ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:八咫烏神社 ( 4 ) タグの人気記事

神武東征の道を行く

4月9日(土)に「神武東征の道を行く」のツアーを案内する。前日の9日(土)、岡本彰夫先生の「誰も知らないやまとの神話」の講座(春日野国際フォーラム甍)と連携したツアーである。
ツアーは丹生川上神社中社、宇賀神社(オドノや血原橋も)、八咫烏神社、等彌神社を訪れて神武東征に思いを馳せようというツアーである。同時に岡本先生の「やまとの神話」の雰囲気を現地で味わっていただこうという趣旨のツアーだから、ちょっと緊張、気合を入れて準備したい。

a0237937_20444188.jpg
八咫烏神社から伊那佐山をのぞむ

a0237937_20411012.jpg


「初代天皇 神武天皇が日向から大和へと至る神話、神武東征。神話が神代から現代に至るまで、途切れることなく語り継がれてきた大和の地には、神武東征にゆかりのある場所が数多く伝わっています。
巌瓮(いつべ)と言われる瓶を用いて国の平定を占った東吉野村「丹生川上」。
神武天皇一行を熊野より導いた八咫烏ゆかりの宇陀市榛原八咫烏神社。日本で最初に大嘗祭が行われた建国の聖地 鳥見山に鎮座する桜井市 等彌神社など。一味違う奥深い大和を満喫していただきます。」
やまとびとツアー募集HPより

このツアーは昼食もすごい。大宇陀の蔵元、久保本家酒造の酒蔵を改装したレストラン「久保本家酒蔵 酒蔵カフェ」のランチ、ここはいま、注目されてきている。さらに、大宇陀、重伝建の松山の町並みも楽しもうという欲ばりツアーでもある。

a0237937_2043208.jpg
久保本家酒造

こんなコースの案内が僕のところに回ってきた。素晴らしいコースで、こんなツアーの案内、これこそガイド冥利というものだ。

   ツアーの詳細は  やまとびとツアーズ


4月9日(日)お一人さま 9800円。昼食付きバスツアー。
9時30分近鉄榛原駅出発、各地を見学、拝観して16時40分にJR・近鉄桜井駅解散


会員制のフリーペーパー、『やまとびと』をおすすめしたい。
桜井市の共栄印刷はフリーペーパー、『やまとびと』を発行してきたが、昨年の9月から「会員制フリーペーパー」に移行している。年会費1000円で、年に4回『やまとびと』が送られてくる。奈良を幅広く、さらにはディープに紹介する魅力的なパンフである。
 
 ツアーは4月9日、東吉野と宇陀の山々には桜は残っているだろう。この桜と共に、みなさんをお待ちしたい。
a0237937_20541066.jpg

by koza5555 | 2017-02-20 21:00 | 宇陀 | Comments(0)

談山神社の蹴鞠、墨坂神社と椋下神社の秋祭、八咫烏神社の秋祭

激しい雨が二日続いた後の11月3日(月)、晴れた。
お祭の皆さん、とても嬉しかっただろう。

講演の準備やツアー続きで、今年はどこにも行けなかった。

今日に祭スケジュールはトコトン欲張りである。長いタイトルの通りである。
談山神社の蹴鞠は行かねばならない。
墨坂神社の秋祭、ここも行きたいのである。
そして、八咫烏神社である。八咫烏は雑賀に関わりがあり、今年も行きたいと思った。
a0237937_20342658.jpg
多武峰ふくやさん

談山神社、登ってみたら、峠のふくやさんが開いていた。「ふくや」さんは、嘉吉祭の神饌調整のベテラン、和稲(にぎしね)作りの名人の福本さんが、昨年急逝されてからは閉まっていたのだ。奥さまがおられたので「驚きました」とごあいさつ、奥さまは「夫が亡くなったことは、亡くなった夫が一番びっくりしているでしょう。私も体が治りましたので、これからがんばります」とのことである。

a0237937_20363713.jpg
本殿で祭事を終え、蹴鞠会場に向かう京都蹴鞠会


午後から榛原に。祭好きのMさんが福地の太鼓台を担いでいた。
「祭好き」と言っては失礼だろうが、大神神社でも長谷寺でも祭事では、とにかく張り切っているのである。

そのMさんに引きずられて、そのまま椋下(むくもと)神社を伺った。
榛原の秋祭は墨坂神社のお渡りが軸の祭りであるが、椋下神社を氏神とする福地も太鼓台を繰り出すのである。街中を太鼓台は一緒に巡行するが、神事は別々で、福地は椋下神社で神事を行う。

a0237937_20374346.jpg
神輿が本殿へ上がる
椋下(むくもと)神社は神武天皇に神剣を届けたという高倉下(たかくらじ)を祀る式内社である。

a0237937_20395024.jpg
椋下神社前のサセー、サセーは5回も6回も続く


さらに、八咫烏神社の秋祭にも行ってきた。
神武東征からみで、八咫烏神社と椋下神社は、慶運三年(705年)に同時に勅祭された(続日本紀)とされ、いわば兄弟社である(僕だけが言っているだけだが)。

a0237937_20404637.jpg
比布区だけが太鼓台を出す。田畑を貫く参道を太鼓台が上がってくる。「手作りの小さな太鼓台や」と謙遜されていたが、なかなかのものである

60軒だけの比布区が運航するのがすごい。ちなみに比布区は氏神の八咫烏神社に向かう遥拝所があるというのもすごい話だ。

ここは御供まきがすごい。一石四斗?量もすごいが拾う人が少ない。
a0237937_20421050.jpg
どうですか。5キロはありそうだ。僕もいささかひろうことができた


a0237937_20431521.jpg
これはエエトカイトという
池上の垣内が祭を終えるときにおこなう「エエトカイト」も、すごい。
他の垣内は太鼓台を下ろしたり、それぞれ帰ったりするが、池上は「さあ、エイトカイトや」と区長が言って、歩き始める。火の周りを左回りで三回、気が付いた垣内の方が徐々に集まり、最後は大きな輪となる。
「エエトーカイト、エエトーカイト」。よい垣内でありますように、ということで、村と家族の安全、繁栄をみんなで願う、簡略だがすばらしい祭事である。

今日は、僕はお祭り三昧で楽しく過ごした。
蹴鞠や太鼓台の鼓舞を、僕もご相伴させていただいた。
これで今週も、今月も、今年と来年も頑張れる。
by koza5555 | 2014-11-03 21:31 | 奈良 | Comments(0)

日本雑賀一族会

実はほとんど、テレビは見ないのです。でも、今晩、10時から「歴史秘話ヒストリア」で「雑賀衆」を特集して放映すると新聞でみました。
よし、これは「見るぞ」と思って・・・でも、パソコンと本を読んでいて、予定してたテレビを見るのを忘れてしまうことがたびたびである。

「fbやブログにもアップすれば忘れることはないだろう」と、備忘録みたいに書きました。
a0237937_13282742.jpg
日新聞の番組紹介記事

「雑賀さん、雑賀党と関係ありますか?」というコメントがありました。

妻の父親が昭和10年に雑賀(海南市)から桜井に移り、製材を始めたのです。全国の雑賀さんは「日本雑賀一族会」(笑)に所属しています。
a0237937_13293512.jpg


雑賀党は熊野から出た海の民です。雑賀崎に定着して雑賀と名乗るのです。紋章は熊野にちなみ八咫烏。宇陀の八咫烏とは少し形が違います。

昭和35年ころに榛原で日本雑賀一族会の総会が開かれたという案内はがきが我が家には残されています。八咫烏を紋章にしているということで、宇陀の八咫烏神社で大集合写真を撮ったという記録も残されています。
by koza5555 | 2013-07-03 13:31 | 健康 | Comments(0)

八咫烏神社からみえる高見山

八咫烏神社を月曜日の雨の中、訪れた。
伊那佐山も半分霧の中だったが、右の方にかすんだ山が見えた。山容は高見山である。
ウワッ、今まで考えても見なかったが、「大和からは見えない、宇陀からどこでも見える高見山」である。
a0237937_21313075.jpg

「吾妹子(わがもこ)を いざみの山を 高みかも 大和の見えぬ 国遠みかも」(万葉集巻1-44)である。

宇陀は大和から見て秘境であると同時に四通八達の地でもあった。
ヤマトから宇陀への入り口は3本の坂道。
墨坂(西峠・国道165号線)と男坂(半坂・国道166号線)と女坂(大峠・今は針道からの大トンネルができた)である。

東国へのメーンのルートは西峠と思われる。
この峠への入り口に脇本遺跡がある。
5世紀なら雄略天皇の初瀬朝倉の宮。6世紀には欽明天皇の敷島の金刺宮。7世紀は大来皇女の伊勢斎宮にあたり、身を清めた泊瀬斎宮があったとされる。
それぞれ時代の柱穴列が見つかってきている。

初瀬谷の入り口は交通の要衝だったが、斎宮がここにあってヤマトの出口ともいえる。宇陀はまだ山の向こうである。

高見山に注目したい。
神武天皇東征の際、櫛田川(三重県)から大和へと入ったとする説があり、山頂には八咫烏を祀る高角神社(たかつの、たかかど)がある。1248mの高さがある。
宇陀では二番の高さで、一番は三峰山である。

「吾妹子(わがもこ)を いざみの山を 高みかも 大和の見えぬ 国遠みかも」
「大和が見えない」、「大和からも見えない」という高見山は宇陀にとっては身近な山である。奈良時代の人々が宇陀の地をどんなふうに見ていたのかということを、僕はこの歌で感じたいのだ。

高見山の頂上にはこの歌の歌碑がある。奈良で一番高い所にある万葉歌碑である。
ソムリエの会の小北会長が「今ならの豆知識」でそのことを書かれている。
a0237937_21421236.jpg

僕も登ったが、知らずに降りてしまった。僕の写真は高見山の歌碑の下の方が少し切れていて残念である。

奈良で一番高い山は八経ヶ岳で1915m。これが近畿でも一番たかい。吉野も奥が深い。
a0237937_21411972.jpg
八経ヶ岳
by koza5555 | 2012-11-30 00:29 | 宇陀 | Comments(2)