ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:万葉集 ( 26 ) タグの人気記事

「雄略」(Yurahaku)ポストカード、朝倉郵便局(桜井市)

産経新聞に「雄略天皇で町おこし」、「キラキラ★★ポストカード作成」、こんなふうに桜井市の朝倉郵便局が作成したポストカードが紹介されていた。

a0237937_13152672.jpg
雄略天皇ポストカード

 雄略天皇の宮殿「泊(はつ)瀬(せ)朝倉宮」の推定地に近い奈良県桜井市の朝倉郵便局が、雄略天皇をイメージしたイラストなどが入ったポストカードを作成、「ふみの日」の23日から同局で配布する。

 企画したのは、同郵便局の山下貴司局長(42)。ポストカードは縦14センチ、横23センチで、「雄略 古代国家統一の礎を築いた恋多き帝」などのロゴとともに、雄略天皇を現代イケメン風にイメージしたイラストが描かれ、万葉集巻1の冒頭に登場する雄略天皇の歌などを掲載。裏面では、その歌碑がある白山神社を紹介している。
ポストカードでは、雄略天皇を「超肉食系帝」と紹介。「データ」として、「好き=猪肉、女性」「趣味・特技=狩り(色んな意味で)」などとしている。
イラストを担当したのは桜井市内の広告制作会社のイラストレーター、米田友美さん。ポストカードは120円切手を貼ればそのままはがき(定形外)として使用できるほか、切手を貼って「消印台紙」としても使えるようになっている。
 朝倉郵便局の北東約600メートルの脇本遺跡では昭和50年代の発掘調査で、古墳時代の大型建物跡が見つかり、雄略天皇の泊瀬朝倉宮の宮殿跡の可能性があるとされている。同局では雄略天皇をイメージしたオリジナルのご当地消印も作製、今月1日から郵便物に押印している。

地元の黒崎地区出身の山下局長は、「雄略天皇は地元のヒーロー。古代の歴史を秘めたこの地域に多くの人に足を運んでもらいたいという思いを込めました。地元の人たちにも情報発信のツールとして利用していただきたい」と話した。

ポストカードの作製枚数は千枚。問い合わせは朝倉郵便局((電)0744・43・2407)。
(産経新聞7月23日付奈良版)


朝倉郵便局の窓口でお聞きすると、「ポストカードとして差し出すと120円(定形外)だが、『消印台紙』として持ち帰ると(52円切手を貼り消印を押す)と52円。台紙だけでは販売できないとのことである。

a0237937_13173889.jpg
朝倉郵便局消印

誰かに送れば120円、自分で持ち帰りたいと思えば52円、「朝倉郵便局に行かなければ手に入らない」というところがミソで、これが、これも一つの町おこしとのことである。

a0237937_13183327.jpg
旧伊勢街道、佐野の渡し・佐野の追分を東にすすむと朝倉郵便局である
by koza5555 | 2015-07-24 13:21 | 桜井・初瀬 | Comments(0)

あすかロータリークラブで卓話

あすかロータリークラブの会員の吉田さんからお話があった。
「例会で卓話の当番である。万葉集でも話して」とのことである。
吉田さんは、昨年の12月まで民生・児童委員でいっしょに苦労された方である。
ロータリークラブの会員とは一言も聞いたことがなかったけど。

a0237937_17262018.jpg
会場は橿原ロイヤルホテル

食事・例会のあとに会員が卓話をするとのことで、事情によっては誰かを連れてくるというシステムのようである。責任重大である、これは。
「万葉集を話せ」であるので、演題は「万葉集といまをむすぶ」と定めた。

a0237937_17252149.jpg

初めから・・・
倭は國のまほろば 畳(たた)なづく青垣 山隠もれる 倭しうるはし
倭健命(ヤマトタケルノミコト)を朗々と歌い上げるという作戦である。

続いて、万葉集の初まりというお話をする。
まずは雄略天皇。ワカタケル大王は国を広げたと埼玉の稲荷山、熊本の江田船山のワカタケル鉄剣で語り、九州から関東まで、実質的に支配したスーパー天皇だったと強調する。

「こもよみこもち」の巻一の1も求婚の歌ではなく、
「そらみつ やまとの国は おしなべて 吾こそおれ 
しきなべて 吾こそおれ 我こそは 告らめ 家をも名をも」と言い切るところは、国を広げる、いわばたたかいの歌と紹介するのである。ここらあたりの飛躍は、まあ、許されよ。

a0237937_17275869.png
続いて巻2の巻頭を飾る、磐之媛(イワノヒメ)皇后を語りつつ、衣通姫(そとおりひめ)を語る。


三人目は、万葉集の実質の一番目の歌い手としての舒明天皇である。
雄略天皇の巻一の1が「国を広げ、国を大きくしていく歌」とすれば、国を治めるため、暮らしを豊かにするための予祝の営みが施政者に求められた、これが舒明天皇の国見の歌だと紹介する。
万葉の時代もいまの時代もそれは同じことである。

a0237937_17293391.jpg
雪の中を撮ってきた平野南部

大和には 群山あれど とりよろふ 
天の香具山登りたち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は 鴎立ち立つ
美し国ぞ 蜻蛉島 大和の国は(万葉集巻1-2)舒明天皇 

とここで詠って、ピシリと終える。大きな拍手をいただいた。

実は、これらの話の間に相聞もたっぷりやったのである。
参加者は全員が男性、相聞はちょっとそこが難しい。愛の歌、恋の歌は男女のお客がいないと盛り上がらない。
熱心に良く聞いていただけたが、笑いが取れなかった。 よーし、またがんばろう。
by koza5555 | 2014-02-13 18:22 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

熱いガイドに旅満喫

15日(土)は奈良交通の「大和路万葉の旅」である。
車坂、檜原神社(井寺池)、大神神社、仏教伝来の碑、まほろばキッチン、忍阪、聖林寺を案内した。
健脚ならばハイキングとして歩き続けても楽しいコースだが、これは要所、要所でバスが待っていてくれるというツアーである。

お客様は20名、ガイド・サポートが4名で今回は産経新聞の記者とまほろばソムリエの会の鉄田専務理事が同行するという「取材ツアー」でもある。

a0237937_521296.jpg
これが、今日16日付の産経新聞である。「夫婦で奈良に転居」は誤りで、「結婚して僕が奈良に転入」である

井寺池のヤマトタケルの歌碑、大神神社の大美和の杜の笹百合園、忍阪の鏡王女墓、聖林寺の倉本住職の講話など、みなさんにすべてを喜んでいただいた。

午後になってからは激しい雨、奈良盆地では待ちに待った雨ではあるが、僕らにはタイミングが悪い。忍阪あたりからは大変な降りでぐしょ濡れとなったが、幸い全員が全行程に参加されて元気にツアーを終えることができた。

a0237937_6394920.jpg

また、忍阪では鏡王女の歌碑のあたりでお会いした地元の方が、お聞きすると忍阪の森本藤次区長で、詳細な「忍阪」のパンフレットを全員分持ってきてくれてたり、玉津島明神ではあいさつをしてくれたりでツアーは良い方向、良い方向で盛り上がった。


朝のことである。
お客様が全員そろう。バスが出る。僕にとってはここがまずは最大のヤマである。今回なら万葉集と桜井のかかわりを話しながら、万葉集のそのもの論とツアーの行程、目的もお話しする。
今回は雄略天皇のこと、磐之媛皇后のこと、舒明天皇のこと語って、万葉の時代と現代の桜井を一気に結びつけるお話である。

「さて」と始める段になり、テキストのすべてを忘れたなどと気が付いたらどうなりますか?
今回はこれだった。
もちろん、ここは力を入れて考え、調べ、練習したお話だから問題はなかったが、これは大失態だった。油断というより・・・何を考えていたのだろうか。
地元の活動だったから、あっちゃんに届けてもらい、途中からは対応できたことは幸いだったが深く戒めたい。


奈良まほろばソムリエとバスツアー 桜井の万葉歌碑巡る
2013.6.16 02:03
 ■熱いガイドに旅満喫

 奈良通で知られるNPO法人「奈良まほろばソムリエの会」のメンバーがガイドを務めるバスツアー「奈良まほろばソムリエと歌って巡ろう!大和路・万葉の旅」が15日、桜井市内の寺社や遺跡などをコースに開かれた。万葉集の和歌などが刻まれた碑を巡る日帰りの旅で、参加者たちは熱のこもったガイドの案内に耳を傾けながら“古代のロマン”を満喫した。

 同会は昨年9月から奈良交通とタイアップしてバスツアーを企画し、今回は万葉集ゆかりの地に建立された歌碑を巡るツアーを開催。ガイド役には、奈良のご当地検定「奈良まほろばソムリエ検定」合格者が務め、同会の雑賀(さいが)耕三郎さん(65)がメーンガイドを担当した。

 バスツアーには県内外から約20人が参加し、奈良市内を出発。道中の車内では雑賀さんが万葉集の序盤に登場する“ヒロイン”として磐之媛命(いわのひめのみこと)を紹介し「当時の女性が元気で、大事にされていたことが伝わってくる」と魅力を語った。

 三輪山の麓では山中を散策しながら、檜原(ひばら)神社周辺に残された万葉歌碑を散策した。井寺池ではノーベル賞作家、川端康成が古事記から抜粋した「大和は国のまほろば-」の歌碑を見学。雑賀さんは、この歌碑がノーベル文学賞受賞演説の原稿から筆跡を拾い集め、刻まれたエピソードなどを紹介した。

 ツアーはその後、多くの歌碑が残る大(おおみわ)神社や聖林寺なども巡回。9月には同会のガイドとともに天皇御陵(ごりょう)を巡るツアーも開かれる。

 参加した斑鳩町の主婦、鶴間良子さん(62)は「ガイドの話は県内に住んでいても初めて知ることばかり。これまで断片的だった歴史の知識がつながっていくのが楽しい」と話していた。

産経新聞ウエブ版より
by koza5555 | 2013-06-16 06:44 | 万葉の旅 | Comments(2)

記紀万葉と万葉植物図鑑

まほろばソムリエの会が奈良交通とタイアップして万葉集のツアーをすすめているが、僕もこのツアー、①初瀬と桜井、②宇陀、③盆地南部(橿原・田原本、三宅)、④来年だけど藤原宮周辺の4コース8回を引受けた。

このツアーを受けた直後、入手した本は・・・「原色万葉植物図鑑」桜風社発刊、1960年代の本である。著者は小村昭雲さんというが、ご存命かどうか(明治35年の生まれである)である。
a0237937_21284986.jpg

奈良、「もちいどの」のフジケイ堂で幸運にも手に入れた。万葉集の勉強、これが僕のいまの宝刀である。

万葉集で忍阪をガイドする予定がある。
忍阪の玉津島明神にて、古事記の衣通王(そとおりひめ)の
君が往き け長くなりぬ 山たづの 迎へをゆかむ 待つには待たじ を紹介する。

当然、君が行き 日長くなりぬ 山尋ね 迎へか行かむ 待ちにか待たむ (巻2-85)磐姫皇后の歌を合わせて紹介することとなる。

明らかに出所は同じであるが、磐姫皇后の歌は「山尋ね」と書かれており、「山路をさがして」などと解説されている。
ところが元とみられる古事記の歌は「山たづ」とあり明らかな相異がある。しかも古事記には「やまたづは造木(みやっこき)というもの也」と注まで付けられているのである。
a0237937_2175461.jpg
山たづ。開花は今しばらく先か?

こういう時に、この「原色万葉植物図鑑」が力になる。
「山たづは現在のニワトコと解されている」とし、細長い葉柄が対になっていることから、万葉では逢うなどの対の意味にとり、迎えるという行為の枕詞として使うと解説がある。
a0237937_20325311.jpg
対の葉脈を持つニワトコの葉
これで忍阪の玉津島明神にて、右大将藤原道綱母、光明皇后と並んで本朝三美人という衣を通してその美しさが光るという衣通姫(そとおりひめ) の歌が存分に語れるというものである。
君が往き け長くなりぬ 山たづの 迎へをゆかむ 待つには待たじ 
by koza5555 | 2013-04-20 21:30 | 万葉の旅 | Comments(0)

出雲国造神賀詞と雲梯

12月に橿原から田原本、広陵、川西にかけて万葉集のツアーをガイドする。
犬養孝の万葉の旅(上)、平野南部の巻である。
ここで雲梯(うなて)の森が出てくる。超有名歌が二首ある。
a0237937_2065957.jpg
雲梯の川俣神社

この神社の森が「真鳥(イヌワシ)住む雲梯の杜(もり)」といわれるような神々しい社(もり)なのである。
この「特別の森」はどこから始まるか、それは出雲国造神賀詞(いずものくにのみやっこのかんのよごと)に触れられるところから始まると言われている。

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんのよごと)は、新任の出雲国造(県知事みたいなもの)が天皇に対して奏上する寿詞である。
霊亀2年(716年)から天長10年(833年)までの間に15回の記録があり、さらにそれよりも数十年早くには始まっていたという論もあるようである。

この神賀詞(かんよごと)に国譲りのことや、オオナムチが天皇の世を支え、祝う言葉が連ねられている。

万葉集のツアーで雲梯(うなて)に行けば、この神賀詞を紹介する。
一番の簡単説明だと次のようになる。

出雲の県知事が「国を譲った。そしてオオナムチは出雲大社にいて、自身の和魂(にぎたま)は三輪に、子どもは葛城の鴨社に、子どもは雲梯に、子どもは飛鳥坐神社に坐して天皇を守っている」と奏上して天皇の世の末永きことを祝った。そこで言われている雲梯はこの場所で、神にかけてというような誓いの対象となるような神々しい森なんだ・・・という具合だ。

もう少しキチンと紹介するパタンであれば、
大穴持命は八百丹杵築宮(きつきのみや、出雲大社のこと)に御鎮座
この国は大倭国でありますと申されて
御自分の和魂(にぎたま)を八咫鏡に御霊代(みたましろ)とより憑かせて倭の大物主と御名を唱えて大御和(おおみわ)の社に鎮め坐させ、
御自分の御子、阿遅須伎高孫根命(アジスキタカネヒコ、オオナムチの三子)の御魂を葛木の鴨の社(御所市高鴨神社)に鎮座せしめ、
事代主命の御魂を宇奈提(雲梯)の河俣神社(かわまたじんじゃ)に坐させ、
賀夜奈流美命(かやなるみ)の御魂を飛鳥の社(飛鳥坐神社、事代主神・高皇産靈神・大国主と並んで)に鎮座せしめて皇御孫命の御親近の守護神なろう


こんなことを話しながら、川俣神社の由緒や雲梯の杜のお話しをするつもりである。


万葉歌は…

真鳥棲む雲梯の杜(もり)の菅の根を衣にかき付け着せむ子もがも  (巻7-1344)未詳
思はぬを 思ふと言はば 真鳥住む 雲梯の社の 神し知らさむ(巻12-3100)未詳


古い本だが松山健氏の「出雲神話」(講談社現代新書)を読み、出雲国造神賀詞奏上式を勉強した。
a0237937_20284880.jpg


この本では他にもたくさんのことを学んだ。いくつかを列挙すると・・
①出雲神話には虚像と実像がある。
虚像は記紀における出雲を舞台とする神話群
実像は「出雲国風土記」に記されている。
②出雲神話を国中に広めたのは巫覡(ふげき)である。神を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝える人。女性は「巫」、男性の場合は「覡」で合わせて巫覡という。
③出雲が大和朝廷に政治と文化で対立するほどの証拠はないとしている。
④出雲神話を大和朝廷に持ち込んだのは、出雲国造らの始めた神賀詞奏上式であり、これでオオナムチを売り込んだ。

とりあえず、こんな具合で出雲国造神賀詞の話が、できるところまでは到達できた。ツアーは12月である。
by koza5555 | 2013-04-19 20:37 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)

前川佐美雄

万葉集のツアーの準備で檜原神社に何回も通った。
a0237937_2331186.jpg

崇神天皇の時代、天照大御神を笠縫邑に祀ったという。これが檜原神社で伊勢への遷座後も祀り、「元伊勢」と今も呼ばれる。大神神社と同じくご神体を三輪山として、三ツ鳥居で禁足地を区切っている。万葉集では「三輪の桧原」と詠まれ、山辺の道の歌枕になっている。

この檜原神社の境内に誰しもが目につく形で大きな歌碑が置かれている。
a0237937_23324648.jpg
「春がすみいよゝ濃くなるまひる間の 何も見えねば大和と思へ」前川佐美雄である。

ツアーでは簡単に歌意を紹介しようと考えた。
「前川佐美雄って、何か知ってるの?オレ」と僕の奥深くから意地悪そうな質問が浮かび上がってきた。
こうなるともうダメだ。いろいろさがして、「歌の鬼・前川佐美雄」という本を見つけた。小高根二郎(おだがねじろう)という方が30年ほど前に書いている。
a0237937_23353875.jpg

佐美雄は明治36年(1903年)、南葛城郡忍海(おしみ)村(現葛城市)の広大な山林と田畑を有する素封家の長男として生まれ育った。林業の将来を見込んで祖父は佐美雄を吉野林業公学校に学ばせたが、その方向には佐美雄は進まなかった。しかし、植物への深い知識はこの学校時代に培われたことは確実である。

志貴皇子に共感する青年時代、佐々木信綱に師事し、大和に関わる数多くの歌も書き連ねた。
佐々木信綱は「大和の国は万葉歌人の故郷であるが、万葉以後大和に歌人の出ないのは不思議な現象だ」と薬師寺で講演したという。佐美雄はこの講演の速記をしている。速記をしながら佐美雄は恥辱にわなないたとされる。
もちろん大和の歌人といえば、「南山踏雲録」の伴林光平もいる。しかし彼は河内の人であり、大和の人とは言い難いとのことである。

佐美雄の生涯はこの言葉への兆戦で、歌人として歩むことを生涯の目的として生きた。これが小高根の論である。

佐美雄は役小角に共感したり、折からのプロレタリア芸術運動に参加する時期もあったがそれは一時期だった。

「春がすみいよゝ濃くなるまひる間の 何も見えねば大和と思へ」(昭和15年)

朝日の登場とともに、霞の内から山容を現す大和三山。その山影はやがて真昼間の盆地が吐き出す濃い霞に呑まれて、消えていくと歌である。
小高根は、「これが歌の覚知だ」という。佐々木信綱は薬師寺の塔、會津八一は唐招提寺の柱をへて大和を描いた。佐美雄は非具象の霞で大和を描き、「万葉以後大和に歌人なし・・」という佐々木信綱の指摘に応えたとされた。

伝記一冊読んだだけであるが、前川佐美雄、とても身近になった。
by koza5555 | 2013-04-13 00:27 | 読書 | Comments(2)

桜井には棟方志功の歌碑が二つ

「NPO 奈良まほろばソムリエの会」のメンバーで、6月の奈良交通の万葉集の桜井ツアーの下見をおこなった。

「外出を控えるように」という注意が繰り返し放映されていたが、「風雨の状況も見ながら」ということで決行である。
車谷から入り、檜原神社を訪れる。こんな雨の中でも中高年のハイカーが大挙、行動している。
檜原神社、4月に入って奈良県が「記紀・万葉ゆかりの地」として県景観資産に指定したばかりである。
今日は講習しながらであるから、取り急ぎの写真であるが、井寺池で箸墓古墳ごしの二上山を撮った。
a0237937_2233616.jpg


今日、ツアーでみんなに歌ってもらう歌を決めた。
先ず、バスの中で練習する。それは額田王の「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも隠さふべしや」(巻1-18)である。
a0237937_23154461.jpg

そして、いま一つは古事記の「倭は 國のまほろば 畳(たた)なづく 青垣 山隱れる 倭しうるはし」(日本武尊)である。
この二つを井寺池で合唱しようという計画である。

声を出して歌うのは、始めはやはり恥ずかしい。井寺池が絶好である。ココだったらみなさん、声を出していただけそうである。

こんな具合で、下見をすすめる。
しかし、今日は奈良交通抜きで「会」のメンバーだけの下見である。催行は2か月以上先である。そんな余裕もあり、コースとは違うところもいっぱい見ながらだった。したがって下見は徐々に僕の案内ツアー(笑)に化していくのである。

忍坂山口神社の楠を拝見した。
a0237937_23162457.jpg

等彌神社の棟方志功が描いた歌碑も拝見した。
桜井には棟方志功による歌碑が二つある。
今回のツアーの始めの歌碑は車谷の「穴師川(あなしがは) 川波立ちぬ巻向の 弓月が岳に雲居立てるらし」(巻7-1087)である。棟方志功の揮毫で巻向川畔にある。

もう一つが、等彌神社にある。この歌は保田与重郎、画は棟方志功である。
「鳥見山のかの面この面をまたかくし時雨はよるの雨となりけり」。鳥見山に降る時雨、夜の雨となり鳥見山は闇の中に、というような感じである。
a0237937_23195917.jpg
棟方志功の不遇時代、桜井の保田与重郎の手厚い援助を受けたとのことで、棟方志功の意思でこの歌碑の画が描かれた。
今回の下見、最後に、この歌碑をみんなで拝見して終わりとした。

今日はガイドの下見だった。しかし現地のことで判らないことも多く、コース周辺のことも案内して、あれこれ巡って理解をふかめ、十分に楽しんでいただけた。
僕らのツアー、僕らのガイドはこんなふうに気持ちも形も徐々に盛り上がっていくのである。
by koza5555 | 2013-04-06 23:41 | 桜井・山の辺 | Comments(1)

万葉集で桜井のツアー

6月8日(土)と15日(土)は「大和路・万葉の旅」(奈良交通)、「初瀬・桜井コース」である。

楽しみのところは多いが、まずは6月の大神神社は?そう、率川神社、三枝(さいぐさ)祭りへの「ササユリ送り」(ササユり奉献神事)である。祭りは17日、送るのは16日である。
a0237937_1493355.jpg
6月、大神神社の笹百合は満開となる。これは昨年の6月16日の大神神社である

6月の万葉ツアー、下見を終えたばかりであるが、僕らはこれからが本番である。
ガイドが二人、オブザーバーが二人の合計4人で案内するのだ。
普通なら成り立たない体制だが、ボランティア参加も含めてで経費は最小限だ。
勉強しながらガイドもする、ここが「NPO法人、奈良まほろばソムリエの会」のいいところだ。

そして、こんどのツアーではこの4人全員で役割を分担できるように、今から良く準備してゆきたいというのが、僕の思いである。
明日、そのメンバーが集まって改めてコースを回る。明日はどうしても無理という前田さんとは今日話し合った。

いろいろと構想が深まる。
大神神社の笹百合園を拝見する段取り、時間の幅を相談した。
ガイドする場所、時間帯についての分担を決めた。
午後のトイレ休憩についても改善策を決めた。

前田さんが「拓本」を勉強していることが分かった。今回、訪ねるいくつかの碑の拓本も持っておられるとのこと、そして当日持参していただけるとのこと、これも楽しみが増えた。

大神神社の笹百合の事である。
神武天皇の后、姫蹈韛五十鈴姫命(ひめたたら いすずひめのみこと)の住む「川辺に山百合草多(さわ)にありき。故(かれ)その山百合草の名をとりて、狭井河という」(古事記)とあるが、これにちなんで大神神社では百合を育てている。
笹百合は7年も経たないと花が咲かない。したがって栽培、切り花販売では経営が成り立たず、山で採取して販売されるとのことで乱獲されている。
これを大神神社では豊年講が長い間かけて育ててきたのだ。
この百合を率川神社に送るのである。
豊年講の方は「育てるのも送るのも豊年講の仕事」と誇らしげだ。
a0237937_14111989.jpg
ユリ花籠

こんな満開の花が見られる6月の大神神社、ガイドするのも楽しそうだ。
万葉集には直接的な百合の花は十首あまり、今回、ここで紹介する万葉歌は二首である。

道の辺の草深百合の花咲(えみ)に 咲(え)まししからに 妻といふべしや(巻7-1257)古歌集
 
夏の野の繁みに咲ける姫百合の 知らえぬ恋は苦しきものぞ(巻8-1500)大伴坂上郎女
by koza5555 | 2013-04-05 15:08 | 万葉の旅 | Comments(0)

歌って巡る万葉集、平野南部の巻

まほろばソムリエの会と奈良交通で作り上げる、「歌って巡ろう」の平野南部の巻である。
催行日はまだまだ先、今年は今年でも木枯らしが吹くころの話だが、このガイドを引受けた。

ここは難物だ。
犬養先生の万葉の旅によれば、平野南部は「万葉の故地がこの地域に数カ所しかないのも、ここがいわば穀倉であり、宮廷人らにとっては、通路に過ぎなかったのにも因るところがあろう」とのことである。

「通路にすぎない」・・・

万葉集の学習会なら、サラッと触れて終わるところだろうが、こちらはここだけで一日の行程である。

先ずは磐余の池を藤原京ではなく、こちらで触れることにする。来年やる藤原京も僕が受けているから、この調整は許されるだろう。
橿原市の東端で「二上山」を歌い、広陵町でも「二上山」を歌うという計画である。

まずは御厨子観音と御厨子神社を訪れた。朝から訪問して御厨子観音の十一面観音を拝観させていただいた。
詳細はまだ先だが、思わぬ大発見があり、僕もビックリ、少し感動である。拝観料300円は高くない。
あと、吉備池と春日神社に寄るかどうかが悩ましい。春日神社の氏子総代は親友だし・・個人的には寄りたいが、時間があるか・・
a0237937_20522543.jpg
御厨子観音
続いて竹田神社。

大伴坂上郎女の竹田(たけたの)庄(たところ)より女子(むすめ)の大嬢(おほをとめ)に贈賜(おく)れる歌
うち渡す竹田し原に鳴く鶴(たづ)し 間(ま)無く時無し吾が恋ふらくは(巻4-760)大伴坂上郎女(ここは犬養先生が紹介している歌で外せない)。

併せて
飛ぶ鳥のあすかの里を置きていなば 君があたりは見えずかもあらむ(1-78) 元明天皇
この歌をここでやりたい・・

続いて常磐町の春日神社である。
a0237937_20533284.jpg

玉ぼこの 道は遠けれど はしきやし 妹を相見に 出でてそ我が来し」(巻8-1619)家持
あらたまの月立つまでに来まさねば 夢(いめ)にしみつつ おもいぞ我がせし(巻8- 1620)をセットで紹介する。

ここは連碑を採り上げる。芝村騒動の犠牲者を顕彰する連碑である。この連碑祭は3月15日に終わっているが、秋祭りは10月7日、これを拝見して帳尻を合わせることにする。

こんな形で次々と訪ねてきた。
ビックリがもう3個くらい出てきた。いいぞ、いいぞである。
12月の平野南部、歌って巡る万葉ツア―も楽しみしていただきたい。

a0237937_20543882.jpg

ま菅よし 宗我の川原に 鳴く千鳥 間なし我が背子 我が恋ふらくは (巻12-3087)
橿原市中曾司町の磐余神社の歌碑と桜
by koza5555 | 2013-03-28 20:54 | 万葉の旅 | Comments(2)

大和路・万葉の旅 籠もよ み籠もちコース 

奈良交通の企画で「大和路・万葉の旅 籠もよ、み籠もち」というツアーが生まれた。日程は6月8日(土)・15日(土)である。

その下見とガイドメンバーの顔合わせをおこなった。
中身は万葉の歌を縦糸にして三輪山や忍坂山を眺めながら歴史や風土を語ろうというツアーである。

車谷でバスを降りる。檜原神社、井寺池、大神神社、海石榴市、忍阪、聖林寺というコースである。

檜原神社の境内に特別に目立つ歌碑があった。うーむ。読めない。近くのおられる関係者にお聞きしたが、要領を得ない。
a0237937_013100.jpg

前川佐美雄の歌だった。
春がすみいよゝ濃くなるまひる間の 何も見えねば大和と思へ


この歌は大和の風景を歌った歌である。前川佐美雄は葛城に生まれて、ちょうどここ檜原神社と大和盆地を挟んだ反対側から山際から盆地の平野を見ていた。
「何も見えねば」と言いつつ、それが大和だという。写生の歌だとしたら、春霞を歌った歌で、経などもピッタリであったが、「この歌は単なる実景ではなく、大和の真実は地表から50センチ下の地下にあり、何も見えないとそれを春霞に例えたという解釈もあるとのことである。

始めから、こんな話の連続で調べれば調べるほど話が面白くなってくる。

ところで今日の下見はガイド(ソムリエの会)が3名参加した。
いまのところ、2回のツアーで、サブガイドが2名、オブザーバーという名で手伝ってくれる方が2名おられてトータルで5名である。

僕はいつも考えている。僕らのガイドはやはり趣味の世界だと思う。謝金が出る出ないという事や、ガイドのよしあしとかは関係なく、「自分で調べて、足を運んで実物を拝見して、社寺のみなさんと仲良くなって」、はじめて責任のあるガイドができるというものである。

「ガイドが楽しい」だけでなく、「調べることが楽しい」という境地(知識欲)が大切、「ガイドは発表の場」くらいに思いたいというのが僕の論である。
だから、労を惜しんではいけない。効率的な調査でガイドができるなんてことはあり得ない。みなさんに役割を分担していただき、このツアーを成功させたいと考えるのである。
a0237937_2265610.jpg

下見の途中、忍阪の玉津島神社にて。下見をそろそろ終了。ハングルーズでご機嫌なガイドの記念撮影。衣通姫(そとおしひめ)の歌を詠み、写真を撮った。
by koza5555 | 2013-03-22 23:02 | 万葉の旅 | Comments(0)