ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大福の泡子地蔵尊と東新堂の辻堂 六地蔵

大福と東新堂で六地蔵を探して回った。

a0237937_2125399.jpg
東新堂の村はずれで、こんな六地蔵を見た・・・だけど、これはさがしていたものではない


「中ツ道は橘街道」と書いたばかりだが、桜井あたりでは違うと言われている。
中ツ道が中世に消滅した後は、盆地中央部の道は、村々を繋ぐ形で再生されたとみることが出来る。それが「橘街道」と言われたのである。

コースとして考えられるのは、横大路の大福村付近の地蔵堂に始まり、真北に向かい、大福村を経て東新堂、新屋敷、大泉、大西で田原本街道に合流、村屋坐弥富都比売神社からは田原本街道を外れて真北に進む(現在の県道51号、ここからは中ツ道になぞる)道である。

a0237937_21275765.jpg


菅笠日記によってもこの道の存在は明白である。明和九年(1773年)のことである。
11日目。
戒重といふ所にいづ。こゝは。八木といふ所より。桜井へかよふ大道なり。横内などいふ里を過て。大福村などいふも。右の方にみゆ。すこしゆきて。ちまたなる所に。地蔵の堂あり。たゞさまにゆけば八木。北へわかるれば。三輪へゆく道。南は吉備村にて。香山のかたへゆく道也けり。今はその道につきて。吉備村にいる。

12日目。
さて三輪の社にまうでんとすれば。やゝ行て。きのふ別れし地蔵の堂あるちまたより。北の道にをれゆくほど。奈良のかたを思ひて。ながめやりたるそなたの里の梢に。桜の一木まじりてさけりけるを見て。


本居宣長が記した「地蔵の堂」は、その後、大福の大念寺(融通念仏宗)に移されていて、お地蔵様も公開されている。
大きく補修されているが、元弘3年(1333年)の銘が残されている。向背の頂上に阿弥陀如来、左右に3体づつ、6体のお地蔵様が浮き彫りにされているのが特徴である。俗に泡子(あわこ)地蔵と呼ばれる。ひだがアワだつように彫られているからとか、光背仏がアワのように見えるとかの論がある。地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六界・六道を光背に配置する単独六体地蔵の先駆けだろうか。

a0237937_21284843.jpg
大福の泡子地蔵

さらに橘街道を一キロほど北上する。東新堂の辻堂が右手に建てられている。本村からは500mも離れた田んぼの中だが、隣村の新屋敷との境目に置かれる。自動車工場やビニールハウスの中に現在は立っていた。これをさがしていた。
a0237937_21334189.jpg

a0237937_21343782.jpg


地蔵菩薩(六地蔵光背) 東新堂辻堂
田のあぜ道の三叉路の角に辻堂があり、セメントにかたく蓮台を埋めている仏身3尺3寸の地蔵をまつる。地蔵は行恒様式の丸い顔、衣文の調子もふくらみのある褶(しゅう)をよせ、背は高からず、ひくからず、花崗岩をきれいにこなした作で、7体仏や五輪塔のある錫杖の作りから、泡子地蔵と同じ頃同じ作者による作彫と思われる。
『桜井市石造美術』太田古朴 著

これもまた、単独六体地蔵、六地蔵の姿と言えるのではなかろうか。

さて、東新堂にはさらに多くのお地蔵様がおられた。はじめに六地蔵は紹介した。

a0237937_21352297.jpg
これは、会所の子供地蔵(区長さんのことば)


a0237937_2137544.jpg
こちらは、村中の地蔵堂


お地蔵様を探すときに行き詰った時、東新堂の山口源博区長に教えを乞うた。「地蔵盆のお地蔵様は橘街道沿いのお地蔵様」と、こちらで端的に教えていただいた。山口区長さま、ありがとうございました。
鎌倉時代に遡る、これらの石仏を見るとき、大福、東新堂を抜けるこの街道こそ、中世、近世で呼称された橘街道であることは間違いない。と確信できる。
by koza5555 | 2017-03-31 21:52 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

橘街道は中ツ道

桜井市の駅前エルトで2年間、「おもしろ歴史講座」というカルチャーをやらせていただいた。
ところが、この秋からこのエルトが改装するとのことで、カルチャーはいったん中止することになった。
あと、何回かはやろうということになり、連休明けの5月5日(金・祭日)は、「中ツ道と今の道。条理と環濠集落」というテーマで、桜井市の西部を取り上げることにした。
古代の街道をやりたいのだが、今回は中ツ道に絞って考える。

この中ツ道は橘街道と言われた時代がある。

古代(7世紀)、奈良盆地を南北に結ぶ3つの街道が作られました。中ツ道は、その街道の一つで、平城京と橘寺を結んだことから、近世には「橘街道」とも呼ばれていました。奈良市街の中央部から、大和郡山市と天理市、桜井市と田原本町や橿原市等の境界を通っていたのですが、現在では街道の名残はほとんどなく、細い道が所々に残っています。
・・・この中ツ道に「橘」を植樹して、橘の並木道にしようという計画がすすんでいます。大和郡山市の石川町と白土町付近で、まず20本くらいの橘を昔の街道に沿って植える構想があります。奈良盆地を南北に通る「橘の並木道」が完成すると、将来は壮観な景観が生まれそうです。
(大和郡山市石川町の掲示板から・記載者不明)
a0237937_20591623.jpg


「左近の桜、右近の橘」の橘である。
垂仁天皇の時代、常世の国に「ときじくのみ」(非時香具菓)を求めて橘を持ちかえった田道間守(たじまもり)を引くまでもなく、古代の橘は樹木としても、果実としてもその位置は高いといえる。

横大路、桜井市西ノ宮の三輪神社から北上するのが中ツ道。今回は橘街道は中ツ道と割り切って考えてみる。

a0237937_2117324.jpg
桜井市西ノ宮の氏神、三輪神社の南西側。中ツ道の始まり

a0237937_21175587.jpg
ちなみにこちらは下ツ道(中街道)

a0237937_21184547.jpg
これは上街道(上ツ道とは少しずれているが・・)。少しさびしそうだが、町つくり再建の意欲満々の交差点である。大和信用金庫の支店が戻ったり、喫茶店が間もなく開店する

横大路の交差点を、巷というか、辻というか、下ツ道、上ツ道と比べてみると中ツ道は相当趣きがことなることが分かっていただけるだろう。

今回は中ツ道である。北に向かうと、東竹田である。これは有名な大伴一族である。大伴氏の荘園、「竹田の原」である。
さらにその北には村屋坐弥富都比売神社である。
大海人皇子(天武天皇)軍と大友皇子軍が大和で対峙したのはこの地である。大伴吹負が総大将である。村屋で大伴が近江軍と戦うのは、大伴には領地的にも死活的な意味があるのだろうか。
a0237937_21221096.jpg
村屋坐弥富都比売神社参道

県道51号を北上することとなり、そのまますすむと、天理市を抜けて、西名阪道をくぐって…
路地のような細道の入り口に…「橘街道」の看板が設置されている。「橘も植わっている」。
大和郡山市石川・・である。

a0237937_21233468.jpg
橘の並木(木はまだ小さいが)

シャープの工場の東側を通り、・・県道754号線。こちらに道標があった。

a0237937_21243379.jpg
右 高野山  左 なら道

a0237937_21262180.jpg
桜井市を中心にして、古代道路と条理を整理した。明治末年頃の地図に赤い線は僕が書き込んでみた


5月5日の「おもしろ歴史講座」、大伴氏も軸にして、面白い話になりそうである。
by koza5555 | 2017-03-30 21:41 | 奈良 | Comments(0)

磐余池、安倍木材団地論もありか

 奈良県神社庁の神職・氏子合同研修会が3月16日に橿原神宮で行われた。今年の講師は千田稔奈良図書情報館長で、テーマは「本居宣長の『菅笠日記』にみる古代の風景考」だった。

a0237937_15423426.jpg
橿原神宮


a0237937_15434019.jpg
千田稔奈良図書情報館長

「ことし明和の九年といふとし。いかなるよき年にかあるらむ」で始まる菅笠日記。これが桜井あたりでツアーのガイドをやれば、援軍百万という力強いテキストである。
250年前の明和9年、1772年の旅日記である。

千田先生は本居宣長の山桜に対する思い入れの激しさなどを触れつつ、敬虔な神学者としての本居宣長の紹介もされて、お話しのバランスがすばらしい。

宣長が『大和国中ひとりあんない』、『和州巡覧記』(貝原益軒)を参考書として持ち、他には「ぬさ(幣)袋」を持っていたという。
当時は道中安全を祈念して、道祖神に捧げる幣を入れる袋を持ち歩いたのだろう。宣長もこれを持参するが、「うけよ猶(なお)花の錦にあく神も心くだしき春のたむけは」と歌を幣袋に記したという。歌の意は、「毎年の花の錦に飽きている神も 私の心ばかりの花の手向けを受けてくだされ」である。

吉隠、初瀬、長谷寺、脇本、忍坂を経て倉橋に上がってくる。この倉橋で、崇峻天皇陵と宮を考えた後に、
さてこの里を出て。五丁ばかり行て。土橋をわたりて。右の方におりゐといふ村あり。こだかき森の見ゆるは。用明天皇ををさめ奉りし所也と。
宮ということである。だが、宣長はこれを信じない。

「あるじのほうし。かれは御陵にあらず。用明の御は。長門村といふ所にこそあなれといふに」である。
千田先生は、ここで論理を大飛躍、本居宣長を外れて話は一気に「磐余に宮つくる。名づけて池辺双槻宮(いけべのなみきのみや)」のことに移る。その用明天皇の陵を江戸時代には「長門村にあり」と本居宣長が紹介しているのである。

「磐余池は谷」の千田論は理解していたつもりだが、若桜神社の前・・谷本町とか、あるいは薦池の下・・谷新道あたりをいわれているのかと思っていた。

a0237937_15453058.jpg

この図が今回の講演で示された。「どこで使われました?」と講演後にお聞きすると、「まあ、これは、たいした絵ではなく、長門を書き込んだものは初めて」といわれる。

この図によると、安陪木材団地の湧水のある七ツ井の北側に磐余池である。
僕に言わせると、磐余池、谷論の最大の弱点は水源が無いことだった。
木材団地まで持ってくると、米川、それから寺川の伏流水が水源となるので水は溜まる。大津皇子が刑死させられる戒重の訳語田(おさだ)と磐余池との関係も、磐余池安陪木材団地論だと、整合性が取れるのである。
「ももづたふ磐余(いはれ)の池に鳴く鴨を今日(けふ)のみ見てや雲隠りなむ」 巻3(416)
イメージだけではなく、実生活を反映した歌とみるのである。

磐余は十市か磯城上かとか、上宮遺跡の評価とか、あれこれに異論は持つが、千田先生の磐余池、安倍木材団地論、良いなあ・・・

a0237937_1547476.jpg

石寸山口神社。石寸山口神社は谷と阿部の長門(旧長門村)の方々で管理している。草刈は先週の12日に行ったばかりである。

a0237937_15475626.jpg
阿部山の南側(文殊が丘)の水は長門池に。長門村の田をうるおしているため池である。今でも、長門の人たちが草刈り、いけ掘りをおこなう


a0237937_15502048.jpg
阿部山の北側の水は、薦池に。石寸山口神社の前。こちらは谷に流れる


a0237937_1551686.jpg
これが長門村(阿部の小字、住居表示には出てこない。阿部550番地辺りである)
阿部丘陵にも古墳はあるが用明天皇の時代とは時代が異なり、具体的な場所は出てきていないが・・・・千田論、輝いている。
by koza5555 | 2017-03-17 16:20 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

当麻ウォーク。加守廃寺跡とか掃守神社

3月22日(水)に「大人の学校」で、当麻寺の周辺のウォーキング、紹介して、お誘いいたします。

a0237937_2216292.jpg

当麻の首古塚古墳から二上山

午前10時に二上神社口駅集合、加守神社、加守廃寺跡、傘堂、鳥谷口古墳、首子塚古墳、当麻寺中の坊にて「曼荼羅絵解」、金堂、講堂を拝観して、当麻寺駅に至りて中将餅を賞味、午後4時過ぎに解散である。

はじめが加守神社、実は主殿は倭文(しとり)神社といい、織物の神様である。天照皇大神の衣を織ったとされる。
左脇殿が二上神社といい武と文の神。
右脇殿が加守(掃守 かもり)神社で、産婆・産育の神であり祖とされる。神武天皇の父が生誕するとき産室に群がる蟹を掃き清めた天忍人命(あめのおしひとのみこと)を祀る。
a0237937_2218536.png


この神社のオンダ祭りが独特で、他には見られない内容や所作がある。
オンダ祭りの牛を地元の小学生(宮本の加守の男の子)が演ずる。
この牛がオンダの所作中に出産する。
川西の六県(むつがた)神社のオンダでは、人が子を産むという所作があるが、牛が出産するというのはここだけだ。

こちらのオンダ、斎行日は「4月15日の前の土曜日」と決まっていて、今年ならそれは4月15日ということだ。


倭文(しとり)神社(加守神社)のご本殿の背面(西側)には、加守廃寺跡が残されている。
加守という地名は古代氏族の「掃守氏」の本貫地として知られる。雄略天皇の時代からの氏族である。廃寺からは奈良時代中期の軒瓦が発掘されており、長六角形の特異な構造の建物跡も発掘されている。
a0237937_22302375.jpg
(『大和の古代寺院跡をめぐる』から)

その後、傘堂、鳥谷口古墳を見学、首子塚古墳にて二上山と当麻寺を眺望する。
a0237937_22201992.jpg

東西の国宝三重塔・・・と言いたいが。当麻寺西塔は工事に入り、覆屋に入った。3年くらいはこんな状態らしい。

当麻の里を巡った後は、当麻寺・中之坊にて當麻曼荼羅の絵解きをお聞きする。めったに聞けない曼荼羅の絵解き、これをお聞きするウォーキングである。


実施要項は以下の通り。メールでお申込み、お願いたします。
■実施日    平成28年3月22日(水)雨天決行
■集合時間午前10時 
■集合場所   近鉄 二上神社口 
■コース(歩く距離 7km程度)
近鉄二上神社口駅 集合10:00 → 加守神社→ 加守廃寺跡 → 傘堂→ 鳥谷口古墳→ 12:00 昼食(ふれあいステーション、食堂)→ 首子塚古墳 →  当麻寺中の坊 絵解予約時間13:30から → 14:30当麻寺曼荼羅堂→ 金堂→ 講堂 (15:30)→ 当麻寺駅解散 16:00
■持ち物  水筒、帽子、雨具をお持ちください。食事は当麻ステーションの大食堂を利用します。
※歩きやすい服、靴でおいでください。
■参加費 2100円【当麻寺(500円)、中之坊(解説料含む800円)資料代・学校経費800円】

ぜひ、おいでください。申し込みは メールにて kozaburo@cg8.so-net.ne.jp
by koza5555 | 2017-03-09 22:54 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

神武東征聖蹟顕彰碑と丹生川上神社

ヤマトビトツアーズの「神武東征の道を行く」を案内する。4月9日(土)である。
丹生川上神社に始まり、宇賀神社、八咫烏神社、等彌神社というコースで、今日は丹生川上神社中社(東吉野村)と夢淵を見学、拝観してきた。
a0237937_22233989.jpg
夢淵。高見川、四郷川、日裏川の合流点

丹生川上神社のことである。
「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」、天武天皇の時代に創祀せられたとされている。
平安時代以降は、祈雨の神として「二十二社」の一つに数えられ、祈雨には黒馬を、止雨には白馬を献じ朝廷の崇敬する重要な神社であり、古代から応仁の乱(戦国時代の入り口)までに、朝廷による雨乞い、雨止めの奉幣祈願が96度もされたとのことである。

しかし、その後の戦乱のなかで、丹生川上神社の所在地が判らなくなってしまう。
明治維新となり、丹生川上神社の調査が行われ、
明治4年、丹生村(下市町、祭神はくらおかみのかみ)の下社
明治29年川上村の上社(祭神はたかおかみ)が丹生川上神社とされた。
大正11年になって、蟻通神社といっていた、この社こそが、丹生川上神社(高見川沿い・祭神はみづはのめ)と(森口奈良吉の研究により)定められた。

その後三社一体として管理されたり、三社別々の神社で競合時代があったり、現在のような三社共存体制(三社共存とは僕が勝手に命名)という時代を経ている。

本殿は江戸時代のもので、東吉野村の文化財。写真は拝殿である。
a0237937_2226678.jpg


瑞垣内にある灯篭は鎌倉時代の弘長四年(1264年)銘で、国の重要文化財に指定されている。いわゆる蟻通灯篭である。
a0237937_22264843.jpg

黒馬(雨乞い)、白馬(雨止)の絵馬
a0237937_22281885.jpg


神武東征に関わる丹生川上神社である。
「紀元二千六百年奉祝会」により建てられた神武天皇聖蹟顕彰碑 丹生川上(にぶのかはかみ)顕彰碑の碑文は
「神武天皇戊午年(つちのえうまのとし)九月天下平定の為平瓮(ひらか)及び厳瓮(いつべ)を造り給い丹生川上に陟(のぼ)りて天神地祇を祭られ又丹生之川に厳瓮を沈めて祈り給えり聖蹟は此の地付近なり」。
a0237937_2231175.jpg

神武天皇の祈りに対して、高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)は天香久山の土にて平瓮(ひらか)と厳瓮(いつべ)を作り、祀れと指示する。
椎津根彦(しいねつひこ)と弟猾(おとうかし)を老人、老婆に化けさせて天香具山へ派遣、土を持ちかえることに成功する。

「神意を占って『厳瓮を丹生川に沈めよう。もし魚が大小となく全部酔って流れるのが真木の葉の浮き流れるようであれば自分はきっとこの國を平定するだろう』と言われて厳瓮を丹生川に沈めた。しばらくすると魚はみな浮き上がって口をパクパク開いた。
椎根津彦がそのことを報告すると、天皇は大いにお喜びになられ丹生の川上の五百箇の榊を根こそぎにして諸々の神をお祀りされた。このときから祭儀のときに御神酒瓶が置かれるようになった。丹生川は、今の高見川で、高見・四郷・日裏の三川が合流したところの深淵は、神武天皇が夢にあらわれた天神の教えによって厳瓮を沈めたところだと伝えられ、『夢淵』と呼ばれています』東吉野村による掲示板
a0237937_22331889.jpg
上流側から見た夢淵

占ったところは夢淵だが、流れた魚がパクパク口を開いて浮き上がった場所、それを観察したところもしっかり、残されている。そこが魚見石である。夢淵から500メートルくらい下流だ。
a0237937_22361999.jpg


観察した人は椎津根彦(しいねづひこ)、天香具山に土を取りに行った臣下である。
「厳瓮を丹生川上神社神域の夢淵に沈められるや、やがて吉兆あらわれ大小の魚、木の葉の如く酔い流れ尊い神助の瑞祥を得られた。その魚の流れる様を臣の椎津根彦(しいねづひこ)が見届けた場所を、古くより魚見石と言い伝える。

五条の阿田人
大淀・下市の吉野首(おびと)
吉野町東部の国栖、大岩(石神神社)
さらに上流の東吉野の小(おむら)の丹生川上神社あたりを今度のツアーは力を入れて考えたい。
吉野と吉野川(紀ノ川)がヤマト王権の成立に深いかかわりを果たしたことは確実である。

a0237937_22371527.jpg
石神神社(矢治)、この大岩には圧倒される

4月9日(日)、東吉野の桜は残っているだろう。あらゆる意味で、楽しんでいただけるツアーである。

お申し込みは  やまとひとツアーズ、 0744-55-2221である。
by koza5555 | 2017-03-02 23:04 | 宇陀 | Comments(0)