ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

津田左右吉、「古事記及び日本書紀の研究」

津田左右吉の本って、みなさんは読んでますよね。

現代の古事記・日本書紀の研究は津田左右吉が大きな起点になっていることは誰しも認めるところである。

古事記・日本書紀の解説本には津田左右吉、必ず出てくる。
いわば古事記・日本書紀を科学的に論証された方、そんな方なのである。
紀元(皇紀)2600年という昭和15年2月11日の紀元節の前日に「古事記及び日本書記の研究」などが発禁となり、「皇室を冒とく」したと津田左右吉は起訴されている。

a0237937_9485498.jpg
この本、新しい本が出ているのである。「毎日ワンズ」、少し読みやすくされており、しかもとても安くて(1500円)、軽い本である

「建国の事情と万世一系の思想」。これは昭和21年に「世界」に掲載されたものであり、「古事記及び日本書記の研究」。これが昭和15年に発売禁止になった文献である。この二つの論文が収録されている。

僕の力では津田左右吉をたどることはとてもできないので、僕が思うこと、4点だけを紹介しておきたい。

① まずは感動である。
この本には戦前・戦後の文献が紹介されている。
津田左右吉のすごさは、発売禁止になった戦前のものと、自由な論評ができる戦後のものの論旨がまったく変わらないということである。

これが学者の「こころ」なんだなと思う。
僕らはそんな緊張した時代に生きていない。

ガイドなどをしていると社寺の由緒、いわれ、これがなかなか難物で、ふつうに考えて「どうですか?」というようなお話がいっぱいある。
だから僕がガイド案を考えるときは、「ここの由緒(伝承)は〇〇、歴史は〇〇、僕はこう思う」と、必ず三点セットで考えるようにしている。
時々、「これ三枚舌?」なんて思いながら・・・そこは学者ではなく、ガイドですから(笑)。。。


②津田左右吉は、古事記・日本書記は天皇家の歴史という。
皇祖神の代であるという神代の物語を頭に載いて、それから人代の話に移っている記紀の記載は、もっぱら皇室に関することであって、わらわらの民族のことを語っているわけではない、ということである。(p291)

あの時代に書かれたものである。天皇家の歴史の論証は詳細でしかも丁寧である。
神武天皇の東遷が、神代から人代にスムースに移行するための大切なエピソードだとの論証である。

神武天皇東遷の物語の意義は・・・天皇が日の神の御子であられるという思想から形作られた説話なのである(p256)とされる。

紀元2600年で沸き立っている。神武天皇東征の聖蹟の顕彰碑が建てられる、こんな時代なのだから・・ここが、問題になった、当然と言えば当然だが。

③津田左右吉が天皇家の万世一系を認めていることと、日本民族の単一性についての確信を語っていることもよくわかった。
そして、天皇家(大和王権)は大和を発祥とするという論である。

皇室の起源を説いた記紀の物語において、国家の内部に民族的な競争があったような形跡が少しも見えないということが、注意せらねばならない。これは、一方からいうと、最初に「帝紀」「旧辞」の編述せられたときにおいて、国家が昔から一つの民族によって成り立っていたと考えられていた一つの明証である(p292)。

遅くとも二世紀の頃には、その地方における強固な勢力として存在していたはずである。(p289)とも述べる。

大和朝廷は大和にあった。
それから津田左右吉は邪馬台国はツクシ論であり、ここらあたりが読みにくいところだったが、大和朝廷はツクシ(邪馬台国・卑弥呼)は知らなかった(同一民族、同一言語を使っていたとも言いながら)とも述べている。

④各氏族が記紀、そしてその土台となる「帝紀」「旧辞」の改変に働きかけたことがよく勉強できた。

記紀の上代の部分の根拠になっている最初の「帝紀」「旧辞」は、6世紀の中頃のわが国の政治形態に基づき、当時の朝廷の思想をもって、皇室の由来とその権威の発展の状態とを語ろうとしたものである。そして、それは、少なくとも一世紀以上の長い間に、幾様の考えをもって幾度も潤色され、あるいは改変せられて、記紀の記載になったのである。(p296)

記紀は天皇家の歴史である。各氏族はその歴史に関わってきたかを証明することが、いかに大事だったかが示されている。

僕の勉強は遅すぎたが、時間はまだまだある。勉強の時間をガーンと増やしたいと痛感した「古事記及び日本書記の研究」だった。
by koza5555 | 2013-11-30 10:40 | 読書 | Comments(0)

天誅組と十津川、果無し峠(集落)

12月の「ゆかりツアー」(留学生)は一泊二日が2回である。
1回目は十津川、2回目は吉野である。
「まあまあ、この寒いときによりによって」とも思うが、元気に歩いてこようと思う。

a0237937_20475629.jpg
十津川、まずは果無し集落

十津川では「天誅組」を話したいと考えたが、留学生の皆さんに説明しようと思えば、長い話になることは必然で、これはパスと決める。

でも、でも、下見では当然のこととして拝見するのである。

天辻峠である。「或朝、天の川御陣、いと寒かりしければ」・・
榧の実の嵐(瓦という論もあり)におつるおとづれに 交じるもさむし 山雀の声
天誅組記録方 伴林光平である。

天誅組の本格的な本陣は、天辻峠である。
天辻峠では木工や竹工を集め、大砲(木製の大砲)を12門つくったともいう。一発撃つと壊れるような大砲である。

a0237937_20494410.jpg
天辻峠、こういう所だったんだ
維新歴史公園として整備されている。
掲示板があった。

維新歴史公園

攘夷運動が激しさを増した江戸時代末期
文久三年(1863年)「中山忠光」「吉村寅太郎」ら
反幕勢力は「天誅組」を旗揚げし、激しい討幕運動を展開した
大和五条で決起し、代官所を襲撃した後
交通の要地 物資の集散地であった「天辻峠」に本陣を構えた
この地方きっての富豪であり有力者であった「鶴屋治兵衛」をはじめ
村人は居宅や人力を提供し協力を惜しまなかった
しかし、幕府軍の追補厳しく志半ばにして夢破れたものの
「維新運動のさきがけ」として讃えられている
なお 当地は 鶴屋治兵衛の屋敷跡であり、「天誅組本陣」が置かれた場所である
よって天誅組の義挙 及び村人の行動の歴史を後世に伝えるため
当地を「維新歴史公園」として整備したもののである

平成17年1月
大塔村長 北村年宏



討つ人も 討たるる人も心せよ 同じ御国の みたみなりせば
天誅組武器取調方 野崎主計
十津川勢を天誅組の運動に引き入れた野崎主計である。

天誅組は天辻本陣を追われ十津川に入り上野地において十津川勢が離反する。この離反にあたり、十津川勢を天誅組に引き入れたこと、その離脱のこと、それぞれの責任を取って野崎主計は切腹しており、この歌が辞世の歌と言われている。

天誅組はその後、逃避行をつづけ、伴林光平は捕えられたのちに獄中で天誅組の一挙をまとめた。それを南山踏雲録というが、伴林光平は「果無し」の歌を思いおこしながらこの題名を選んだと思われる。

a0237937_20593358.jpg

雲を踏み嵐を攀(よじ)て御(み)熊野の果無し山の果ても見しかな

今度は十津川ツアー、まだ下見段階だが果無し山の果てを僕も見てきた。
by koza5555 | 2013-11-29 21:44 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(2)

十津川村で考えること

谷瀬の吊り橋である。

a0237937_22562559.jpg


12月の「ゆかりツアー」(留学生)は十津川である。
玉置神社がある。
果無の峠がある。

行くところは明確だが、シナリオがなかなかできない。
司馬遼太郎の「街道をゆく」には「十津川街道」(12)がある。
伴林光平の「南山踏雲録」で天誅組を語る。
明治22年の大水害を扱った川村たかしの「北へいく旅人たち」と平成23年の大水害はどうしても語りたい。
もちろん、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』、大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)と小辺路(こへち)であろうか。

a0237937_22591269.jpg

とりあえず果無集落から小辺路を歩いてみた。

a0237937_230224.jpg

こんな石畳が続く。


玉置神社も訪れた。
奈良県下一番の大杉という、その名も「大杉」
a0237937_2315890.jpg

その前に立つ僕と比べていただきたい。


野猿というものにも乗ってみた。基本、一人でロープを引っ張って川が渡れる仕掛けになっている。ワイヤロープに駕籠が吊るされている。籠の中のロープを引くと前後、どちらにも動くような仕掛けである。
ホテル昴前にありますが、どなたでも乗れるようです。使い方はホテルのフロントでも教えてくれる。

a0237937_2341449.jpg


八木から出る新宮行きの特急バスで十津川に入り、そのバスで八木に戻る。
今日の下見で、見学ポイント、背景など「何を語るか」を明確にできた。
十津川、会心の「バスツアー」になりそうで、いまからその日が待ち遠しい。
by koza5555 | 2013-11-28 23:52 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(2)

聖林寺 十一面観音菩薩立像

聖林寺の国宝、十一面観音菩薩立像が光背を背負っていた姿を想像できますか。

a0237937_9293152.jpg
光背を背負った聖林寺十一面観音菩薩立像

聖林寺、木芯乾漆十一面観音立像は、天平神護年間(762年~769年)に、東大寺の造仏所で造像された。願主は天武天皇の孫の智努(ちぬ)王であるが、孝謙(称徳)天皇がモデルという話も取りざたされている。この十一面観音立像が古代大和王権の中心地、大神神社の神宮寺、大御輪寺(おおみわでら)のご本尊として祀られたのである。

今日は光背の話である。この十一面観音には光背があったが中世には崩れて落ちたとみられる。十一面観音が聖林寺に移されたときには、光背の残片は櫃に収められていたとのことである。一割程度という。

その残された一割ぐらいの残片から、光背を復元しようとされている方がいる。
仏像研究家の池田久美子さんという。

a0237937_9305363.jpg
池田久美子さんが作った復元模型
池田さんは、先々代の倉本弘玄(こうげん)住職の依頼により復元図を作成した。
池田さんは、「残片から復元した。あくまでも池田の絵ではなく復元です」と強調される。

この光背を西陣織で原寸大(260センチメートル。ちなみに観音立像は209センチメートルである)で再現しようという企画が進行している。

聖林寺で配布している郵便振込用紙で振込の手続きをすると、振込氏名の字体そのままで「結縁者」として裏面に記録、曼荼羅として遺すとのことである。一口千円以上でお願いしたいとのことで、僕はとりあえず、ささやかだがと結縁を持つことにした。
by koza5555 | 2013-11-25 10:16 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

音羽山観音寺のお葉つき銀杏まつり

24日(日)に「音羽山観音寺のお葉つき銀杏まつり」が開催された。
ひさしぶりに丁石を数えながら、上がってみた。

a0237937_21205127.jpg
音羽山観音寺

昨年は日程が重なって登れなかったが、今年はいくつかのテーマがあり、登ろうと決めていた。

a0237937_21244766.jpg
まずはお葉つき銀杏である

山田(桜井)の福井さんと一緒に測ってみたら目通り(地上高1、3メートルのところ)は5、4メートルだった(35年前の県が指定天然記念物に指定した時は目通り5、7メートルとなっており・・・小さくなったわけではなく、僕らの測り方に問題があったか・・)。
お葉つき銀杏は普通の銀杏と異なり、葉に実ができるイチョウのことである。

a0237937_2125297.jpg
こんな形である。
葉に実ができるという奇樹ということだけではなく、これは先祖帰りで、シダ植物と良く似た原始的な性質を表しているということである。

a0237937_2127553.jpg
樹高30メートル。「大阪まで眺望できる音羽山観音寺周辺」(音羽山展望台)から見た、観音寺のイチョウ

まつりの合間を縫って、「奈良県景観資産―大阪まで眺望できる音羽山観音寺周辺」にも、登ってみた。
観音寺から音羽山の登山ルートをしばらく登ると、右への分疑点が明示されており、そのまま山道を登ると、奈良盆地、二上山、また大阪府内の高層ビルまで見ることができる展望台が整備されている。
快晴ではあったが眺望は不十分で、葛城山・金剛山がかすむ状態で、大阪はもとより明石海峡大橋への眺望はなかったが、盆地南部は見晴らしが効く。一帯は伐採地であるが、山桜の植林を計画されているとのことである。

さて、まつりの本筋であるが・・・今年の講話は後藤密栄尼の「観音様のお話」である。
a0237937_2128710.jpg


a0237937_2129389.jpg

都山流尺八、皿回し、和太鼓は桜井楽鼓(らっこ)の会などの歌舞音曲の奉納が行われる。

a0237937_213041.jpg
眼病封じのお葉つき銀杏ごはんと山主の手作りのお漬物のお接待があった


今回は丁石など調査、再確認も行ったが、また別の機会に紹介したい。

帰りのバス停などでお聞きした感想・・・「楽しかった。面白かった。すばらしい」などだが、「あの坂道がねえ・・」(笑)である。

音羽山観音寺の「お葉つき銀杏まつり」は11月の最終日曜日、来年は11月30日(日)である。いまから日程に書き込んでおいてください。
ご一緒にあの坂、上りましょう。
by koza5555 | 2013-11-24 22:16 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

飛鳥京跡苑池・現地説明会

「奈良・飛鳥京跡苑池」の全容が分かったと橿原考古学研究所が発表し、現地説明会が24日(日)午前10時~午後3時に行われると報道されている。

飛鳥浄御原宮の西方、飛鳥川との位置して、石垣に囲まれた池があり、その中島には松が植られていたとのことで、現在の庭園と同じ形で・・・これには驚く。

a0237937_10412323.jpg
写真は21日付の産経新聞のコピーである

飛鳥時代(7世紀後半)に造営された日本初の宮廷庭園跡とされる奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池で、南池を調査した県立橿原考古学研究所(橿考研)は20日、全容が判明したと発表した。苑池全体を「大垣」で囲んでいたほか、五角形の南池に造られた中島(なかじま)は石積みで護岸整備し、松も植えて景観を整えていた。橿考研は「日本庭園史の出発点を飾る庭。万葉歌を詠むポイントだったのかもしれない」と推測している。
苑池は、天武天皇らの宮殿があった飛鳥浄御原宮の北西に位置していた。橿考研の菅谷文則所長は「宮殿と直結した巨大な苑池であることが裏付けられた。飛鳥のグランドデザインの復元に役立つ成果だ」としている。
 現地説明会は24日午前10時~午後3時。問い合わせは橿考研((電)0744・24・1101)。
産経新聞、奈良版11月21日朝刊より。要旨

11月3日、僕は「ゆかりツアー」(留学生)でこの地に留学生を案内した。
飛鳥板蓋宮、飛鳥浄御原宮を案内するに当たり、下見であちこち歩き回っているうちに、この発掘作業の現地を発見、「週末はシートかけませんよね」と、尋ねたうえで案内したのである。

a0237937_10443037.jpg

「宮跡はこんなです」、「庭園の跡は発掘中ですが、こんなですよ」と案内して、喜んでいただいた。
by koza5555 | 2013-11-22 10:46 | 奈良 | Comments(0)

英検一級にあっちゃんが合格

あっちゃん(妻)が執念を燃やした英検一級、今日の合否が発表されました。

a0237937_21574196.jpg
合格しました

11月は朔日に大神神社を参り、久延彦神社にお願いをしてきていたのである。
結果が分かったのは午後4時だったが、さっそく訪れた。

a0237937_2138399.jpg

「合格御礼の絵馬」を献じた。そして一日の「祈願の絵馬」を探し出して写真を撮ってきた


あっちゃんは5年ほど前から英検の受験を始めた。
中学生に交じって三級、さらに準二級、そして二級。さらに準一級ととんとんと合格を重ねたが一級でつまづいた。

あっちゃんは大学は国文、そして昔の勉強だから、とにかくリスニングとアウトプットがひどいのである。
50歳からの昔の勉強だから発音がひどくて、その修正にも努力したが、単語力とか、文法とか、論理立てで徹底的に頑張った。
そして、一次試験で9回(年に三回だからまるっと3年である)泣き、10回目で晴れての合格だった。

したがって当然のこととして、面接と対話の二次試験がこれまた苦しかった。
一次試験に合格すると、二次試験に向けて、一次試験が4回免除される。今回はその最後の4回目だったのである。
「努力が通ずる」と思えた合格である。

あっちゃんも、「足をとらえ立ちすくむ」ような英検の受験経験であったが、いよいよ新たな一歩を踏み出せることができた。

ありがとうございました。
今日はまったく夫婦の話ばかりだった。久延彦神社から眺めた金剛山、葛城山の夕陽が美しかった。
a0237937_21514044.jpg

by koza5555 | 2013-11-19 22:35 | 健康 | Comments(6)

談山神社の紅葉

11月17日、今日は談山神社の例大祭である。
紅葉がすごい。とくに十三重塔のあたりの紅葉は今が見ごろで、赤い紅葉と黄色のイチョウに挟まれて、栄える十三重塔が素晴らしい。

a0237937_23495318.jpg

「談山神社は関西の日光」と有名な言葉がある。古いのはもちろん談山神社だが、あくまでも「関西の日光」である

誰が言ったんだろう?
それは島村抱月の言葉だった。松井須磨子との愛、その死に深く関わりを持った明治から大正にかけての文芸評論家・劇作家の島村抱月の言葉である。

日光東照宮は家康、談山神社は藤原鎌足、その成功ぶりが法官びいきの日本人には、あまり人気の高くないお二人である。この二人を祀る社が、奇しくも紅葉でその名を全国に売っているのである。

a0237937_23522534.jpg

まず、鎌足のお骨を守るために十三重塔が建てられた。
塔の南に講堂があり、これを妙楽寺という。この塔は初めから鎌足のストーパとして建てられた。
不比等が聖霊院(しょうりょういん)を建て、鎌足のご神像を祀るのが、701年である。
多武峰社は、はじめから妙楽寺と聖霊院として始まっている。

島村抱月が述べた「関西の日光論」は、(歴史上の人物としては人気の無い)家康公と鎌足公を祀った神社が・・という共通項のくくりがあったという説明を僕はするのである。

ともかく11月17日、今日は例大祭である。
今日は南都楽所による舞楽の奉納があった。

a0237937_23532527.jpg

演じたのは西田さんという方である。

さて、談山神社の紅葉、十三重塔あたりは「今が盛り」であるが、

a0237937_23535387.jpg

紅葉のトンネルになるという神社の正面の銘段の紅葉はまだまだ青く、階段や拝殿からの紅葉の見ごろはまだまだ先である。
談山神社の紅葉は、陽当たりの良い十三重塔のあたりから始まり、東にうつっていくというのが特徴で、11月中は素晴らしい紅葉が楽しめる。
11月30日(土)までの期間、夜間の紅葉ライトアップを行われている。最終受付が18時30分で、20時までライトアップされている。

a0237937_23543012.jpg
こんな談山神社、ぜひおいでください
by koza5555 | 2013-11-17 23:59 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

當麻寺と吉野

12月のゆかり(留学生)ツアーは當麻寺と吉野である。
一泊二日で、とことん見て、歩いて、体験しようというコースであるが、何を見るか、何を話すかである・・・

a0237937_1529964.jpg
共通項は役行者である。写真は仏隆寺上の唐戸峠の役行者

「七人の役小角」(桜桃書房)という本がある。司馬遼太郎とか黒岩重吾、永井豪などが書いているのである。
a0237937_15324265.jpg

いままで、役行者のことはあまり考えてこなかった。

まず、當麻の地は役行者ゆかりの地とのことである。
当麻寺の金堂ご本尊の弥勒菩薩仏には、役行者の所持していた孔雀明王像が胎内に納められているという。

岩橋山もある。役行者が日本中の鬼神を集めて、葛城から吉野へ岩橋を架けようとした。一言主神が藤ヅルで縛り上げられとのエピソードがある岩橋のことだが、この山から吉野に向かう橋、この端っこが残っている山なのである。その端っことは・・・僕も登ったことがあるが、その端っこを見てこなかったという間抜けである。岩橋山、名前より姿をご存知で、南阪奈道路を橿原から大阪府に向かう時、正面にドーンと見える山である。

茅原の吉祥草寺と大トンドも語りたい。吉祥草寺は役行者の生誕地とされている。「御隆誕の時・・・大峯の瀑水を吸みて役ノ小角を潅浴す、その水、地に滴りて井戸となる」(吉祥草寺伝)である。
a0237937_15332563.jpg
1月14日に行われる茅原の大とんど。吉祥草寺HPから

吉野行けば・・・吉野の桜である。
役行者が孔雀明王経で、まず祈り出したのは弁財天であるが、これは「優雅すぎる」とした。弁財天は天河に飛び去り、これが天河弁財天とのことである。
地蔵菩薩を祈りだしたのち、最後に憤怒の形相の不動明王を祈り出した。行者41歳、天武3年(674年)のことという。この憤怒の形相の不動明王を役行者は桜の木に彫りつけたというのである。

後に、後醍醐天皇は吉野山において、幕府軍の攻撃をはね返した時に、「これはひとえに役行者の威徳である」として、多くの桜を植えさせて蔵王権現の手向けにしたことが知られている。

役行者の晩年にも秘密がありそうである。
伊豆にながされた役行者は、一度、大和に帰ってから「仙人になる」と言い残し母とともに、天に上ったとも、高麗の国に渡ったともいわれている。(役小角の伝説)藤巻一保


こんなような話でつなぎながら、當麻・吉野を一泊二日で案内してみるけど、どうなるだろうか。

当麻寺で中将餅を食べたり、吉野では柿の葉寿司を作って食べたり、宮滝でしょうゆを舐めたり・・・体験やお楽しみも一杯組み込むツアーである。
by koza5555 | 2013-11-15 16:27 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

多武峰の尼寺のお葉つき銀杏まつり

音羽山観音寺のお葉つき銀杏まつりは、11月24日(日)の午前10時からである。

a0237937_1561665.jpg


「音羽山観音寺は、音羽山の中腹にある静かな尼寺です。創建は天平勝宝元年(749年)藤原鎌足公を談山妙楽寺に祀った際に鬼門除けの寺として創建されました。ご本尊は七尺二寸の千手千眼十一面観世音菩薩で、観音信仰が篤かった奈良時代には壮大な堂宇が山中に軒を連ね、そのありさまが音羽百坊と称されたとも伝えられています。
 (現在の)ご本尊は古来より眼病平癒に霊験あらかたとして知られた観音さまで、境内に湧く観音霊水は現在でも多くの人が汲みに来られます。
 境内の大銀杏は樹齢600年、ギンナンとイチョウの葉が一体となった珍しい実をうつけるため「お葉つき銀杏」と呼ばれ、県の天然記念物になっています。・・・
 秋深き一日、黄葉に輝くお葉つき銀杏の下で過ごすひと時をお楽しみください。」
                                  観音寺のお葉つき銀杏祭の案内から


 眼病封じのお葉つき銀杏ご飯の接待があり、たくさん拾える御供まきがある。

道はちょっとキツイ道を歩いて登る。桜井駅から談山神社行のバス、下居(おりい)で降りて、小一時間の坂道である。


僕は、一月に「多武峰」というテーマで講演をする予定である。
等彌神社、音羽山観音寺、談山神社と聖林寺という順でお話しする。

多武峰中心だが、ちょっと音羽連峰が気になる。
奈良盆地の南部からは音羽連峰がよく見える。
北から音羽山、経が塚、熊が岳・・大峠があり、その南が竜門である。

音羽山は852メートル、経ガ塚が889メートル、熊ガ岳は904メートルである。
経ガ塚山の頂上には、こんな塔婆が一基。経が納められているとの伝承だそうである。

a0237937_1582100.jpg

山はそんなことであるが、音羽山観音寺、お葉つき銀杏祭、昨年はいけなかったが今年は登ってみよう。

a0237937_1591677.jpg
音羽山観音寺

a0237937_15114260.jpg

これは3月の銀杏である。樹勢は旺盛だが、すばらしい黄葉のお葉つき銀杏は11月24日に観音寺で直接みていただきたい
by koza5555 | 2013-11-13 15:14 | 桜井・多武峰 | Comments(0)