ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

修陵餘潤(よじゅん)の碑ー天皇陵の近代史

『天皇陵の近代史』。吉川弘文館から、外池昇著である。

a0237937_08210476.jpg
行燈山古墳ー崇神天皇陵  

「幕末から明治前期にかけての陵墓をめぐる動向について注目した」として、「文久の修陵をめぐる問題」と「明治政府の陵墓政策をめぐる問題」を解明したいとしている。

「皇室の祭祀体系の整備」の検討と合わせて、「地方の陵墓問題」の解明があり、「浄、穢の廟議」と「村落と陵墓」は引き込まれる。

陵墓は「浄か穢れ」かが問題とされている。

もともと荷前(のさき)使いは、「神事に似たり」(年中行事秘抄 858年)とされ、「浄」であるとされた。しかし、実質的には荷前使に赴いた貴族は正月行事に出仕できなかったりで「穢れ」という考えが続いてきていた。だから貴族は懈怠といって、荷前使を休んでしまう・・この使に立つと宮中の正月行事に出仕できなくなるのだから当然のサボタージュである。

明治元年の廟議には谷森義臣が出てくる。谷森の論は「本来的に神である天皇の陵が穢処であるはずがない」であり、その後は、それが貫かれている。

a0237937_08212069.jpg

陵墓に鳥居が立つ理由がわかるような気がする。

陵墓の発掘調査に宮内庁が反対する理由も、「墳墓だから」であり、さらに「神聖な場」だからということだろう。

こんな考えに立てば、考古学に基づく、治定、比定のやり直しなどは宮内庁は問題にもしないだろう。

良し悪しは別として、陵墓に対する宮内庁の考えがキチンと理解することができた。

村落と陵墓がとてもおもしろい。目からうろこがいっぱい落ちた。

一つは農地とか山林としての利用の問題

文久の修陵以前は、陵墓とされた古墳であっても後円部の墳頂だけが陵墓とされていた。だから古墳内の農地は普遍的な状態で、これは農民の勝手な耕作ではなく、年貢地となっていて、各藩の公的な耕地だったことが紹介されている。

びっくりですね。明治以降、立ち入りが禁止となり、地元民は陵丁などでかかわりを持って行った。

しばらくは、雑木、落ち葉の清掃などでのかかわりがあるが、明治30年代には古墳墳丘の植栽の変化などから、地元民は古墳から遠ざけられていくことになった。

今一つは、ため池としての役割である。

a0237937_08224189.jpg

こちらは利用が締め出されるのではなく、用水としての価値が高まったということである。

古代から通して、水のない周濠は普通の状態とのことである。水があれば常に浸食を受けるのであるが、その証拠がない。空堀とのことである。

今のような周濠の姿は文久の修陵以降のことらしい。もともと雨水だけを貯めるのだから、その量は限られ、灌漑用水としての値打ちはない。

崇神天皇陵(柳本行灯山古墳)はその典型である。古市古墳群なら安閑天皇陵(羽曳野市)である。

崇神天皇陵の文久の修陵の普請、柳本の全村挙げて取り組んだとされる。農業用水の確保である。同古墳近くの専行院には明治29年(1896年)2月に建てられた「修陵餘潤(よじゅん)の碑があるが、これは周濠の普請完成を記念したものである。

a0237937_08221141.jpg


天皇陵古墳の歴史も、おもしろい

a0237937_08252133.jpg


by koza5555 | 2017-10-11 08:25 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

演能 「野守」と春日野の池とは雪消ノ沢だろうか

10月9日、「田原本の能」で「野守」を鑑賞してきた。第17回、全国障害者芸術・文化祭なら大会(9月1日から11月30日)の企画である。

狂言「棒縛り」(ぼうしばり)、金春流 能「野守(のもり)」の演能の鑑賞が無料という破格の条件だった。
安易だが、いつものように『マンガ能百番』のコピーをもって出かける。場面ごとにあらすじをマンガで示してくれるので、とても役立つのである。

a0237937_19422357.jpg

さて、
出羽の羽黒山を(葛城大峰をめざして)出た山伏が、春日の里を訪れ、鏡のような美しい池を見つける。野守の翁が現れ、「池は朝も夕も野守の姿を映し、野守の鏡といわれる」と説明する。

真の野守の鏡は鬼神が持っていたもので、、昼は人になって野を守り、夜は鬼なって塚に住んだという。(田原本町パンフから)

a0237937_19473778.jpg

a0237937_19412375.jpg

この池が気になった。

この池を春日の飛火野の「雪消ノ沢古蹟跡」に充てたい。理由はあるが、僕の独断である。

「雪消ノ沢」(ゆきげのさわ)は

「春日野の 雪消の沢に 袖垂れて 君がためにと 小芹をぞ摘む」(藤原仲実 (平安後期の公家,権大納言)『堀川百首』 春 71)と古歌にも歌われている名所なのである。

 を

a0237937_19414824.jpg
  雪消沢古蹟。春日大社参道を東にすすみ、バス通りを越えて
  右側、飛火野に入ると小さな池、池の中に石塔が立っている。

湧き水であること

春日野の飛火野にあること

近くには塚(春日山古墳群)が密集していること

などの状況証拠は、バッチリであるが。



今日は、狂言、能、楽しませて頂いた。

蛇足だが、野守は鏡がテーマ。狂言の棒縛りも杯が鏡となって映しだすがテーマで、今回のテーマは・・・鏡・・・でしたか。

今回の演能は田原本町町青垣歴史センターが会場だった。田原本には鏡作神社があり、鏡造りの長くて深い鏡の伝統がある。そんなことから鏡がテーマだった?と推測したりして楽しんだ。能もおもしろい・・・・・



by koza5555 | 2017-10-09 20:01 | 奈良 | Comments(0)

山の辺の道―黒塚古墳と長岳寺。話題の「洋食Katsui」のランチ

10月の「大人学校」の参加を再度、募集いたします。

コース名は、山の辺の道黒塚古墳と長岳寺。話題の「洋食Katsui」のランチをいただくグルメウォーク

「洋食Katui」のお弁当をいただくウォーキングを計画しましたが、予定した参加人数の申し込みありませんでした。それで、コースは変えずに、「洋食Katui」のお弁当をやめて、ランチをいただくことにしました。料金も値下げいたしました。なにか、魅力度がそうとうアップいたしました。おいでになりませんか。

a0237937_19242134.jpg

「洋食Katui

日時は平成29年10月25日 ()。

行程はJRまほろば線柳本駅黒塚古墳見学崇神天皇陵昼食(洋食Katuiのランチ)長岳寺 →景行天皇陵 →神籬(ひもろぎ)→穴師坐兵主神社(相撲神社)→珠城山古墳→巻向駅

集  合:JRまほろば線 柳本駅改札口前 午前10時

解  散:JRまほろば線巻向駅

参 加 費:1,200円(拝観料350円、資料代他経費・講師料など)

食事はレストラン(洋食Katsui 山の辺の道を予定。各自払いで、ランチは1500円です)

持 参 品:飲み物・帽子・雨具をお持ちください。*歩きやすい靴でおいでください。

そ の 他:小雨は決行ですが、コース変更をする場合もあります。                   

歩行距離は約6km程度です。急坂はありません。

申し込みは 「大人の学校」の溝口博巳090-8986-8844、もしくは雜賀耕三郎、090-5069-8382

申し込みの締め切りは、平成29年10月18日(水)です。

a0237937_19251890.jpg
黒塚古墳
a0237937_19250328.jpg
景行天皇陵から大和三山をのぞむ
a0237937_19234134.jpg
これぞ、山の辺の道。三輪山を望む。額田王の歌碑も




by koza5555 | 2017-10-01 19:30 | 桜井・山の辺 | Comments(0)