ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

夏越の祓い 

今年の夏越の大祓は大神神社に。
穢れを祓う、夏越の大祓は6月30日である。

a0237937_22582713.jpg
大祓は祭員以下、参列者の全員、祈祷殿前の茅の輪をくぐる

大祓に先立って拝殿前には大神神社神社独特の3つの茅の輪が作られている。真中は杉、次は右に行けと言われる、そこには松、そして最後は一番左の榊をくぐる。
a0237937_231770.jpg
拝殿前の3つの茅の輪

半年間にうけた罪と穢れを人形(ひとがた)に移して、心身ともに清める「夏越の大祓」は祈祷殿前の斎庭で3時から行われる。

人形の紙片が配られる。「名前と生年月日を記入せよ」とのことで、その人形で身体をさすりに穢れを移す。具合の悪いところのとくに入念という説明も行われる。
穢れがうつされた、この人形が集められ、俵につめられて三輪川に流される。

a0237937_2335411.jpg
お祓いを受けた後、俵に詰められる


その後、祭員以下、参列者全員が祈祷殿前の茅の輪をくぐる。


水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓へする人は 千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶといふなり

である。

今年は参列者がとりわけ多いという感想が多かった。

a0237937_2361811.jpg


東海地方から奈良に来て僕が思ったことは、大神神社の夏越の祓の特別のねんごろさだ。
大神神社はまず、杉、松、榊という独特な茅の輪ができる。
6月30日に夏越の祓があり、さらに7月31日は「おんぱらさん」である。

奈良盆地は暑い、奈良盆地は閉鎖的である。古代や中世のことだが、奈良盆地は人が多い。夏の疫病対策のねんごろな神事だったと感じている。
by koza5555 | 2013-06-30 23:51 | 桜井・山の辺 | Comments(2)

近鉄「楽・元気」で室生の話をします

「やすらぎと祈りの郷、室生」のテーマで講演を行う。パワポ40枚くらいの「大作」で90分のお話である。
a0237937_2141844.png
これが、オープニングである

7月19日午後2時から「やすらぎと祈りと郷、室生」と題した講演をおこなう。
3月に続いて、近鉄「楽・元気」生活のイベントセミナーで、会場は学園前のパラディ南館の6階である。
a0237937_2164199.jpg
まほろばソムリエの深イイ奈良講座というセミナーで僕が室生、鉄田専務理事が天誅組というセットである

もう少し大きい画にすると
a0237937_2173976.jpg


今回から「ワンコインセミナー」ということで500円の受講料を頂く。
いままでは、「無料」という気安さからか、それなりの欠席者もあったが、ドタキャンで補欠者の繰り上げができないという弊害があったとのことである。駐車料金などの便宜もあることから、伏してお願いしたい。
ワンコインといえども有料である。さらに心をこめてお話しする。


さて、室生寺なら土門拳、土門拳なら室生寺である。

準備の仕上げで、「土門拳と室生寺」ベスト新書、都築政昭著を読んだ。

都築さんは、土門拳が室生寺の本を3度出したことにふれ、最後が「女人高野」、1978年の本であり、79年に倒れて2回目の意識不明となる土門には、晩年の本となったことを紹介している。
土門拳の室生寺への思い入れの深さが、るる述べられる。

はじめに土門を室生寺に連れて行った、美術評論家の水澤澄夫のことも詳しく紹介している。
仏像の素材について、水澤の説が紹介されている。
日本美術史的にみると、飛鳥時代、奈良時代と比べて、貞観時代に木彫り像が激増することを示し、その理由をうんぬんするところがある。
理由として、
一つは日本には仏像彫刻に適した木材が多く産出していた。
一つは空海、最澄によって密教がもたらされ、さまざまな密教仏が必要となった。
一つは752年の大仏の鋳造により、国の金銅が払底していた。
とのことである。
大仏は出来上がっており、金銅を扱う技術者が大量に生まれているのだから、金銅仏が増えていもいいのに逆の結果になることが、なんとなく疑問で、かつ面白い。

煩雑であるが、その内訳の実数を紹介しておこう。
飛鳥時代は56種のうち、金銅仏46・木彫像13。
奈良時代は103種のうち、金銅仏31・木彫像30・乾漆像27。
貞観時代は177種のうち、木彫像が167である。

研究者ではないので、僕のお話はこういうことはきちんとは話せない。それでも、とにかく室生の姿を楽しく、そしてリアルにお話ししたい。そんな形で、室生に心を寄せれるようなお話をしたいと考えている。
お会いできることを楽しみにしている。ぜひともおいでください。
by koza5555 | 2013-06-29 22:03 | 宇陀 | Comments(0)

薬師寺を案内するなら台座では?

ぼくは薬師寺西塔の柱穴を見ている。
大学の一年の秋にフラッと奈良を歩いた。和辻哲郎の古寺巡礼にしたがって二日ほどである。
東大寺の講堂礎石あたりで、グループで歩いていた中学校の同級生に会い、「どうしたの?」などと言われてこの旅は終わりになった。

それから20年くらいは大波の人生である。薬師寺の西塔が再建されたということくらいは、新聞で読んではいたが…
a0237937_22362782.jpg
再建された金堂と西塔(1976年に金堂、1981年西塔が再建)

薬師寺は天武天皇の発願、持統天皇がそれを継続して藤原京に建立された。698年(文武天皇2年)に伽藍が整うが、718年(養老2)には現在地に移される。
972年に東西両塔と金堂を除いて焼失し、1528年の兵乱により、東塔以外はすべて焼失した。

1971年(昭和46)から復原工事をすすめてきており、青丹の色も鮮やかに金堂・西塔・講堂・中門・回廊が完成している。
この事業では、般若心経の写経勧進という庶民の信仰に働きかけ、その力に依拠して堂塔の再建をすすめてきた。

創建当時の堂塔は東塔のみである。現在は解体工事で覆われているが、その姿は西塔に見ることができる。
三重塔は各層に裳階(もこし)がつけられていて六重のようにみえる。土門拳は「六重塔かと思った」と言い切っているから、それはそれでいい。
ただ各層の裳階がなければ「なんと胴長ののっぺら棒な塔になるか」と推測したりしているところがおもしろい。
相輪の上部の水煙が有名である。

歌がある。この歌碑は今回探すと西塔側に移動されていた。これは確かに東塔の北側にあったと思うが。
ゆく秋の大和の国の薬師寺の  塔の上なるひとひらの雲    佐々木信綱である。

水煙に直接ふれた八一の歌碑も西塔の北側に並べて建てられている。
すいえんの あまつおをとめが ころもでの ひまにもすめる あきのそらかな
会津八一

薬師如来が座っておられる台座には、奈良時代における世界の文様が集約されています。
一番上の框(かまち)にはギリシャの葡萄唐草文様(ぶどうからくさもんよう)、その下にはペルシャの蓮華文様(れんげもんよう)、各面の中央にはインドから伝わったといわれる力神(蕃神ばんじん)の裸像、下框には中国の四方四神(東に青龍、南に朱雀、西に白虎、北に玄武)の彫刻がなされています。
 この台座は当時の国際性と東西文化の交流を知る上でも貴重なものであり、奈良がシルクロードの終点であったといわれるゆえんはここにあります。(薬師寺、金堂裏の掲示)

ご本尊の真裏、北側にこの台座が見れるような大きな開口がある。
a0237937_22413535.jpg
さらに東僧坊には、台座のレプリカが置かれているから、じっくり観察ができる
「雪山(せつざん)を越え、流砂を渡り、黄塵にまみれて至る文化は日本列島という防波堤にさえぎられて沈殿し、発酵したものが日本文化」と、古寺巡礼に土門拳は記したが、それを目の当たりにできるのが薬師寺である。

実際ガイドするとなると、講堂のこと、東院堂のこと、休丘八幡宮のこと、いずれも外せないけど。
by koza5555 | 2013-06-28 23:28 | 奈良 | Comments(0)

金柑と水ようかん

金柑の花が咲いた。
雨が止むのを待ちかねるかのようにミツバチの大群である。足長蜂もみえる。
そのなかで、ひときわ大きくて真っ黒、お尻が黄色い蜂がやってくる。
a0237937_8241610.jpg


金柑の樹を植え替えて、身近でみるようになってから気がついた。
「マルハナバチの一種、たぶんコマルハナバチ、の働き蜂かと」・・「掴んだりしないかぎり刺しませんから、ゆっくり観察してみてください(^-^ゞ)」と橿原昆虫館の学芸員のHさんが教えてくれた。

趣味のジャムづくりだが、いまは材料がない。
ブラックベリーが実りつつあるが、まだ2~3週間は先である。

そこで今日は水ようかんを作った。
おりからの梅雨時、乾物類を整理していたあっちゃんが「粉寒天」を見つけた。
「なんか作ってみる?」とのことなので、水ようかんをと思い、さっそくスーパーで小豆煮の缶詰を買ってきた。

粉末寒天を4グラム、500ccの水で沸騰させてから砂糖を50グラム。火を弱めて、2分くらいのうちに小豆を溶かしながら加えて、冷やして出来上がりである。
a0237937_8272293.jpg

砂糖も加えて、そうとう甘そうだが買ってきた水ようかんと比べて、これでも甘さ控えめだった。
by koza5555 | 2013-06-28 08:36 | 健康 | Comments(0)

唐招提寺と鑑真和上

唐招提寺を案内するとなると。
a0237937_22551848.jpg
門を入るとまずは金堂である

創始について。鑑真和上の生涯を特別に話さねばならない。「日本という国は仏法興盛に有縁の国」と言って、三度の渡海を決行して日本の土を踏んだ。渡海決断をしてから12年かかりとのことである。67歳という。
「そうか、67歳か。僕の今よりも高齢である。当時の67歳、どんな思いだったんだろうか」と思う。
a0237937_2256549.jpg
この鑑真大和上を鑑真和上御廟や御影堂の前で語る

御影堂で語る。興福寺の一条院を移築した御影堂に、いまでは鑑真和上像を祀り、「山雲」「涛声」(東山魁夷作)の障壁画のモチーフを語る必要があると思える。

そして、今年、「開山堂」が落成し、国宝、鑑真和上坐像の模像「平成お身代わり像」が公開されていることから、その像を前にして語る。
「お身代わり像」の制作は、鑑真の没後1250年にあたる今年に合わせて企画されたものである。

最初に門を入るとそびえるのは天平建築の金堂である。
その背後に平城宮の東朝集殿を移築した講堂である。
a0237937_2259515.jpg
おほてらの まろきはしらのつきかげを つちにふみつつ ものをこそおもへ 会津八一

金堂、ご本尊の盧舎那仏座像、千手観音立像、薬師如来立像は国宝である。
ご本尊は千仏光背をもち、蓮華座上に座る。
金堂の盧舎那仏座像、千手観音立像、薬師如来立像はすべて木芯乾漆像で、柔らかい肉感的仏像は、木芯乾漆像の故である。

木芯乾漆像が軽いこと(避難させやすい)、柔らかい線を出すことに成功していることを、製法などと合わせて説明したい。

毎年、5月19日は覚盛上人をしのんで鼓楼からのうちわまき、6月6日は開山忌でその前後の三日間、御影堂が開扉される。

金堂の西の戒壇院は焼失して露台となっていたが、1978年にインドのサンチーの古塔を模した宝塔が建てられ、舎利が納められた。

新宝蔵も行こう。6月いっぱい、公開されており、9月から12月1日まで公開されているとのことである。
木造如来形立像(にょらいぎょうりゅうぞう) を見てもらおう。現存部で154センチメートル、頭部、両手先、両脚先を欠失していが、この像は夢に出るほど強烈である。
a0237937_2312238.jpg


最後に御廟前の苔の庭である
by koza5555 | 2013-06-26 23:46 | 奈良 | Comments(0)

法隆寺夏季大学

今年が第63回という法隆寺夏季大学は7月26日(金)~29日に開催される。
日程は込み合っているが、開講の26日はとりあえず参加できるので、今年は申し込んだ。
a0237937_2048472.jpg


会場は法隆寺境内の聖徳会館である。

開講の前、午前8時から聖霊院にて勤行が行われる。
初日は山田法胤薬師寺管主の講話がある。第二講は古代寺院の造営方法と題した法隆寺見学指導講師の講演がある。

昼食後は西院伽藍の金堂、五重塔にしこたま放水するドレンジャー放水の見学があり、2時から4時にかけて伽藍の特別拝観が行われる。
この拝観、見学では日常的には見学できない若草伽藍の跡地、塔石も拝見でき、説明を聞くこともできる。

申し込みをしておいたが、このほど受講証が届いた。楽しみに参加したいと計画している。
4日間で3000円、一日だけでも3000円だが初日の26日に行けるのならば、ぜひぜひお勧めしたい。

第二講の見学指導講師、若草伽藍の解説は帝塚山大学の森郁夫先生となっていたが、先生はこの5月に死去された。森先生の講演、解説はわかりやすく切れ味の良いお話で僕は大好きだった。まだ75歳とのこと、つつしんでお悔やみ申し上げます。
by koza5555 | 2013-06-25 23:45 | 奈良 | Comments(0)

護持院隆光

佐紀(平城旧跡、大極殿の北側)に隆光大僧正のお墓がある。
a0237937_23453019.jpg
その地からは大極殿が見える。もちろん隆光大僧正が生きていたころは、大極殿は存在しなかったが

この奥に隆光大僧正(1649~1724)の墓石があります。
隆光は慶安2年にこの付近で生まれました。長谷寺などで学んだ後、江戸へ出て、関東新義真言宗本山の護持院を創設しました。大和の社寺修復につくし、特に東大寺大仏殿の再建にあたり、東大寺の公慶上人を助け、将軍綱吉とその母桂昌院に援助を勧めた人として知られています。後年はこの地にあった超昇寺に引退し、享保9年に没しました。(奈良市さき幼稚園前看板)


室生寺の修復に2100両を寄進したという桂昌院、女人高野として足を踏み出す転機となる興福寺からの離脱などで隆光大僧正の役割は決定的である。

さる6月7日に、奈良不空院の三谷早苗さんのfbで「6月7日、3時から、隆光大僧正様の法要がいとなまれます」と紹介されていた。
「隆光大僧正様をお参りする、御坊様の会を不空院の先代様が作り、宗派とかこだわらず、神道の方もふくめてされている」とのことである。

「そうか、隆光さんのお墓が奈良にあるんだ」、こんな当たり前のことに気づいて、さっそく出かけてきた。
a0237937_23481067.jpg
隆光大僧正のお墓は佐紀町の佐紀幼稚園の南側に有ります。

室生寺は興福寺の影響下にあったが、もともと平安時代から真言宗や密教の大きな影響があり、相争う関係があった。1600年代に室生寺は興福寺と長老職をめぐって争い、一旦は興福寺の勝訴(1658年)となるが、その後に巻き返して1698年には興福寺から脱することになる。
室生寺を支配していた一条院に隆光大僧正が「いただきたい」と、これで決まったといわれている。

室生寺を語るには、「この隆光大僧正は避けて通れない」である。

将軍、綱吉の急死により、隆光大僧正は江戸から追放され、大和超昇寺への隠棲という歴史である。

この隆光大僧正の墓地のことは青山茂さんが「奈良の街道筋」上、「平城山道(歌姫街道 奈良坂 般若阪 佐保路)」の中で書かれている。
唐招提寺の西方院(正門から西へ。線路を超えて100mくらい行って右側)にも分骨されているとのことである。
a0237937_2350813.jpg
唐招提寺の奥ノ院として、町内地図には掲示されていた。

a0237937_23581812.jpg
墓石は南西の門の際に建てられている

この話はもう一つ続きがある。佐紀池の堤防から隆光大僧正が晩年をすごした超昇寺の礎石が発見されたとのことで、これが平城旧跡の遺構館(覆屋)付近に置かれているとのことである。
a0237937_23511925.jpg
説明は「平城旧跡の北西部の佐紀池周辺に残されていた礎石を展示しています。柱を立てる「柱坐」を加工した礎石もあります」と記されているが、超昇寺とは明示されていなかった
by koza5555 | 2013-06-25 00:42 | 奈良 | Comments(0)

談山神社 如意輪観世音菩薩

談山神社は6月23日、午前11時から神廟拝所において、如意輪観世音菩薩を前にして観音講まつりを開催した。
a0237937_1648113.jpg
観音講まつりの神廟拝所

多武峰は妙楽寺として明治初期の廃仏毀釈の嵐を受けるまで多くの仏像が祀られていたが、それは流出し、また廃棄されてことごとくを失った。
そのなかで唯一残された仏像が、この如意輪観世音菩薩である。
残された経過は不明であるが、定慧(じょうえ)招来の如意輪観音を模して造られたものとのいわれが、何か、残された契機であろうか。

長く秘仏として公開されてこなかったが、今では「広く知らしめよう」とのことで、如意輪観世音菩薩の夏季の公開と観音講まつりを行っているのである。

長岡千尋宮司は「仏さまを前に神職が祭りごとを行う。どうかというご意見もあろうが、神仏混淆の極致であった多武峰でこうしたまつりを行うことは、貴重な機会と考え、行っている」(直会でのあいさつ)とされ、この祭りのいっそうの発展を願われた。

神職が退下した後に、室原慶和(談いの会事務局長。神社では文化部長のようなことをされている)さんが、観音経を訓読で詠みあげた。

a0237937_16492845.jpg
昨年の観音講のあとに患われたが、いまでは元気に歩かれ、そして元気に経をあげられた

観音講まつりでは、例年、献花が行われる。観世音菩薩に献花するという特別の理由はないとのことだが、仏様に喜んでいただきたいという気持ちと言われた。
a0237937_16494114.jpg
小原流とのことである。山本明豊家元である

これが如意輪観音坐像である。
a0237937_16513062.jpg

かっての如法堂に像高三尺の白檀如意輪観音坐像があった。多武峰開基の定慧和尚が唐から招来したという。この堂が永久4年(1146年)に崩れて像が失われた。
現在の如意輪観世音菩薩像は、その像を模して造られたとみられる。髪型、衣文などからみて、南都の在地仏師の手により、1200年過ぎに造られたと推定されている。
by koza5555 | 2013-06-23 17:40 | 桜井・多武峰 | Comments(1)

纏向遺跡が史跡指定

今日(6月22日)の朝刊で纒向遺跡(桜井市)が国の史跡指定を受ける と報道されている。

纒向遺跡など11件を史跡指定へ
 文化審議会(宮田亮平会長)は21日、邪馬台国畿内説の最有力地とされる「纒向(まきむく)遺跡」(奈良県桜井市)など11件を史跡に、旧城山国民学校校舎など4件の「長崎原爆遺跡」(長崎市)を含む13件を登録記念物にするよう下村博文文部科学相に答申した。
・・・・
近く答申通り告示され・・・る。
 纒向遺跡は3世紀初頭に出現し、4世紀初めまで営まれた大規模な集落跡。整然と配置された建物跡や、東海地方など他地域の土器が出土。周辺には卑弥呼の墓との説がある箸墓(はしはか)古墳もあり、古代国家形成期の重要な遺跡と評価した。(産経新聞電子版)



纒向遺跡は40年も前から発掘がすすめられてきており、遺跡内の箸墓古墳や遺跡一帯から、日本各地との交流を示す大量の土器や、祭祀関連の遺物が出土してきた。
2009年には大規模な掘立柱建物跡などが発見されており、古代国家の中枢が置かれていたことは確実となった。
a0237937_1502859.jpg
2009年11月14日、大型建物遺跡の現地見学会

この建物遺跡から桜井市埋蔵文化財センターはこのような建物を想定して模型も作成している。
a0237937_1512218.jpg
桜井市埋蔵文化財センターは写真撮影可が嬉しい。触ってはダメという掲示(笑)がされているが

邪馬台国論争は江戸時代の新井白石、本居宣長の頃から現今まで延々と300年続いているわけで、その主要な論題は位置論、畿内説と九州説とに分かれて論陣が張られてきている。

纒向遺跡がこのたびの史跡指定で卑弥呼のいた邪馬台国と決まったわけではないが、指定を契機にさらに史跡の保存、史跡の発掘・調査がすすめば3~4世紀の古代王権の姿がますます明らかになることが期待できる。

それは桜井市民にとっての期待や喜びだけではなく、日本の喜びだと思うのである。
史跡指定を心から喜びたい。
a0237937_1545338.jpg
纒向遺跡の地図。桜井埋蔵文化財センター
by koza5555 | 2013-06-22 15:58 | 邪馬台国(やまとこく) | Comments(0)

まほろばキッチンでムジークフェストなら

「古都で響きあう音と人、世界遺産の社寺をはじめ千1300年の歴史を持つ奈良の街じゅうがステージになる17日間」と「ムジークフェストなら」が まほろばキッチン にやってきた。
家族みんなで楽しむ3日間ということで「大和三山を見ながら楽しむ音楽ピクニック」とのことである。
たしかにこの広場からは向かって左から天香久山、畝傍山、耳成山が眺められる。
a0237937_16251723.jpg
折からの雨で今日はテラスで演奏した

女性4人のトランぺッターの4BIJOUX(フォービジュー)である。パンフレットには男性が入っているが、今日は助っ人を入れて、女性4人とのことだった。
a0237937_16254829.jpg

ジャズからクラシック、Jポップまで一時間、たっぷり楽しんだ。

ムジークフェストならはそろそろ半ば。あれこれ日程が重なり、今年は無理かと思っていたが数少ないチャンスが活かせた。


これからのコンサートのスケジュールは ムジークフェストなら公式サイトで
by koza5555 | 2013-06-21 16:30 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)