ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:不動明王 ( 2 ) タグの人気記事

外山(とび)不動院不動明王

a0237937_20572417.jpg
6月28日は外山不動院の大祭である。外山不動院は毎月28日に「護摩祈祷会」を厳修されているが、一年に一度の大祭は6月である。外山中筋町は子供会も含めて、町挙げての行事でもある。「和の一と」の和太鼓の演奏があり、護摩法要が行われる。
a0237937_20511023.jpg

真言宗である。国道を挟んでしまったので見えにくいが、宗像神社の参道に西面している。

宝形造本瓦葺きのお堂があり、古くからの由緒も感じさせられる。
元々は外山にいた長谷川党が建てたという長谷ケ堂の名残のとのことで、付近には経蔵山・ハセガ堂の地名が残っていると聞いた。

ご本尊は不動明王坐像で、国により重要文化財に指定(昭和633月)されている。


像高85㎝。左目を閉じ、頭頂に沙髻(しゃけい)を表す平安後期の不動明王の姿である。檜材を用いた寄木造で、現状はほぼ古色を呈しているが、当初の華麗な彩色をとどめており、条帛の背面部や裳の一部にに切金文様が認められる。二重円相を透かした火炎光背と、七重の瑟々座が揃う王朝様不動明王像の本格作は、奈良県下でも珍しい。(境内桜井市教育委員会掲示)


a0237937_20503524.jpg


左目を閉じている。不動明王で、左眼を閉じ右眼を開けて睨むのを「阿遮一睨(あしゃいちげい)」と言うそうである。「すべてを見通すぞ」という感じですごみがある。


今日はそうめんのお接待が (具が乱れているのは、少し食べたから)

a0237937_20521144.jpg


毎月28日の午後2時から護摩を焚いており、地元をはじめ遠方からの信者も熱心に参拝されているとのことである。

a0237937_20505228.jpg




by koza5555 | 2017-06-28 21:06 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

當麻寺と吉野

12月のゆかり(留学生)ツアーは當麻寺と吉野である。
一泊二日で、とことん見て、歩いて、体験しようというコースであるが、何を見るか、何を話すかである・・・

a0237937_1529964.jpg
共通項は役行者である。写真は仏隆寺上の唐戸峠の役行者

「七人の役小角」(桜桃書房)という本がある。司馬遼太郎とか黒岩重吾、永井豪などが書いているのである。
a0237937_15324265.jpg

いままで、役行者のことはあまり考えてこなかった。

まず、當麻の地は役行者ゆかりの地とのことである。
当麻寺の金堂ご本尊の弥勒菩薩仏には、役行者の所持していた孔雀明王像が胎内に納められているという。

岩橋山もある。役行者が日本中の鬼神を集めて、葛城から吉野へ岩橋を架けようとした。一言主神が藤ヅルで縛り上げられとのエピソードがある岩橋のことだが、この山から吉野に向かう橋、この端っこが残っている山なのである。その端っことは・・・僕も登ったことがあるが、その端っこを見てこなかったという間抜けである。岩橋山、名前より姿をご存知で、南阪奈道路を橿原から大阪府に向かう時、正面にドーンと見える山である。

茅原の吉祥草寺と大トンドも語りたい。吉祥草寺は役行者の生誕地とされている。「御隆誕の時・・・大峯の瀑水を吸みて役ノ小角を潅浴す、その水、地に滴りて井戸となる」(吉祥草寺伝)である。
a0237937_15332563.jpg
1月14日に行われる茅原の大とんど。吉祥草寺HPから

吉野行けば・・・吉野の桜である。
役行者が孔雀明王経で、まず祈り出したのは弁財天であるが、これは「優雅すぎる」とした。弁財天は天河に飛び去り、これが天河弁財天とのことである。
地蔵菩薩を祈りだしたのち、最後に憤怒の形相の不動明王を祈り出した。行者41歳、天武3年(674年)のことという。この憤怒の形相の不動明王を役行者は桜の木に彫りつけたというのである。

後に、後醍醐天皇は吉野山において、幕府軍の攻撃をはね返した時に、「これはひとえに役行者の威徳である」として、多くの桜を植えさせて蔵王権現の手向けにしたことが知られている。

役行者の晩年にも秘密がありそうである。
伊豆にながされた役行者は、一度、大和に帰ってから「仙人になる」と言い残し母とともに、天に上ったとも、高麗の国に渡ったともいわれている。(役小角の伝説)藤巻一保


こんなような話でつなぎながら、當麻・吉野を一泊二日で案内してみるけど、どうなるだろうか。

当麻寺で中将餅を食べたり、吉野では柿の葉寿司を作って食べたり、宮滝でしょうゆを舐めたり・・・体験やお楽しみも一杯組み込むツアーである。
by koza5555 | 2013-11-15 16:27 | 橿原・明日香・吉野 | Comments(0)