツアー(笑)に化していくのである。

忍坂山口神社の楠を拝見した。
a0237937_23162457.jpg

等彌神社の棟方志功が描いた歌碑も拝見した。
桜井には棟方志功による歌碑が二つある。
今回のツアーの始めの歌碑は車谷の「穴師川(あなしがは) 川波立ちぬ巻向の 弓月が岳に雲居立てるらし」(巻7-1087)である。棟方志功の揮毫で巻向川畔にある。

もう一つが、等彌神社にある。この歌は保田与重郎、画は棟方志功である。
「鳥見山のかの面この面をまたかくし時雨はよるの雨となりけり」。鳥見山に降る時雨、夜の雨となり鳥見山は闇の中に、というような感じである。
a0237937_23195917.jpg
棟方志功の不遇時代、桜井の保田与重郎の手厚い援助を受けたとのことで、棟方志功の意思でこの歌碑の画が描かれた。
今回の下見、最後に、この歌碑をみんなで拝見して終わりとした。

今日はガイドの下見だった。しかし現地のことで判らないことも多く、コース周辺のことも案内して、あれこれ巡って理解をふかめ、十分に楽しんでいただけた。
僕らのツアー、僕らのガイドはこんなふうに気持ちも形も徐々に盛り上がっていくのである。
by koza5555 | 2013-04-06 23:41 | 桜井・山の辺 | Comments(1)

万葉集で桜井のツアー

6月8日(土)と15日(土)は「大和路・万葉の旅」(奈良交通)、「初瀬・桜井コース」である。

楽しみのところは多いが、まずは6月の大神神社は?そう、率川神社、三枝(さいぐさ)祭りへの「ササユリ送り」(ササユり奉献神事)である。祭りは17日、送るのは16日である。
a0237937_1493355.jpg
6月、大神神社の笹百合は満開となる。これは昨年の6月16日の大神神社である

6月の万葉ツアー、下見を終えたばかりであるが、僕らはこれからが本番である。
ガイドが二人、オブザーバーが二人の合計4人で案内するのだ。
普通なら成り立たない体制だが、ボランティア参加も含めてで経費は最小限だ。
勉強しながらガイドもする、ここが「NPO法人、奈良まほろばソムリエの会」のいいところだ。

そして、こんどのツアーではこの4人全員で役割を分担できるように、今から良く準備してゆきたいというのが、僕の思いである。
明日、そのメンバーが集まって改めてコースを回る。明日はどうしても無理という前田さんとは今日話し合った。

いろいろと構想が深まる。
大神神社の笹百合園を拝見する段取り、時間の幅を相談した。
ガイドする場所、時間帯についての分担を決めた。
午後のトイレ休憩についても改善策を決めた。

前田さんが「拓本」を勉強していることが分かった。今回、訪ねるいくつかの碑の拓本も持っておられるとのこと、そして当日持参していただけるとのこと、これも楽しみが増えた。

大神神社の笹百合の事である。
神武天皇の后、姫蹈韛五十鈴姫命(ひめたたら いすずひめのみこと)の住む「川辺に山百合草多(さわ)にありき。故(かれ)その山百合草の名をとりて、狭井河という」(古事記)とあるが、これにちなんで大神神社では百合を育てている。
笹百合は7年も経たないと花が咲かない。したがって栽培、切り花販売では経営が成り立たず、山で採取して販売されるとのことで乱獲されている。
これを大神神社では豊年講が長い間かけて育ててきたのだ。
この百合を率川神社に送るのである。
豊年講の方は「育てるのも送るのも豊年講の仕事」と誇らしげだ。
a0237937_14111989.jpg
ユリ花籠

こんな満開の花が見られる6月の大神神社、ガイドするのも楽しそうだ。
万葉集には直接的な百合の花は十首あまり、今回、ここで紹介する万葉歌は二首である。

道の辺の草深百合の花咲(えみ)に 咲(え)まししからに 妻といふべしや(巻7-1257)古歌集
 
夏の野の繁みに咲ける姫百合の 知らえぬ恋は苦しきものぞ(巻8-1500)大伴坂上郎女
by koza5555 | 2013-04-05 15:08 | 万葉の旅 | Comments(0)

ちゃんちゃん祭り

「祭り早いは ちゃんちゃん祭り 祭りじまいは おん祭り」と謡われる、ちゃんちゃん祭りは春の山辺路を巡行する風物詩である。

4月1日、大和(おおやまと)神社のちゃんちゃん祭り。メインの渡御祭は午後1時30分からはじまった。

大和神社を出発するお渡りの、佐保庄の今年の順番は9番である。
9番だと乗馬、甲冑という役割がある。
a0237937_2282054.jpg

隋身(ずいじん)という子どもの仕事があり、菅のさしは、紫のさしは、産御幣と合わせて大字の役員が付き従う。神輿に3名の割り当てもある。

a0237937_2295576.jpg
中山の御旅所に差し掛かる最後の坂を上るお渡り、神輿

ちゃんちゃん祭り、僕はいくつかの疑問を持ったままであったが、今日一日、一緒に歩いて三つのことが解決した。
①ひとつは長岡の岬の御旅所のことである。
お渡りは一か所だけ、神輿を降ろして休息する場所がある。それは岸田であるが、その場所こそ長岡の岬(ながおかのさき)だった。

大和神社の御祭神は日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)で宮中に祀られていたが、崇神天皇の時代に国中に病気が蔓延したため、宮中から外に出されることになった。その地が長岡の岬(ながおかのさき)ということである。その後、現在地に移ったと社殿が明らかにしている。
始めの御旅所は長岡の岬。御神輿が置かれる台があり、左回りで3周半という龍の口の舞が奉納される。
a0237937_22112699.jpg

②ちゃんちゃん鐘のこともすごい。お渡りは常に鐘を鳴らしながらすすむ。これがちゃんちゃん鐘ときいてきた。
ところが実はそれは俗説で、本来の意味は長岳寺の僧の出迎えの鐘とのことである。
「お渡りはまだか」と長岳寺の僧が出迎えに出る。7度半ののぞきがあり、お渡りが到来する。「きたぞ」と鐘を鳴らす。これがちゃんちゃん鐘という。
いまは、長岳寺の僧ではなくて、列の先駆がその役割を果たす。
a0237937_221308.jpg

ちゃんちゃん鐘を叩く、先駆。この鐘はお渡りちゅう、ここで、一回だけ叩かれた。

③中山が若宮社で食べる素麺のことである。
いつかの講演で、春日大社の岡本権宮司が、「ちゃんちゃん祭りで一つの大字が素麺を食べる。そのそうめんの食べ方に特徴があり、汁を付けずにわさびを絡めて食べる。これが素麺の中世の食べ方」と紹介された。
これを調べた。そうめんを食べるのは、御旅所を管理する中山の特権とのことである。
あまりおいしくないので、最近は汁を多めにして食べているようである。
a0237937_22134573.jpg


そんなこんなで、5日ほど大和神社に通った。佐保庄のみなさん、ありがとうございました。
by koza5555 | 2013-04-02 00:06 | 桜井・山の辺 | Comments(2)

ちゃんちゃん祭り 佐保庄の宵宮渡り

4月1日、今日は大和(おおやまと)神社のちゃんちゃん祭り。メインの渡御祭は午後1時30分からである。

それに先立って、3月31日は宵宮渡り・宵宮祭が行われた。祭に関わる9ケ大字が時間を決めて参拝する。
ちゃんちゃん祭りの所役は3月23日の宮入の時に抽選で決めらる。各大字はくじを引き、番号が決まる。その番号で所役が決まり、祭の様々な順番が決まるのである。佐保庄は最後の9番を引いた。したがって宵宮渡りも最後である。
a0237937_1151232.jpg
大鳥居をくぐった佐保庄
a0237937_1171788.jpg
ささやかな時間でも遊ぶ子
a0237937_118104.jpg
緊張した神事の前に一瞬のポーズ

午後、弟頭屋に集まる。玄関先で手を清め、門飾りの上で手を清める。
時間を合わせて大和神社に向かう。
洗米をくくりつけた竹の御幣、頭人児、頭屋と並んで出発する。

佐保庄が作るチマキを届けるのも宵宮渡りの大切な仕事である。今年は20本を作り届ける。ま薦を単にしばってあるだけではなく、中には餅(薦の束)がはいっているという念の入ったものである。
a0237937_119841.jpg


さあ、今日はちゃんちゃん祭り、いよいよ本番だ。
by koza5555 | 2013-04-01 11:23 | 桜井・山の辺 | Comments(0)