ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

「山の神」と「山の子」

父母のお墓詣りのため、生まれ育った岐阜市の野一色に帰った。

さて、今日は岐阜の「山の子」の話である。
いのこの暴れまつりのことを奈良まほろば検定で学んだ。
桜井市の高田の祭である。山口神社の山の神に捧げたもの子供たちが奪いあい暴れる祭りである。
この祭りのことを考えながら、岐阜市の野一色の「山の子」を思い出した。

a0237937_1051958.jpg
山の子のポスター、山の子の松明の絵があればいいんだけど…

「山の子」のお祭は、大きなワラ人形を松明にして、夕暮れの神社の境内を駆け上がり、「山の神」という石にその火を奉納するという行事である。

春、田植えの前に山の神を迎える。秋、12月の満月の日に盛大に松明で山にお送りするという祭である。来年もよろしくお願いしますという気分もあるが、一番は「山の神に山へお帰りいただく」という目的である。

岐阜市の中山間部では当時、広く行われており、濃尾平野に面する野一色がその南限であった。

「山の子」は面白かった。
ワラで大きな松明(人形)を作った。
我が家は農家ではなかったからワラ束をいただく必要があった。竹も切ってきた。
しっかりと締め上げたワラ人形を作らないと、参道を駆け上がるまでに燃え崩れてしまう。子どもの力には余る仕事だったが、ほんとうに頑張って作り上げた。。
松明行事が終わった後は、自分たちで集めた材料で五目御飯が炊きあげられた。
この五目御飯は美味しかったが、その材料のお米や野菜を集めて回ることも行事の一環である。
a0237937_10503584.jpg
岐阜市野一色の白山神社

僕らの頃は野一色の男の子だけの行事だったが、その後中止となった。
現在は小学校の男女全体が参加する行事とのことである。
一旦は中止になったが、今では小学校の課外活動として復活しているのである。
# by koza5555 | 2012-08-14 00:08 | 旅行 | Comments(0)

日本武尊と草薙剣

熱田神宮を参拝した。

a0237937_2236373.jpg
拝殿前。初詣は大量の警察官によってロープ規制が行われる。


熱田神宮には何十回行っただろうか。
若いころから公私ともに行く機会は多かった。
昨年の秋、甥の結婚式で祈祷殿、熱田会館を訪れた。

a0237937_23131539.jpg
正面参道と東西の参道が合流するところの大楠(おおくすのき)。

古事記、日本書紀を読んでくると熱田神宮への見方は一味、違う。

草薙剣の剣が祀られていることはよく知っていた。
熱田大神は草薙剣を御霊代(しろ)として、天照大神であるとの解釈があったり、
日本武尊こそを祀っているのではという解釈もあるとのことで、これは驚いた。

こんなことも知らずに、何を考え、何を見てきたかとと思うと忸怩たるものがある。

日本武尊は東伐に当たり、伊勢神宮に倭姫命を訪ねて患い泣いたところ、草薙剣を賜った。その力も借りて、東伐を成功させて終わりに帰還する。尾張国造の娘、美夜受媛(みやずひめ)の元に戻る。
日本武尊は草薙剣を美夜受媛に預けて、伊吹山の山の神をとりに山の登るが、逆に伊吹の山の神のたたりを受け病床につくというのが、記紀ともどものアラ筋である。


したがって、熱田神宮はその剣を祀り、相殿として天照大神、素盞嗚尊、日本武尊などが祀られているのである。

素盞嗚尊は、ヤマタノオロチ退治の際に、ヤマタノオロチの尾の中から剣を発見し、天照大神に献上した。天照大神は、その剣を天孫降臨の際に迩迩芸命(ににぎのみこと)に授けたということである。

三種の神器のうち草薙剣は熱田に置かれ、伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えている。

最後に。
名古屋市の下水道のマンホールのデザイン、これはなんだろう。
蜂ですか。いやあ、水すまし、アメンボだった。水がきれいになるようにという分かりやすい話しらしい。十数年前のコンクールの入賞作で、その前は幾何的な模様だったと記憶している。

a0237937_22382360.jpg

熱田神宮から出てきたところで、マンホールの図柄が気になった。始めは「蜂」かと思い、「名古屋市章の丸八の語呂合わせ?」などと思ったが・・・

ちなみに名古屋市の市章の丸八印は尾張徳川藩の略章から採られたとのことである。
# by koza5555 | 2012-08-13 00:05 | 旅行 | Comments(0)

蓬莱軒でひつまぶし

父母のお墓詣りに岐阜に帰った。
昼食は名古屋により、蓬莱軒の本店で「ひつまぶし」とした。
a0237937_6312935.jpg

蓬莱軒のひつまぶし 3100円

蓬莱軒が「ひつまぶし」の商法登録を持っているとのことである。
名古屋生活が長い僕は、「ひつまぶし」なら瑞穂区のどこ、千種区ならあそこ、豊橋ならあっち、おちょぼ稲荷なら…と講釈は限りないが、今日は本家の宮の渡し(熱田神宮の南方)の蓬莱軒に寄ることにした。
ちょっと遠回りだが、名古屋市南部の都市高の整備がすすみ時間的にはあまり差がない。

奈良に来てから、大阪、奈良とウナギ屋はたくさん回ったが、まだ納得のいくものに会えていない。
久しぶりにウナギが満喫できた。
「ひつまぶしは普通サイズでも量が多すぎ」というあっちゃんは、丼の並にしたが、これはこれで十分満足できる。

a0237937_62344.jpg
ウナギ丼並 2100円

蓬莱軒は宮(名古屋)と桑名を結ぶ七里の渡し(しちりのわたし)の宮の宿にあった。
東海道53次の日本橋から数えて41番目である。

宮と桑名の間、30キロを4時間程度で移動したとのことである。
陸路で言えば、荘内川、木曽川、長良川、揖斐川と幾多の川、幾多の渡しがあり二日程度は確実にかかる。
海難事故が多くてもこの時間差は魅力的である。

a0237937_625430.jpg
七里の渡し公園

この「宮」の陣屋跡地に蓬莱軒の本店が創業された。
いまも「宮」宿の渡船場跡は、宮の渡し公園として整備されている。


蓬莱軒、180席というから大きな店である。
だからと言って鰻を粗雑には扱わない。
「焼きたての鰻を熱々のごはんで提供する。席に着いたらすぐひつまぶしがきた。これでは鰻屋ではありません。お客様の顔を見てから鰻を火床にかける」のが蓬莱軒の姿勢である。

蓬莱軒、TEL052-671-8686、水曜日(祝日は除く)が定休で電話予約は会席料理のみとのことである。
店に行き、受け付けがすむと来店時間が指定される。僕等は40分待ちであったが、出てきた時は90分待ちになっていた。
待ち時間を見ながら宮の渡し、熱田神宮などの参拝など時間の使い方が有効にできる。
# by koza5555 | 2012-08-12 06:09 | | Comments(2)

神宿る大和  奈良市写真美術館

「無料の奈良市立写真美術館へ」という鹿鳴人さんのブログで、奈良市写真美術館が無料であることを教えていただいた。
a0237937_22213080.jpg
写真美術館。後景は新薬師寺である。

節電対策のため、「電力需要が増える正午から観覧料を無料とし、ご家庭のエアコンをオフに」という取り組みだそうである。
午後から無料、子どもの夏休み期間中の行事である。
展覧会のテーマは古事記で「入江泰吉 神宿る大和」と題した記紀万葉プロジェクトである。

あっちゃんと行ってきた。もう少し早く行く計画だったが、寄りたいところの日程との兼ね合いで昨日となった。

あっちゃんと美術展、写真展に入ると、いつも出口で僕が待つというのがパタンである。
今回はさすがに古事記を思い起こしつつ、画像一枚一枚に見入ってしまった。
序を併せた上つ巻、中つ巻、下つ巻を読むことができた。

 本展では、『古事記』に記される天地開闢(かいびゃく)の舞台「高天原(たかあまはら)」の伝承地のひとつ御所地方、神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと=神武天皇)の「神武東征」経路である吉野・宇陀地方、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が登場する「三輪山伝説」の三輪地方、雄略(ゆうりゃく)天皇と葛城一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)にまつわる初瀬地方と葛城地方など、神話や伝説の舞台を入江作品で紹介します。大和路の風物の美を追求するだけではなく、そこに暮らす人々の姿や変わりゆく街の表情をとらえた写真も数多く撮影し」写真展です。(写真美術館HP)

古事記で辿る大和路は、と問えば入江泰吉はきちんと応えていたという展覧会であった。

昨年の「大和の暮らし」と合わせて、今回の「神宿る大和」で、あっちゃんの入江泰吉への好感度は大幅アップである。
a0237937_222272.jpg
美術館、ホールから。カメラはここまでである。

会場への階段には昨年の「大和の暮らし」が現代の写真と並べて掲示されている。昭和20年代、30年代の町の姿と合わせて、生き生きとした子どもたちの姿が描かれている。
自分たちの人生を思い起こしながら、この子たちの人生もどんなだったんだろうと思う。

また、40年前の雪の降る三輪山の絵を見ながら、あっちゃんは「今日は寒いね。ワッ、三輪山も真っ白」なんて父母と話していたんだとも思う。

古事記1300年、しっかり思える写真美術館であった。
# by koza5555 | 2012-08-11 00:19 | 奈良 | Comments(2)

一語一笑

一語一笑(いちごいちえ)で昼食をいただいた。
あっちゃんは六角弁当。
折り畳み式の弁当に先付け、刺身、天ぷら、焼きもの、酢の物、煮もの、ご飯、お澄ましで1200円とお値打ちである。
a0237937_8283791.jpg


僕は桶盛り膳。
豪華であるが料理は六角弁当とほぼ変わらず、日替わりの手づくりデザートが添えられて1500円だ(いずれも昼食のみ)。
a0237937_829562.jpg

今日のデザートは濃厚なプリンである。
a0237937_15472540.jpg


僕等は理由のない外食はめったにしない夫婦であるが、今日の外食の理由は写真撮り(?)。
一語一笑は、おばあちゃんの年忌が重なってきて「いくらなんでも同じ店で3回は」ということで、探し出したお店である。
25名くらいまでなら対応できて、ツアーなどでも使ったことがあった。

「奈良にうまいものなし」というが、桜井はそれどころではなく「桜井は食べるところがない」とさえいわれている。
その中で5月20日(日)には「桜井一番~ん」というグルメグランプリが開かれ、新たに数多くのお店が脚光を浴びた。
そのグランプリに一語一笑も出場している。
「五色稲荷」を作り、幟も作って参加した。

その五色稲荷をお土産で買ってきた。450円である。とてもおいしいが、小型の稲荷でこれだけでは昼食には不足である。
a0237937_15481187.jpg
左から稲荷、抹茶、一味、竹炭、柚子である。

桜井で落ち着いてお昼に和食を食べたいと思ったら、ここは「一番~ン」である。
タクシーでも桜井駅の南口からでワンメーター、車なら国道165号を東に向かい多武峰に上がる県道37号とのT字路の東南角である。
一語一笑 ℡0744-43-1518
a0237937_15485912.jpg


ツアーやハイキングの食事の参考にしていただきたいとお値段はきちんと書かさせていただいた。
# by koza5555 | 2012-08-10 00:06 | | Comments(0)

腹だけ痩せる技術

最近のあっちゃんは英語の本は買うが、日本語の本はほとんど買わない。
そんなふうに言うと少しかっこいいが、英語の本と言ってもPBだったり、英検の受験本だったりであるが・・・
そのあっちゃんが「腹だけ痩せる技術」(植森美緒・メディアファクトリー新書)をアマゾンで買った。

a0237937_17334266.jpg

一日の内に読み切って「腹をへこますだけでウエストが細くなる。ダイエットができる」と言い、疑心の僕に「信ずる者は救われる、読め。簡単だ」と激しく迫ってきた。

4年ほど前に「レコーディングダイエット」で頑張って、74㎏まで行った体重を、半年で61㎏まで落とした。
現在は相当戻って66~68㎏である。
このまま、リバウンドがすすむと痩せた時に買った服が使えなくなるから、すこし危機感が出てきており、読むことを拒否することはできない。

植森さんの本はいくつか納得はできる。
「食事制限、有酸素運動がダイエットに効果的というが、無理をしているためにリバウンドは避けられない」という指摘はなるほどである。
植森式ダイエットの中心ポイントは、「お腹をへこます運動」(ドローインという)だけで、形状記憶でお腹だけが細くなるという論理である。
カロリーのコントロールはその後のことで、本格的な肥満の人は食べないことで、身体がエネルギー保存の抵抗力を強めて、逆にダイエットの妨げになるとさえ言い切る。

論理は非常に明確であるが、植森式も継続させなければ意味がない。これがむずかしい。
ダイエットにはこれがカギという極端な処方箋は僕にはなかなか理解しがたい。
カロリーも運動も、やはりバランスよくではなかろうか。
そして、一番大切なことはいつもそのことを自覚していることが大事である。

それにしても、面白い本を読んだ。
エレベータに乗る時、信号待ちで立ち止まる時、退屈した時など、いつもドローインである。
一読の価値はある。


# by koza5555 | 2012-08-09 00:06 | 読書 | Comments(2)

八ツ房杉 菟田の高城

八ツ房杉、久しぶりに訪れた。桜實神社の境内にあり、国の指定した天然記念物である。
a0237937_0371940.jpg


ツアーで宇陀市を回る。
宇太水分神社のあとに宇賀志、宇賀神社まで回る。
神武(カムヤマトイワレヒコ)東征の路を辿る。ここらあたりは兄うかしと弟うかしの苦悩と対応を考えるがテーマである。
単純に兄うかしをずるくて悪者みたいなガイドはしない。

古事記(日本書紀もほぼ同文)は、この兄うかしによって流された大量の血、この場所を宇陀の血原とまで念入りである。
この血原、実は丹生のことを言っているのではないかとさえ考える。
宇陀志も近代、現代まで水銀を掘っていた大沢などとも至近で、入谷(にゅうたに)などと同じような血のような砂で覆われていたところではなかったのだろうか。

それはそれでいい。
兄うかしと攻め滅ぼしたのは「大伴連等の祖、道臣命、久米直等の祖、大久米命の二人」である。
カムヤマトイワレヒコはその時、どこにいたか。どこで作戦指揮をとったのか。
菟田の高城?

ここに僕は上がっていなかった。
八つ房杉は何度も訪れた。
つい、菟田の高城、これは伝承だからとパスしてきた。
でも、菟田野をガイドしようと言うならば、これは間違っている。
a0237937_0351130.jpg

よく整備されている。久米歌の大きな掲示板が印象的である。
# by koza5555 | 2012-08-08 00:38 | 宇陀 | Comments(2)

またまた八咫烏の出番。ロンドンのサッカー

このブログをアップした頃には、もう結果は出ているが。

a0237937_20265187.jpg
八咫烏神社の八咫烏モニュメント。心なしか、いつもより賽銭も多いようである。
宇陀市榛原の八咫烏神社の境内には、ワールドカップ日韓大会の時に、寄贈されたサッカーボールを頭に乗せた八咫烏の石像がある。
日本サッカー協会のシンボルマークは三本足の八咫烏で、1931年(昭和6年)からというから、古くからである。

7日、丑三つ時に女子サッカーはフランスと決勝進出をかけて戦う。

前を向く八咫烏と遠ざかる八咫烏である。八咫烏はどちらを向くだろうか。
八咫烏が正面から襲いかかるなら日本の勝ちである。
遠ざかる八咫烏なら、どうだろうか。神武天皇の東征にちなむならば、先導する八咫烏こそ勝利への導きである。
したがって、八咫烏がどちらを向こうと、日本の勝ちと出たが・・・


皆さんが、これを読む頃にはもう結果が出ている。
これを書くために、前からと後ろからの八咫烏の写真を撮りに行ったという熱意で今日は免じてほしい。

a0237937_20283079.jpg
鳥居越しの伊那佐山
# by koza5555 | 2012-08-07 00:05 | 宇陀 | Comments(0)

菟田野の水銀鉱山跡、見田大沢古墳群

所用があり、菟田野に行ってきた。
5日のことである。霧雨のような小雨が降ったが、後で聞くと桜井あたりでは全く降らずで、さすがに宇陀は一味違う。

所用を済ませた後、大沢の村を歩いてきた。宇太水分神社中社の裏山を越えて奥に入る。

a0237937_741112.jpg
見田・大沢古墳群というのがある。4世紀から5世紀の前方後円墳が丘の上に点在するという。これが見たかった。

いま一つは、昭和46年まで採掘していたという菟田野の水銀鉱山の跡が見たかった。
宇陀を語ろうとすれば、水銀、丹の説明は必須である。それ抜きに宇陀の歴史は語れない。
先日もそんな話になった時、

大和の 宇陀の真赤土(まはに)の さ丹つかば そこもか人の 吾をことなさむ」(巻7-1376)(赤土・はに)を引いて、熱心に話すと、「古代のことは分かったが、採掘の跡とかあるの?」と聞かれた。
むにゃむにゃと言っていたが、これは心に残った。

そんな具合で大沢をいろいろ回ってみた。

大沢の入り口でバイクに乗り走ってくる婦人に声をかけた。
「水銀の鉱山だった跡地があると聞くが・・・」と言っただけで、「もう何十年も前のことだよ。そんな調べてどうするの」と警戒心いっぱいである。
扱っていたのが無機水銀だと言うが、県が芳野川の鮒の水銀検査をしていた(今は安定しているということで中止されている)くらいだから、それはよくわかる。
それはそれでわかっていただき教えていただいた。

a0237937_784782.jpg

大沢鉱山跡、現在は分析施設が残っているということだが、外からはわからない。
道路から入れない神社があった。鉱山の守り神だろうか。どんな方が坐すのだろうか。


ところで、「見田・大沢古墳にも上がろうと思う」と言ったら、「今の季節はマムシが一杯、そんな服装では入ってはダメ」と言われて断念である。
大海子皇子東国発ち、菟田の吾城(阿騎野のこと)で、屯田司(みたのつかさ)の舎人土師連馬手が食を供ったが、見田・大沢古墳群の見田はその屯田司と関連があるとのことである。
# by koza5555 | 2012-08-06 07:14 | 宇陀 | Comments(0)

パワーポイント

とりあえずサッカーすごかったですね。
二重三重の備えの大切さをエジプトを見ながら考えました。
さらに上をめざせ・・・で、二回目の八咫烏・・・・・・・・!

a0237937_2204459.jpg


ところでパワーポイントって、やったことありますか。
僕も若い時から、人前でお話をしてきたが、実はパワーポイントをやったことがなかった。
若手がどんどんやるようになっても、頭を下げて聞きに行かなかった。
そんなふうに年金生活に入ってしまった。

6月に「記紀万葉風で、桜井のいいところを紹介するような話ができないか」というお誘いがあった。
「桜井のいくつかの行事、祭祀を取り上げながら、記紀万葉とか菅笠日記(本居宣長)をたどるようなお話しなら、すぐできます。でも、資料をそろえてのレジュメ方式ですよ」と答えた。

準備を始めると、すぐに問題が発生した。
「桜井のいくつかの行事、祭祀を取り上げながら」という話は、画像なしではとても無理である。ワードで写真を貼り付けながら資料を作る?
確かにできるが、いかにもでもある。

そこでパワーポイントに挑戦することになった。
パワーポイント30枚、75分くらいの話を作り上げたところである。

a0237937_2261937.jpg


講演を聴きながら、あなたのパワーポイントは誰が作ったの?
どういうぐあいに操作するの?と聞きたくなったことが何度もあったが、やってみれば、作るのは打ほどでもない。
問題はつかいこなせるかどうかである。


講演は10月に入ってからである。
日程はまだ先であるが、パワーポイントの使いこなし、話の内容を「事前公開」するという企画をもつことになった。

パワーポイントのベテランも参加することから、その種の問題は何でも聞ける。
僕も講演の「事前講演」などはやったことがないが、内輪の勉強会みたいなものだから、俎上に上がりましょうと言う気分である。
将来にわたっての僕の持ち球が二つも増えそうで、今更ながら少しワクワクする。

この「事前講演」を8月29日(水)夜、西大寺で行う。

その頃もきっと暑いでしょう。夕涼みがてら、ぜひおいでください。
# by koza5555 | 2012-08-05 00:30 | パソコン・インターネット | Comments(2)

三輪そうめん

三輪山勝製麺の倉庫市のチラシが入った。5日、6日の営業である。
200mも離れていない、ご近所のことだからとのぞいてきた。

a0237937_125161.jpg


大盛況である。
大包みで格安というのもあれば、割安ギフト商品というのもあり、レジ前は数百人という長蛇の列である。
この不況にというか、不況だからこそというか。

a0237937_1281286.jpg

三輪山勝製麺の倉庫は昨年にできた。阿部は木材団地で有名だが、素麺の工場や倉庫はいままで見ることがなかった。
工事中は、「なんの工場か」と思っていたが、町の役員会で、新たに「出作」(協力金というが)をいただく事業所と紹介されて初めて知った。

8月に入って、こんな勢いで素麺が売れれば、山勝にとっても申し分なかろう。
お客の方も、大儲けした感じでホコホコである。
「さあ、今日からまたまた、そうめん食べるぞー」という感じか。

a0237937_1272139.jpg

一方、三輪そうめん山本も6日(月)は「七夕そうめん祭」を開催する。
流しそうめんあり、そうめん延ばし実演あり、そうめん量り当てクイズなど親子で楽しめそうな一大イベントである。
YAMATO超人ナライガーのそうめんフラッシュも、ま、見てみたい。

桜井のそうめん業界、30日の三輪素麺感謝祭に向けて気合十分である。
# by koza5555 | 2012-08-04 12:10 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

粟、清澄の里

僕の誕生日は30日だった。
30日あたりは日程がいかにも込み合っていた。
「どこへ行く?」とあっちゃんから声がかかる。
「粟 清澄の里に行きたい」ということになり、2日に行ってきた。
a0237937_21535684.jpg
粟 清澄の里

先日、まほろばソムリエの会の総会で春日大社の岡本彰夫権宮司の講演を聴いた。

「粟」の三浦さんを激賞した。
その人柄に惚れて、春日年中神供材料品目一覧を見せたほどだ。

「粟」は奈良伝統野菜を提供しようと力を入れている。栽培が困難で、収量も低い、土地を変えたら本当の伝統野菜と言えるかという問題があるが、それを取り組んでいる。
その例として、十津川の粟を紹介された。十津川の粟に「むこだまし」があった。剥くと白い。搗くとおいしい。入り婿さんに「これはコメの餅」とだませるほどのもので、「むこだまし」という。
三浦さんはこの「むこだまし」を復活させた。頂いてきた納屋の隅の一握りの粟から復活させた。

さらにこの粟を使い、粟成(あわなり)を作った。春日大社で皇族に食べていただいたこともあるという。

そんなことから、粟、清澄の里を今年の誕生日に選び、2日に行ってきた。

a0237937_21553864.jpg
先付

a0237937_21571580.jpg


a0237937_21573918.jpg
煮物

a0237937_21593718.jpg
陶板焼き

a0237937_222761.jpg
トマト盛り合わせ?

a0237937_2271598.jpg
舞鶴のサクラ干し
a0237937_2274411.jpg
ごはん
a0237937_2282497.jpg
デザート

おいしかった。
圧倒的な野菜、60種だった。
少し書くと、料理にダブりを感じた。
デザートに粟成(あわなり)とショートケーキというのはいかがか。打ち消しあっていると思うのは、僕だけか。

粟、清住の里、ミシュランの星である。
前日までの予約が必要である。
# by koza5555 | 2012-08-03 00:04 | | Comments(4)

御破裂山

a0237937_22543268.jpg
御破裂山のことである。
桜井市民にとっては、三輪山や音羽山と並んで毎朝、毎夕眺める景色である。

僕の所属する民生・児童委員の協議会は3ケ月に一度、特別養護老人ホーム、「大和桜井園」で清掃奉仕を行う。

a0237937_20133524.jpg

今回の清掃は男女別々の仕事で、男がガラス窓の外側、女性がベッドのシーツ替えとなった。
a0237937_20141531.jpg


日ごろから園はきれいにしており、少々拭いたからといっても、あまり掃除の達成感は感じられない。
だから、園にとってどれだけの効果があるかは不明であるが、特養の現場を見学するという点では、民生委員にとってはそれなりの意義がある。

入園前から相談してきた方に会えたりもするし、老い先を考えたり介護を考えたりで、僕らにとっても、それなりに満足できるボランティアである。

ところで、この大和桜井園、場所は安倍文殊院の南側に当たる。
そしてベランダから南方を見ると談山神社を囲む御破裂山が目の前にクッキリと見える。

a0237937_237784.jpg

右側の鶏のトサカのような、ちょっと切り立った森、これが御破裂山の頂上である。
地元の方は子どもの時からこの山容を毎日見て育つ。
北海道土産の「熊の置物の背中のラインだ」という意見も多く、「トサカ?いやあれは熊の耳」とおっしゃる。

いずれにしても、熊の耳であれ、トサカであれ、そこが藤原鎌足公の多武峰墓である。
いわゆる多武峰の鳴動もこの鎌足公の多武峰墓を中心に光が発せられ、大地が鳴動したとのことである。

唐から帰国した定慧(じょうえ、鎌足公長男)和尚が、すでに摂津国島下郡阿威(あい)山に葬られていた父の遺骸を、父の遺言のまま多武峰に改葬したとのことである(多武峰縁起による)。
多武峰の鳴動は鎌足公の怒りだから、特別の力があったというものである。

山の名前も「御破裂山」だから、おどろおどろしい。
# by koza5555 | 2012-08-02 00:11 | 桜井・多武峰 | Comments(2)

花火の撮影

おんぱら祭(御祓祭)

おんぱら祭、桜井でも安陪あたりまで来ると、「花火大会」である。

a0237937_22282155.jpg
花火をじっくり見ていただこう。

a0237937_22285459.jpg
後景は三輪山である。

a0237937_22293675.jpg
これは昨年のものである。今年はいた場所が悪くて横から見てしまった。

一応、花火撮りの工夫はある。
僕の撮り方は
カメラは一眼レフ、三脚が必須である。
まずシャッタースピードをオートをかけたまま30秒くらいにする。
適当な花火をターゲットにシャッターを切る。
レンズを手で覆い、次の花火が開くのを待つ。
撮りたい花火の時だけ、覆っている手を外す。
またレンズを手で覆う。
30秒経つと狙った花火が映っているという、そんな具合である。

a0237937_22364896.jpg


おんぱら祭りは大神神社摂社、祓戸社である綱越(つなこし)神社の祭祀である。
桜井では年間を通しての一番のお祭り。

午前10時からの祭祀では、神馬と人の茅の輪くぐりがある。
「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は
千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶといふなり」の古歌を唱えながらくぐる茅の輪をくぐる。

総じて、奈良の祭祀は夏の備えに重点があるというのが僕の感想である。
古代から人口の密集、盆地の閉塞性、夏の暑さなどにより、夏季の疾病が厳しかったという見方はないだろうか。
# by koza5555 | 2012-08-01 00:07 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

古事記編纂 1300年の切手

a0237937_22301530.jpg

古事記編纂 1300年の切手

「古事記の1300年―日本の一番古い年代記」という特殊切手が、7月20日から発売されている。

この切手を郵便事業会社が荒井正吾奈良県知事に贈呈したという新聞報道(奈良新聞7月28日付)をみて、あわてて買ってきた。

「切手はどんな話題性があるものでも定価以上のものは買わない」が我が家の申し合わせ(?)であるが、これは80円切手10枚のシートが800円で問題はない。

何気に手に取ったが美しい。

a0237937_22304385.jpg

実質は4枚がセットになっている。

ニニギ命の妻、木花の佐久夜姫(コノハナノサクヤヒメ)。
天皇命等(すめらみことたち)の寿命が有限となる始めと古事記には書かれる。

ヤマトタケルも取り上げられている。
「火退(ほそけ)」である。小碓命(ヤマトタケル)が向火(むかひび)で火を撃退する図である。
以上の2枚は堂本印象によるものである。

あとの2枚は出雲の八重垣神社に収蔵される板絵から取られている。
一枚はスサノオ尊
あとの一枚は稲田姫命

全体の取り合わせも絶妙で、美しく、ほれぼれする。

2シート買ったのみであるが、大切な手紙に貼られて全国に旅立つことになる。
# by koza5555 | 2012-07-31 00:05 | 奈良 | Comments(0)

桜井市夏季大学

今年の桜井夏季大学は51回目である。
40年も前に義父も参加したという桜井市夏季大学に、今年も受講の申し込みをする。

a0237937_22444360.jpg
会場は毎年、大神神社の大礼記念館である。

上田正昭先生や和田萃先生の講演をここで初めて僕は聞いた。

お話は、本と比べるとていねいな所もあるが、アウトライン的な話もあってその落差に少し驚いたりした記憶もある。
しかし、生で聞く話は迫力もあるし、説得力もある。何よりも楽しい。

a0237937_22454451.jpg


今年の講師は白石太一郎近つ飛鳥博物館館長と帝塚山大学考古学研究所の甲斐弓子研究員である。
演題はそれぞれ「桜井市周辺の初期大王墓をめぐって」と「国際繁栄の視点から見た古代初瀬川周辺 古事記の中の桜井」である。

「こんな話かな」という素人判断が、見事に打ち破られるような壮大の転回、展開の講演になることを期待して、楽しみに待ちたい。

8月26日(日)、大神神社の大礼記念館で一日かけて行われる。

申し込みの期日は8月16日、先着250名である。
昼食代を含めてで、2000円である。

申し込み先。
633-0063
桜井市川合260-2(桜井市教育会館内)電話は0744-42-7530
氏名、住所、性別、年齢、電話番号、「桜井市夏季大学参加希望」と書き込んで申し込む。
代金は当日である。
# by koza5555 | 2012-07-30 05:43 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

ロンドンのなでしこを八咫烏が応援

a0237937_2342732.jpg
サッカー協会のシンボルマークは三本足の八咫烏である。歴史は古く1931年(昭和6年)からである。

古事記には、神武天皇の東征の時、熊野から大和へ入るときに道案内したのが八咫烏(やたがらす)と記されている。
この八咫烏を祀る神社が宇陀市榛原高塚の八咫烏神社である。
この境内には、ワールドカップの日韓大会の時に、寄贈された独特の八咫烏の石像があり、神武以来の歴史を誇ると同時に、日本サッカーの守り神とういう現世に直結する御利益がある。


さて、ロンドンオリンピックでの日本のサッカーは男女とも大活躍である。
28日、女子サッカーは予選リーグでスウェーデンと対戦した。

あまりテレビを観ないが、「サッカー見よ、なでしこ見たい」とのあっちゃんの提案で、見ることとなった。

この観戦は力が入った。
サッカーは攻守の移り変わりが目まぐるしく、観戦も油断ができない。

結果的には引き分けであった。
勝ちたいという思いがしっかりと」現れていて、いい試合だったと思う。
引き分けとなり勝敗なしであるが、日本女子サッカーチームはシュートが積極的で、ここが好印象である。

あっちゃんはヘッディングに合わせて頭を振るわ、シュートに合わせて足をバタバタ振るわで、ほんま、選手になりきって元気に観戦した。

日本サッカーチームのさらなる飛躍を期待する。


a0237937_2383433.jpg
八咫烏神社から伊那佐山を見て
# by koza5555 | 2012-07-29 00:08 | 宇陀 | Comments(2)

防人が歩いた路

a0237937_4285188.jpg

毎日の歩数を入れると、人形が日本地図の上をすすんでいくという仕掛けである。
日本一周歩こう会というバーチャルウォーキング「団体」である。

「北海道に入った」とか「津波被害地帯を歩いている」などと書いたことがあるが、とうとう箱根の山にさしかかり、地図の上でも奈良が見えてきた。
10月が来ると3年がかりという話で、我ながら根気がいいことであった。

一気に箱根を下れば、もう気持ちは奈良にまっしぐらというところであろうか。

今朝は万葉集を考えた。
防人である。
東国の防人は難波津までは歩いた。難波津で乗船、瀬戸内海を船で渡ったとある。

いまは駿河の国である。
水鳥の 立ちの急ぎに 父母に 物言(ものい)わず来(け)にて 今ぞ悔しき 
                    (巻20-4337)

詠人は不明だが、出した人は駿河の国の防人部領使守(さきもりぶりょうしかみ)と判っている。


もう少し先まで見てみると、奈良を越えて難波津を出港をするときの歌もある。

難波津を 漕ぎ出でて見れば 神さぶる 生駒高嶺に 雲そたなびく
                    (巻20-4380)防人

これらの歌はいずれも天平勝宝七年(755年)の歌である。
防人は奈良の都に立ち寄ったのだろうか。752年に開眼した東大寺大仏を見ることはあったのだろうか。

さ、そんなことも思いながら、あと600キロ、僕の歩数なら3カ月はかかる。
健康を考えながら、毎日着実に歩いて行こう。

日本一周歩こう会  けっこうおもしろい。
a0237937_4293481.jpg

# by koza5555 | 2012-07-28 06:23 | 健康 | Comments(0)

施基(志貴)皇子と紀橡姫(きのとちひめ)

a0237937_21372620.jpg
紀橡姫(きのとちひめ)、吉隠陵(よなばりのみささぎ)は鳥見山登山道(浄水場の手前)から入る。

鳥見山への道をしばらく登ると三叉路があり標識が整備されている。
榛原駅から鳥見山への登山道(歩行)は、警察署からまっすぐ北に上がるが、これとは別のいわば、西側登山道というべき道である。

a0237937_21382116.jpg
山腹を巻くように進むと小さい谷を渡り、さらに小さな尾根を越えると紀橡姫(きのとちひめ)、吉隠陵(よなばりのみささぎ)である。

a0237937_21391996.jpg

ここは7年も前にあっちゃんと来た事がある。
ここに来たのは早かったが、鳥見山も判らず、志貴皇子も判らない頃のことである。
木イチゴが密植しているとのあっちゃんの情報にもとづいての登山であったが、植生が変わってほとんど見かけなかったことを覚えている。
だから、写真もない。碑も見ていない。

写真が欲しいが、とにかく山の中である。山の上である。
26日の猛暑、一人で上ってきた。

紀橡姫(きのとちひめ)は光仁天皇の母で、志貴皇子(しきのみこ)の妃である。
771年、死後であるが皇太后の尊号が贈られ、その墓を山陵と言え、規則通りに斎(食事)も供せよと勅が出ている(続日本紀)。

ここで、本居宣長である。
明和9年(1772年)、春、榛原のあぶらやを出発した本居宣長一行は西峠を越えて吉隠に至る。

本居宣長は、光仁天皇の母である紀橡姫(きのとちひめ)の吉隠陵のことを尋ねるが、反応はなく「くちおしい」と嘆いた。
現在の「光仁天皇御母、春日宮天皇妃 贈皇太后吉隠陵」のことである。明治時代に紀橡姫吉隠陵と治定された。


国道165号の角柄(つのがわら)から直登する道が正面の道であるが、これは荒れ果てていた。
倒木も何ヶ所もあり、道は笹で覆われたりしている。宮内庁も今は角柄などから登ることはなく、鳥見山コースを利用していると思われる。

a0237937_21404731.jpg

250段ほどの素晴らしい石の階段は角柄からの道である。

初瀬谷から宇陀に入るにあたって、吉隠のことやこの陵、いずれも忘れることはできない。



西峠、角柄(つのがわら)などという山里を過ぎて吉隠に至る。
ここは古き書どもにも見えたる所にしあれば。心とどめて見つつ行く。
猪養の岡。また御陵などの事。(万葉歌に吉隠のいかいの岡、光仁天皇の御母の陵。
かごかける男に問うが、知らず。里人に尋ねるも、すべて知らぬので悔しい。(菅笠日記意訳)
# by koza5555 | 2012-07-27 06:33 | 桜井・初瀬 | Comments(0)

ふれあいいきいきサロン

a0237937_20585528.jpg

ふれあいいきいきサロン。健康体操、北国の春
「ふれあいいきいきサロン」を開催した。
町の75歳以上の高齢者全員に呼びかける集いである。
社会福祉協議会の仕事を町で分担している「地域福祉委員」がそのお誘いや運営を担当する。

一人一人の高齢者を訪ね、お話し、誘う活動である。
サロンの運営では、お菓子やお茶の準備、弁当の支度などで汗だくである。
弁当も煮物がタップリ入った「茶色」の弁当で、高齢者の嗜好に合うように工夫していただいている。
高齢者世帯の実態調査は僕がすすめて、資料を持つが、四人の福祉委員の方が、リアルタイムで地域の状況をつかんで見える。
頼もしい御婦人方である。

「ふれあいいきいきサロン」は、日常的に開いていることを趣旨としているが、それはなかなか難しい。僕の地域では、時期を決め、テーマを設定して開催している。

今回のふれあいサロンは、「健康教室を兼ねた懇談と昼食会、そしてカラオケ歌い放題」という企画である。

a0237937_2182234.jpg

健康診断。看護師との会話も楽しい
夏場らしく、食中毒のことを包括支援センターの協力で勉強した。
よく整理されたお話で、いろいろ思い当たる節もある訳で、70代、80代、90代の方が熱心に勉強する。

いつもの「北国の春」の健康体操をして、こころゆくまでの懇談である。
a0237937_20404612.jpg
北国の春、健康体操
カラオケも思う存分歌えて、みなさん、晴れ晴れとお帰りになった。
# by koza5555 | 2012-07-26 06:26 | 民生・児童委員・町内会 | Comments(0)