ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜井市の環濠集落

桜井市の環濠集落を考えた。
桜井市の西部、北部には環濠集落が点在する。初瀬川、粟殿川、寺川に沿ってである。海抜でいえば80mくらいまでである。

奈良盆地の土地利用と河川の歴史を見てみると。
●奈良盆地は古代から肥沃な水田地帯と思われているが実態は違っていた。水田は3割、残りは荒れ地であり、畑として、あるいは沼地であった。川が管理できない、水が確保できないということだろうか。
●伏流水化を防ぐ河川の付け替え、水漬の農村の排水をすすめ(池の掘削、環濠の建築)、集村化(村への移住)がすすんだ。この営みにより、奈良盆地の水田の利用率は3割から9割まで上昇することとなった。

「壬申の乱」(672年)では、近江方の廬井鯨(いおい の くじら)が中ツ道を攻め下るという戦いが日本書記に記されている。大友皇子(弘文天皇)側の別将であるが、中ツ道で戦って 敗れた。
このクジラが敗走するとき、馬が深田に落ち進退が窮まったとあり、中ツ道周辺は低湿地状態であることもわかる。


ここで環濠集落である。作られた時代の背景や、土地制度の変遷と農耕の発達、集落の発生と発達、集落を取り巻く自然環境と深い関係を持っている。
始めに紹介したように、奈良盆地の集落は河川の流域に沿って作られた低湿地の集落が多く、環濠集落の起源の一つして、排水や導水など水利の面にその起源があるという論がある。
環濠は何となく、戦に向いていそうだが、まずは低湿地状態への対応が一番との見方である。

a0237937_10143080.jpg
桜井市東新堂の環濠集落の名残が鮮明である

その上に、それぞれの時代によって境界や水の争いがあったり、士豪の抗争などで、集落を自衛するために、村を掘りや竹藪、・堤防で囲むようになった。このような防御的な環濠集落は戦国の動乱の時期に発達した。
南北朝の戒重西阿の戦い、依拠した戒重や川井は環濠集落ではなく、とりでという見方である。

こんなことだから、桜井の環濠集落を無理無理分ければ、
防御的なもの  戒重、河合

a0237937_10151995.jpg
これが戒重陣屋(江戸時代だよ)と現在の戒重

防御と自然環境の両面  大福、上之庄、東新堂、大西、江包、太田、大豆越などがあげられる。

a0237937_1016789.jpg
東新堂

a0237937_10165516.jpg
上之庄

a0237937_10172132.jpg
大西

桜井の環濠集落の形態をまとめてみると
 東西南北の方向を示している(条里制に規制されている)
 道路割は袋小路とかT字形の交差点、
 東西南北の出入り口は一カ所、木戸口という。
 藪や樹木で覆われて見通しが効かない。
 周囲は堀、濠で取り囲み、内側は土塁、竹やぶなどで囲われていた。
 氏神は村の要の場所にある(砦的な役割を果たす場合も多い)


『桜井の古文化財 その3環濠集落』(桜井市教育委員会)から環濠の地図を借用した



by koza5555 | 2017-04-22 10:24 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

吉備と大福の芝村騒動

桜井の西部、大仏供庄(現在の大福、東新堂、上ノ庄)とか吉備、戒重を考えている。5月のカルチャーのテーマである。
ここらあたりは古墳もないし、有名寺院もないけど、古代から横大路、中ツ道という超一級の幹線道路が抜けていて、ざわめく史実がある。

今日は近代である。吉備の芝村騒動をもう一度、考えた。近隣の大福とか東新堂、阿部、谷とも合わせてである。

宝暦3年(1753)、十市郡の十市郡の九ケ村で、京都町奉行所に箱訴した。
箱訴は合法手段だったが、訴えが認められるまでは刈り入れをしないという戦術で、そこが幕府の逆鱗に触れた。
十市郡、式下郡、葛下郡の村役人にも取調べが広がり、江戸に呼び出されたもの221名、厳しい取り調べの中で獄死したもの40人以上という惨状を示した。

この地域の吉備村からは8名が呼び出され、
平兵衛(藤本)、甚治良(竹田)、平治良(岡橋)が牢死
長八(高井)、庄蔵(松井)、新五郎(森本)、又四郎(吉崎)、甚五郎(吉本)の5名が帰還している。
吉備の森本家、吉崎家、吉本家は帰村したご子孫である。

幕府の天領となっていた十市郡、こちらを芝村藩が年貢を代収していたが、この取り立てが苛烈を極めたこと、それを訴えたことに芝村騒動は始まった。
江戸時代の年貢の取り立ては一般的にも厳しいものではあったが、十市郡はと複雑な事情をはらんでおり、特別に厳しい取り立てが行われていた。

検地のさいに実際の面積以上の年貢がかかっていたのが十市郡の村々である。実際の農地の広さ以上の年貢がかけられたという。いわゆる「畝詰り」といい、見地台帳が課題なのである。

これには経過があった。
郡山藩が柳沢忠明の時代(1619年~1639年)に、藩の格をあげるためだけで12万石を15万石に変えた(15万石以上が大藩とされた)という歴史があった。農地は増えていないのに、郡山藩のすべての農地は台帳では2割5分増しの面積に変えられた。郡山藩の時代はその事情が判っていて、割り増し分には無税だったが、郡山藩が8万石に減らされ(1679年)盆地南部の領地が天領に変わってから、これが問題を引き起こした。旗本はこの2割5分増しの年貢を要求したし、代収の芝村藩はこの2割5分からも徴収したのである。

この表を見ていただきたい。
a0237937_2158233.jpg

1620年ころ。吉備は2割5分は課税されていない。ところが天領となり、芝村藩預かりになった時に、これが頭を持ち上げた。
吉備村は651石770だったが、突然、814石713に変わった。土地が広くなったわけではなく、収穫が増えたわけではない。
大福村・新堂村と比べれば、よく分かる。江戸時代の石高、年貢というのは耕地の変化、作の変化には関係なく、村にかかる税金である。

吉備村は、五公五民なら325石の年貢。ところが2割5分増しだと407石の年貢で、村の取り分が244石。62%の年貢である。それ以外にも二毛作の麦や菜種にも税はかかるのである。村は行き詰まり、自立の農民の没落が始まるのである。

これは、大福や東新堂には見られない状態だった。この表には欠落しているが、東新堂の多賀領は140石が途中から3石に減ってしまうということさえあるのである。天領、芝村藩預かりの吉備村の苦しさに思いを寄せたい。

a0237937_21511317.jpg
吉備村(吉備区)は今でも、毎年、供養祭を行っているのである


『芝村騒動と龍門騒動』(上島秀友著)と『郷土』(広吉寿彦著)を参考にしました。
by koza5555 | 2017-04-20 22:00 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

倭文、加守神社のオンダ

二上山の登山には、近鉄の南大阪線の二上山口駅が一番の近道。駅から二上山の雄岳に一気に登る道がある。
その登山口に、倭文(しとり)神社が鎮座する。相殿には加守(かもり)神社と二上神社がおかれる。

加守地区の氏神さんである(氏子地域は広くて加守、畑、狐井など9ヶ村の郷社ではあるが)。

こちらのオンダ祭が珍しい所作、行事で有名である。内容はおいおい紹介するが、祭は4月15日の直前の土曜日に行われる。今年はそれが15日(土)ということになった。

オンダ祭とは農耕作業の所作を行い、天地に今年の豊作を祈る行事である。
畔をつくり、田をおこして、田んぼに水を入れて、籾をまき、田植えをするという所作が順々に行われる。オンダには稲刈りはなく、所作は田植までである。
牛が元気に働きますように、水がありますようにという行事である。

所作にはそれぞれの特徴があり、広瀬神社は「よく雨が降るようにと、雨に見立てて砂をまく」ことで有名。その直近の川西町の六県神社のオンダは「よく雨が降るように」と雨に見立てて、こちらは子供がまかれる。正確には、所作のたびごとに子供が大人にのしかかる(雨と風)という行事だ。
オンダの行事は、真剣さ、おかしさで、どちらの社も工夫は切実だ。稲作のために一番大事な播種と田植えの無事を祈る行事だからだろう。

午後一時から祭典。こちらのオンダの珍しいことは、小学生が行事の主役で参加すること。加守の6年生から選ばれるということで、今年はA君とY君がその役割を担った。

a0237937_19583235.jpg
玉串奉奠を行う小学生

2時ころからオンダ行事が始まる。

a0237937_19592942.jpg
境内に竹を立てて仕切ったオンダの場に牛、農器具を降ろす

a0237937_200292.jpg
畔造り

a0237937_201740.jpg
牛が鋤を引く

a0237937_2015859.jpg
田植だ

このあとに牛が出産するという所作がある。これが独特である
a0237937_203104.jpg

a0237937_203414.jpg
産まれた子牛はすぐに飛び回る

オンダ祭りの子牛役を地元の小学生(宮本の加守の男の子)が演ずる。生涯に一度の子牛役だが、練習は一回だけである。

オンダに牛はつきものだが、その牛が子供を産むというのは、全国的に珍しいとのことである。産婆の助けもいる。獣医です。これも、実はこちらの神社の祭神に関わる祭らしい。

こちらの祭神は「葛木倭文座天羽雷命(かつらきしとりにいますあめのはいかづちのみこと)」である。加守神社が相殿で、こちらの名前は地名になっているので、加守神社の方が名は通っている。
倭文神社は、天照大神の御衣を織った天羽雷(あめのはいかづち)命を祀っている。織物の神で、斎部広成(ひろなり)が書いた『古語拾遺』にきちんと紹介されている。

相殿の加守神社は、神武天皇の父の生誕時に産室を掃き清めたという天忍人命(あめのおしひとのみこと)を祀っている。掃除というより産婆の役割を果たしたともいわれる。

こんな風に産婆の神としての石碑も立てられていた。牛が生まれる、産婆がいる・・オンダにその姿をあらわしている。
a0237937_2044746.jpg
産婆石塚氏の碑と記されている。神社の門前に立てられている

by koza5555 | 2017-04-19 20:19 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

大伴一族(とくに吹負)と中ツ道

5月5日(金)の午後7時から、桜井駅前エルトで、「中ツ道」をお話しする。
壬申の乱の頃の中ツ道。
南北朝のころ、戒重西阿の中ツ道。
近代、近世の中ツ道をお話ししたい。

始めに道の起源、そして壬申の乱の頃の中ツ道である。
『道が語る日本の古代史』。近江俊英さん。これがむちゃくちゃに面白い。
まずは大伴氏族を考えねばならない。中ツ道はそうなのである。

大伴氏というと、大伴旅人や家持といった歌人が著名である。しかし、本来、大伴一族は軍事を司り、武烈天皇の時代には、大伴金村といった著名な将軍も輩出している。
それにしても大伴氏ほど、浮き沈みの激しい一族も珍しい。
欽明天皇の時代、大伴氏は天皇家の家臣の中では筆頭の位である大連を出す家柄であったのに、大伴金村が朝鮮半島政策で失敗したことにより失脚。蘇我、物部の争乱のさいには、蘇我方につき再び力を得るが、天智天皇の時代にはさほど用いられた形跡はない。天智天皇の近江遷都にも、大伴一族の代表者であった大伴馬来田、吹負兄弟は、大和に残留したいたようである。
そこで乱が勃発した。兄弟は一族の浮沈を賭けて、大海人皇子側に味方する。
『道が語る日本古代史』(近江俊英)

「神武東征」での大伴の活躍を引くまでもなく、近江さんは有史の範囲で、とても上手くまとめられている。
かくして壬申の乱、大和での戦いは幕を切って落とされたが・・・・大伴吹負は負ける。

戦った道は、稗田 →乃楽山 →墨坂 →金綱井 →当麻衢(ちまた)
金綱井で神託が届けられるのが契機となる。
実質は大和から宇陀の墨坂まで逃げ出すが、そこで東国からの援軍、兎(おきそみめのむらじ うさぎ)軍と出会うことが勝利の土台、勝利の出発ではあるが。

大伴吹負は3人の神の予言を受ける。
神は許梅(しこめ)に憑依する。
高市社(橿原市雲梯 うなて の河俣神社)と
牟佐坐神社(橿原市見瀬)の神からの神託である。 
許梅には、神武天皇陵に馬と兵器を奉納するように命じた。

もう一人の神は村屋神(田原本町蔵堂)に、こちらは神官に憑依した。

それぞれ西から来襲する、あるいは中ツ道を攻めてくるという託宣である。


こんな図である。すべてが一目瞭然である(『道が語る日本古代史』p80)。
a0237937_22394319.jpg
すごい地図である。全部入っている。赤丸と赤字は僕が記入した


神社とか、碑を見てきた。

a0237937_2242972.jpg
金綱井は横大路沿いと考えて、小網町の入鹿神社付近と考えた。こちらは境内の大日堂だ


a0237937_2243573.jpg
高市神社は雲梯の川俣神社


a0237937_2244456.jpg
牟佐坐神社

a0237937_22445351.jpg
牟佐坐神社境内は孝元天皇の軽境原宮址とされ、碑が建てられていた

a0237937_22461737.jpg
神武天皇陵・・天武天皇の時代は、「神武天皇陵はここ」と決まっていたんだな。託宣があれば、大伴吹負はすぐ祀に出かけられたのだ。その場所はこちらだったんだろうか・・・

a0237937_22471475.jpg
大伴の竹田庄は、中ツ道沿い。これなら、大伴の村屋のたたかいはホントの地元の戦いだったんだ・・・こちらは村屋坐弥富都比売神社

中ツ道、これは大伴の決断を考え、大伴の飛躍を考える道なんだな…面白そうである。
中ツ道、こんなテーマでも面白くなりそうである。
5月5日、桜井駅前、エルト・・第4研修室、期待してください。
by koza5555 | 2017-04-14 23:01 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

「桜井の古墳」桜井東ふれあいセンター  

「桜井東ふれあいセンター」(初瀬寺駅の付近)で、4月18日(火)午後7時から、「桜井の古墳」をお話しいたします。


こちらのセンターは毎月、「地域ふれあいセミナー」を開催していますが、2017年度の第一回目に僕を選んでいただいた。「わかりやすい解説で楽しいお話し」だからと、毎年、呼んでいただいている。

今回は、桜井の古墳を丹念にたどりながら、「古墳を作った人」、「作らせた人」、「その時代に思いを寄せる」、こんなお話をしようと考えた。

これは桜井じゃないけど…奈良の野神古墳。今度のテーマで「阿蘇ピンク石」を取り上げるが、そのうちの一つである。大安寺の近くで・・・京終とか、大安寺に行かれたら、ぜひ、どうぞとおすすめしたい。
a0237937_8454260.jpg
奈良市京終の野神古墳、石棺

a0237937_8473988.jpg
掲示もじっくりみてほしい
a0237937_8511517.jpg
いまは、こんな街中だ。先は高円山


今回は、僕が見学してきた桜井を中心にした(天理や奈良もすこし)古墳を、丹念に紹介する。
ポイントは立地とか、形とか、横穴石室であれば作り方とか、そして、今回は石にもこだわった。
たとえば阿蘇ピンク石である。浅古の兜冢古墳は有名だが・・・・
a0237937_8542719.jpg


阿蘇ピンク石。桜井と天理には特殊に多い。この石の産地は始めは二上山とみられ多らしい。「二上山ピンク石」と言われたりした時期もあると知った。1991年、九州の宇土半島の石がピンク石と分り、阿蘇ピンク石と言われるようになったとのことである。
僕などは、深く考えることもなく、赤っぽい石棺を見ても、「水銀朱を塗ってあるんだろうか」・・くらいだったが(笑)。

こんなことを究明したのは倉敷の真壁忠彦さん。『石棺から古墳時代を考える―型と材質が表す勢力分布―』という本がある。あちこちの古墳で使われたピンク石の産地は熊本県の宇土半島だと証明された。


三輪にもピンク石の石棺石が残されている。
有名なのは箸中の慶運寺の石棺仏。金屋の石仏堂の床下のピンク石もおもしおろい。山の辺の道の金屋の石仏は石棺の蓋(泥岩)に釈迦如来と阿弥陀如来が彫られていて有名である。重文指定で評価も高いが、そのお堂の床下にも、石棺の残されていて…それが阿蘇ピンク石。
a0237937_935191.jpg
床下もみて

そのまま、石室の中に残されているのは、東乗鞍古墳 (天理市杣之内町)で、くり抜式家形の石棺が残されている。

奈良にもある。野神古墳というが、これは佐紀盾列古墳群じゃなく、大安寺の近くの南京終である。
高槻の今城塚古墳歴史館に展示されている、見つけてきたばかりの石棺の残石・・・・も昨年、報道されたばかりである。
阿蘇ピンク石ばかり、辿ってもなかなかjのものである。

a0237937_98142.jpg

看板通り、わかりやすく、楽しくおもしろい、こんなお話である。
入場は無料で、30名ほどの会場。残席はわずかだが、おいでになりませんか。
突然でも対応できますが、資料の印刷もありますので、お電話をいただけると助かります。
連絡先は0744-47-7026(東ふれあいセンター)まで
by koza5555 | 2017-04-13 09:17 | 桜井・初瀬 | Comments(0)