ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:古事記 ( 2 ) タグの人気記事

古事記完全講義

竹田恒泰著、『古事記完全講義』。学研である。500ページはあるんだけど、面白い。三日がかりだった。

a0237937_21494358.jpg

今日は、「稗田阿礼と太安万侶の最強ペア」のことを紹介したい。

こちらは、すべて型破りの古事記解説であるが、稗田阿礼と太安万侶の紹介は極めて興味深い。

お手本にしたい四方八方を丸くおさめる歴史書の書き方

公式の歴史書だから、各地方からのクレームがつくことは予想される。

「確かに出雲も、南九州も、熱田も大和も、みんな「ふむふむ」と大方納得する歴史書になったんです。

稗田阿礼も太安万侶も天才ですから、言葉一つひとつにものすごい神経を尖らせているんです。状況設定も非常に細かい、ありとあらゆるところが、これまでに書かれた着たあらゆる文言と文章が、国譲りの正当性を担保するような書き方になっているんです。そこまでして初めて、国を譲った側、譲られた側、両方が納得できる歴史書になっているわけです。

 やっぱり日本人って和の精神なんですね。「俺たちの正義を押し付ける」じゃなしに、どうしたらみんなが納得できるか、ということを探求して、こういうものをつくり上げてきた。これは、本当に天才の成せる作業だと思います。(p311)

a0237937_22104583.jpg

太安万侶・・いないという論もあったのだが、お墓が出て墓誌が出て・・・・

天孫降臨が見事である。神から人へのエピソードをきわめてクリアに示されている。

天下ったニニギノミコトは木花佐久夜ひめと結びつく。親が大山祇という設定がすごい。追わば国ツ神の代表である。

さらに、「姉の石長ひめを帰してしまって、そこから寿命が与えられた」となっている。寿命ができるということは、神から人への移行で、これもとても自然の流れとなっている。

さらに、その子供のホデリの命、山幸彦である。こちらは綿津見神の娘と結婚する。綿津見神は海神である。国ツ神である。

こちらから、ウカヤフキアエズノミコが生まれ、その子たちが五瀬命やカムヤマトイワレビコである。東征が始まるということだ。


神から人となり、山の神、海の神の娘たちと結びつくという展開は見事で、天照大神の神勅を前提としつつも、実質的な地上の支配の体制を築き上げていくのである。

稗田阿礼、太安万侶の構想力、文筆がさえわたるところである。

古事記は二人の天才の手により完成した。長く埋もれることとなったが、本居宣長によってその全貌が解明されるのである。


古事記完全講義(竹田恒泰著)は古事記のすごさと面白さを際立たせる素晴らしい講義となっている。

この本、僕には認めにくいところも多々あるが、それを差し引いても読むべき価値がドーンと上回った。ぜひ、お勧めしたい。

a0237937_22131234.jpg





by koza5555 | 2017-07-01 22:15 | Comments(0)

大神神社に本殿はあったことがあるか

あおがき古事記講座の二回目が開催された。
テーマは「大物主と天皇たち」である。
a0237937_20452772.jpg
百合送りの日の大神神社拝殿
本題とは少し距離があったが、「大神神社には本殿があっただろうか」という設問があった。
これを講師の藤井稔(天理高校2部教諭)さんが解説した。

 「オオタタネコに大三輪の神を祭らせたとあり、「神宮に宴す」・「神宮の門」と書紀にあるが、これは本殿とも拝殿とも取れる」とのことである。
 日本紀略(12世紀)では、大神神社の「宝殿」が鳴動したという記述がある。
 また、禁足地内には「御正殿跡」と言われる長方形の土壇があるという。祭場跡というが名称から見て本殿跡を否定できない。
 藤井先生はさらに論をすすめて、八咫鏡(大きい鏡という意味)と三輪山双方がご神体の可能性があるとの論も展開されている。
 とすると、その鏡は、今いずこか。興味は尽きない。
 (以上は歴史読本2010年9月号、藤井稔論文参照)

a0237937_20305886.jpg

講義、全体は大物主神の勉強である。
古事記に書かれた大物主、日本書紀に書かれた大物主が微妙に違うことの解説があった。

大国主神の幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま)が大物主神であるが、それは日本書紀にのみ書かれていること。

大物主神を祭祀するのは三輪氏であること。

大神神社の元神宮寺は摂社大直禰子神社(若宮社)とされていること。

日吉神社が大神神社から祭神を勧進したとされ、それは天智天皇の時代とされていることなどの解説があった。

次回も参加することとする。
by koza5555 | 2012-10-18 00:28 | 桜井・山の辺 | Comments(0)