ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:六県神社 ( 1 ) タグの人気記事

六県神社の子出来おんだ

磯城(しき)郡川西町保田(ほた)の六県(むつがた)神社のおんだ祭

2月11日に行われる。もともとは旧正月14日、その後は2月14日、現在は2月11日の行事となっている。
おんだ祭では、飛鳥坐神社の祭のように夫婦和合の所作でもって繁殖・豊作を表わされることが多いが、こちらは出産の所作で示されるのが独特である。
太鼓をお腹に入れた妊婦の姿、出産のありさまなどから、「子出来おんだ」と呼ばれている。

a0237937_8152715.jpg
六県神社、境内のオンダ祭。妊婦の弁当届け

17時から神事。境内の一角で一斗釜で湯を沸かす。巫女が着座する。笹も用意されているから湯立の神事かと思うが・・どうもこれが産湯とのことらしい。
東の天照大神、南の多武峰大権現、西の住吉明神、北の春日の若宮神にお断りして神事が始まる。

a0237937_8172210.jpg
産湯の前で
a0237937_819322.jpg
それから拝殿での剣の舞

拝殿の配置を変えて18時から「おんだ」が始まる。

水見回り、牛使い、肥おき(施肥)、土こなげ、田植、螺(たにし)拾いと稲作が順序良く示される。
牛は必ずいるなあ・・・

a0237937_8232057.jpg
肥おき・・は竹筒の両端に椿の葉っぱをぶら下げて…昔の肥樽運びをイメージできる。ちぎってはおく・・
肥おき、田植え、螺拾い、全ての行事が椿の葉で行われるのが特徴

農作業の区切りごとに、「はい、ボチボチやで」、「それいけ」の合図で、拝殿に座った子供たちが演者に殺到する。これは風とのことだが、雨ではなかろうか。すぐ北の広瀬神社は砂を雨に見立ててオンダが進められるが、こちらは砂の代わりは子どもだろうか。
a0237937_8263233.jpg


その後、弁当を田に届ける妊婦が現れて、神主役の長老ととぼけたやり取りがあり、田んぼを回ってから出産するという運びである。
a0237937_904572.jpg


最後に種まき神事が行われる。農夫が種まき唄を歌いながら、拝殿を回り、豪快に種を巻く。
a0237937_921961.jpg

「宇陀の郡を通れば 一森長者に行き合うたら
行き合うたるところなら このところに蒔こうよ」

(一同)「よんなか(世の中)よけれども福の種 蒔こうよ」

「大和48万石、保田の明神蒔き納め」で、桶を空にした・・・

オンダの苗は椿(普通は松葉、御所の御歳神社は杉、石上神宮はホンマの早苗やった)というのが特徴。子どもが風(雨)というのが面白い。17時からの神事も必見。寒いから温かくして出かけるように。
出産の所作で、繁栄、豊作を祈念するのが最大の特徴的である。

よんなか(世の中)よけれども福の種 蒔こうよ


境内に以下の掲示がある。
川西町の歴史遺産を訪ねて
県指定/無形文化財 六県神社子出来おんだ祭り

六県神社は村社で、祭神は大和の六県神「高市命」「葛木命」「十市命」「志貴命」「山辺命」「曽布命」を祀る。 「神社明細帳(明治24年・1981)記載
 
 子出来おんだ祭りはこの六県神社の拝殿で毎年2月11日(以前は2月14日)の夜に演じられる御田植祭。妊婦の出産の所作を伴うことから、「子出来おんだ」とも呼ばれる。この行事の始まりは、境内富貴寺の創建時の平安時代と伝えるが、明確でない。

 所作は、水見回り⇒ 牛使い ⇒ 施肥 ⇒ 土こなげ ⇒ 田植 ⇒ 螺拾い ⇒ 妊婦の弁当運びと安産の神事及び種まきの所作と掛合い言葉の順に演じられる。
螺(たにし)拾いまでの所作では子供が風の役割を持ち、各所作の最後の演者はその場にうずくまり、風役の子供はその上に覆いかぶさる。
 妊婦の弁当運びと安産の神事では、本役の男子が太鼓を腹に忍ばせ妊婦に扮して弁当を夫(長老の神主役)の元に運ぶ所作を行った後、神主と妊婦が問答を行い、その後、問答を行い、その後、妊婦の陣痛が始まり、腹に忍ばせていた太鼓を放り出し、それを取り上げた神主が「ぼんできた、ぼんできた」と言いながら太鼓をたたく。
 最後の種蒔神事では、台詞と歌を歌いながら種をまく。この時の台詞や歌の掛合いも含めて全体的に古風な芸能所作が残っている。

by koza5555 | 2017-02-12 09:25 | 奈良 | Comments(0)