ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:古墳 ( 9 ) タグの人気記事

崇峻天皇陵と赤坂天王山古墳と雀塚

先日の古事記の学習会で「桜井市に天皇陵はいくつあるか」という設問があった。
桜井市は天皇の宮は13カ所もあることから陵墓も多いだろうと思うが、実は2カ所しかない。舒明天皇 押坂内陵(おしさかのうちのみささぎ)と崇峻天皇 倉梯岡陵(くらはしのおかのみささぎ)である。

今日は崇峻天皇陵のことである。
崇峻天皇は蘇我馬子に推されて、32代の天皇に即位するが、最後は蘇我馬子により暗殺された。
a0237937_2221591.jpg
崇峻天皇陵 梯岡陵(くらはしのおかのみささぎ)前
「馬子宿禰・・・東漢直駒(やまとあたいこま)に命じて、天皇を弑せ祀らしむ。この日に、天皇を倉梯岡陵(くらはしのおかのみささぎ)に葬りまつる。」(日本書紀)
暗殺されたことが正確に記されており、臣下により暗殺(592年)された唯一の天皇と言われる。

この陵墓は明治22年治定されており、決定が最後までもつれた天皇であった。
お寺をつぶして作った陵で、古墳としての実態がない。そのこともあり、僕は「崇峻天皇は赤坂天王山古墳である」と論評してきた経過がある。

こんど勉強して良くわかったが、どうも宮内庁も「ここにはご遺体はなし」と判断したうえでの治定ということである。

しかも始めからここではなく、現在の崇峻天皇陵から500mくらい離れた岡の上とのことで、雀塚が陵墓だったという。そして現在も陵墓参考地として宮内庁が管理しているとのことである。明治9年に決められており13年ほどは「ここが崇峻陵」とのことである。

天誅組に参加した楠目清馬(くすめせいま)の墓地の下になる。
楠目清馬、土佐藩から天誅組に参加。鷲家口から敗残し、大峠(女坂)を越えて針道を越えて、倉梯に出るところで発見され自刃した。
a0237937_22105365.jpg
楠目清馬墓

なお、崇神天皇陵の石標は「倉梯岡上陵」であり、拝所燈籠は「倉梯岡陵前」となっている。石標は雀塚当時の名前になっていることから、石標は雀塚か現在の陵に移されたとみられている。

こんな雀塚の話、今まで誰も教えてくれなかった。
a0237937_22134942.jpg
雀塚から降りたところから見る奈良盆地
なお、雀塚を探すのはけっこうホネ。なんの標識も今はないから、楠目清馬の墓を探し、その下の南北一帯、黒ロープに囲まれた場所ががそれである。
by koza5555 | 2012-12-13 00:59 | 桜井・多武峰 | Comments(0)

黒塚古墳

黒塚古墳展示館開館10周年事業をやっているとのことである。
天理、山の辺の道ウォーキングの相談でも、「必ず立ち寄ってください」と書いたことから、これはと考えて僕も見てきた。

a0237937_2129403.jpg
いただいたクリアーファイル
33面もの三角縁神獣鏡、埋葬者の頭部に置かれていたとみられる画文帯神獣鏡で有名になり、「鹿男あおによし」でさらに広く世間に知られることになった。

開館10周年にあたり、「倭の国 卑弥呼の里」「磯城・山の辺の」古墳と遺跡をたずねるというパンフレットが作成されている。1997年(平成9年)に橿原考古学研究所が行った発掘当時の航空写真が刷り込まれたクリアーファイルも一緒に頂けるとのことである。
a0237937_21321286.jpg
黒塚古墳、展示館の内部
まほろばソムリエの試験用に200字でまとめた草稿が残っていた。

大和(おおやまと)古墳群の一角で、天理市にあり崇神天皇稜の北、上ツ道の東に位置する前方後円墳である。周壕を有し、中・近世は砦や陣屋(織田柳本藩)に利用されていた。
埋葬施設は竪穴式石室で基部は川原石、上部は板石を積んで構築されている。桑の巨木を使用した木棺が納められていた。
棺内には木棺内に画文帯神獣鏡、棺を囲んで33面の大量の三角縁神獣鏡が配置されていた。
古墳の形状、埋葬の状況は黒塚古墳展示場で見学することができる。

a0237937_21343817.jpg
墳頂で記念写真を撮った。
さて、クリアーファイルと10周年資料のことである。
「いつまで配りますか」と聞くと、「無くなったら終わりです」とのことである。もう少し具体的に聞きたかったが、それ以上は「答えません」の雰囲気で不明である。
残っていたら運が良かったということで・・お願いします。
by koza5555 | 2012-11-05 00:26 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

天理参考館と武人埴輪

先日見学した天理参考館の常設展示展の入り口に、盛装男子像埴輪と武人埴輪が飾られている。お聞きすると参考館には国宝は無く、この二点が重要文化財とのことで、いずれも群馬県から出土したものである。古墳時代後期のものという。
a0237937_2153667.jpg
盛装男子像埴輪。絵葉書から
「騎兵と歩兵の中世史」(吉川弘文館)という本がある。
太平記などの中世の騎兵、歩兵の武器、戦闘方法を詳述した本であるが、古代や律令時代の馬、馬具なども述べられている。
埴輪時代の武具については、天理参考館の武人埴輪(これは画像がない)を分析していて、「歩兵で刀を持ち、弓を持っていた」としている。

日本の馬利用は、4世紀末に馬、馬具がそろった形で北九州に持ち込まれたとしている。
雄略天皇の時代(即位前年十月条)に騎射の初見があるとし、さらに一言主とともに狩りをするが、そこにも騎射が書かれると解説している。
さらに天武天皇のころからは、685年(672年壬申の乱)に「文・武官も馬に乗ることを習え」とか、持統天皇時代にも同じような記述が出てくる。

律令の時代には、騎兵・歩兵に関わる記述は数限りなく出てくる。
正倉院にも鉾が32点もあること、歩兵が使ったものではなく、明らかに騎兵用もあるとして、騎兵にも騎射騎兵と槍(鉾)騎兵がいたことなどを分析する。

正倉院展では鉾、槍のたぐいも あなどるなかれである。
a0237937_21535546.jpg

この本も面白いが、天理参考館も面白いものである。
ちなみに入場料、企画展とあわせて400円、絵葉書も格安で一枚30円だった。
by koza5555 | 2012-10-31 00:01 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

氏神様の例祭

17日は氏神様の例祭だった。

a0237937_6515917.jpg
断続的な雨が降り、いっさいを拝殿内ですませた

わが町の氏神さんは八幡神社である。談山神社の郷中でもあるが、氏神様を持っている。
その八幡神社は谷首古墳の墳丘をそのまま境内として鎮座している。
八幡神社参道(古墳の上)から西側を望む、鳥居の間に二上山を見ることができる。

17日は秋の例祭。この時期だと、古来から穫り入れはまず済んでいないだろうから、稲刈り直前のしばしの休息を兼ねてのお祭りだったんだろうか。

連合区の役員として氏神様に奉仕して二年目に入っている。
昨年は分からぬことばかりだったが、あれこれの段取りは分かってきた。

年間祭祀も簡単には覚えられない。町の人に聞いても知っている日と知らない祭もある。
そこで一月に回覧用のチラシを作った。

a0237937_7343685.jpg
新住民の方にもわかりやすいようにとつくったつもりであるが

結果的には僕の頭の整理には役だったが、町の人には「知っていることばかりで無用のもの」だったかと思っていた。
ところが、このチラシを大切に保管されている方を最近みたり、これで日程を確認する役員さんを見かけたりで、少しは役に立ったかと、うれしい。
by koza5555 | 2012-09-19 06:59 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

記紀伝承を読みなおす 河内政権から第二次大和王権へ

「記紀(古事記・日本書紀を略していう)伝承を読みなおす」という勉強会が奈良で行われている。
先生は松田度(わたる)さん。大淀町教育委員会の方で、同志社大学で研究された方である。ちなみに松田先生は桜井市民である。

勉強会は4回のシリーズである。
始めは神代から神武天皇まで
二回目は崇神から応神まで(ヤマト王権、三輪山、磐余周辺)
三回目は仁徳から武烈まで(いわゆる河内王権、後半は第二次ヤマト王権)
ということで、今回はその3回目である。

仁徳から武烈(天皇)までというのは、僕には一番の苦手な所である。とにかく大阪府が舞台だからね。有名な堺(百舌鳥古墳群)や羽曳野(古市古墳群)の古墳も昨年まで行ったことがなかったくらいだ。

a0237937_818948.jpg
応神天皇陵(羽曳野)の前で尺八の練習をされていた。平野の中の古墳で、長さが400メートルもあると写真も撮りようがない

河内政権、中国の南宋などの記録によると「倭の五王」と言われる時代である。

松田さんは古事記と日本書紀を比較しながら解説する。そういう資料はどこでも見るが、松田さんの一番の主張は「伝承者」を徹底して重視することである。
日本書紀は「一書に曰く」ということで、どの氏族の伝承かが明記されている。それに注目したいと意見である。

a0237937_8275458.jpg

仁徳朝に関する資料。左が古事記、中が日本書紀。右が伝承者

出雲の臣のこと
一つは桜井に関わる出雲の臣のことである。
倭屯田(やまとみた)に関わるエピソードで、管理する「おうの宿禰」に対して、ある皇子が「俺のものだ」と言ったが、故事にくわしい人がいて、「ここは倭屯田」で大王のものと言い切り、要求した皇子は恥をかいたという話を倭直、出雲臣が伝承している。
倭の出雲がここで出てくる。松田先生は「山辺郡ということで天理だ」と言われたが、岸俊男先生などは、これは纏向の西方、南方といっており、その名残が中世の出雲の荘(興福寺荘園)であるという。

大 日下王(くさかおう)のこと
いま一つは河内政権に関わる話で、大王家とは別に大活躍する氏族がいる。伝承者にもたびたび出てくる。それは大日下王のことで、允恭、安康、雄略天皇の誕生や盛衰に深く関わりを持つ。
今の東大阪市に基盤があったとのことであり、「河内政権は大王家と日下王と並立していたのではないか」というくらいの大勢力だった。
ところがこの氏族の記述が途中からすっとなくなる。この日下王の記述があふれているが、記紀からスッとなくなる。ここら辺りに敗者、滅亡する者を惜しみ、記念し、記録する書が古事記であるという見方も生まれる。

衣通(そとおり)王のこと
このころの話だと、允恭天皇の木梨之軽太子と衣通王(皇女)の悲恋の話がある。
古代も同母兄妹の愛は禁止されていた。これに反し密に通じた。
「衣を通して美しさがにじみ出る」というくらいの美人である。忍阪にその生誕地という社があり、ここが産湯というところさえある。
こういう太子と皇女の悲恋のような、僕らが関心を持つような話は松田先生はしない。
たんたんと、政治的な対立、軽の太子と安康天皇の闘いとして描かれる。

雄略天皇のこと
安康天皇の時代にさきほどの大日下王は殺される。ところがその子の眉輪王に殺され、そのあと雄略(ワカタケル王)がすべての政敵を駆逐して大王となる。
この大王宮は脇本で名実ともにヤマト政権は大和に戻るというのが記紀の示す歴史である。

a0237937_8463183.jpg

勉強会は講演一時間、質疑討論が一時間、松田先生は若手研究者として、先達に挑む姿勢が明確で、大変おもしろい講演、議論となる。

奈良の空も青かった
a0237937_8301614.jpg

by koza5555 | 2012-09-17 00:50 | 桜井・初瀬 | Comments(2)

阿部連合区の役員会

連合区の役員会が開かれた。

神社の森の伐採が一つの議題である。
a0237937_317326.jpg
道に張り出した樫の木の大木。冬に切ることに

a0237937_3185754.jpg
神社への南口の階段。この階段の下に横穴古墳があるようである(桜井埋蔵文化財センターの談)。ちなみに本殿の下は谷首古墳で、いわば並び塚とのことである

連合区の会館にソーラーを付けようかという提案もあり、見積りをとることになる。


そして議題は出作(しゅっさく)協力金のことである。
「出作」、デジタル大辞典では「荘園内に居住する農民が、居住地以外の荘園・公領で田畑を耕作したこと」とある。

うちの村は、別段、荘園ではないが、村外に居住する方からは、(出作)協力金をいただいている。
払う側のメリットもある。
たとえば、「排水路などに不備がある」と要望が出されると、住民の方からの要望と同じような対応を村は行う。役所などに申し入れて修理などを実施させる。そんなことは個人でもできないわけではないが、煩わしい。

村の外にお住まいの方で、商店、工場、アパートなどを経営している方から集金するのである。
経営の面積によって決まる。業種などにより、若干の差がある。
僕は30軒近く、20万くらいを集金する。750円から5万円まで金額はさまざまである。

昨年は初めてということもあり、この集金は緊張した。
それぞれの感触は分かったが、そんなに軽やかではない。

交通や環境など地域と助け合って、事業も成り立っていることを理解していただきながら、丁寧に話し合って集金していく。
連合区のお金は、消防団、防災、神社、お寺(仏教のすべての宗派に対応できる)、お墓、連合区の会館、街路灯の整備や電気などさまざまに使われる。
by koza5555 | 2012-09-03 00:14 | 民生・児童委員・町内会 | Comments(0)

桜井周辺の初期大王墓をめぐって 白石太一郎近つ飛鳥博物館館長

第51回 桜井市夏季大学で白石太一郎先生の講演があった。
演題は「桜井周辺の初期大王墓をめぐって」で、大和・柳本古墳群の解説である。

a0237937_2064824.jpg
大神神社大礼記念館まえから。大鳥居、二上山を見て

講演は「奈良盆地は三地域に分けて考えよう」と始まった。
盆地の南部の東はヤマト、西は葛城。
北半分は「曾布(そふ)」の地、いわゆる添上郡・添下郡とのことである。

このヤマトの地に代表的な6つの古墳がある。
これを検討し、桜井周辺の巨大古墳がヤマト王権の初期大王墓であることを論証するというテーマである。

結論を急ぐようであるが、
一番古いのが箸墓古墳(桜井市。ヤマトトヒモモソヒメの陵とされている)。
次が西殿塚古墳(天理市、手白香皇女衾田陵である。継体天皇の后であるが、時代が200年も合わない)。
3番目が外山(とび)茶臼山古墳(桜井市)。
4番目がメスリ山古墳(桜井市)。
5番目が行燈山古墳(天理市、崇神陵)。
6番目が渋谷向山古墳(天理市、景行陵)とのことである。
6古墳、陵とも西暦で250年から350年の間のもので、大阪や馬見古墳群、佐紀盾並古墳群と比べても100年~200年ほどは古い時代のものである。

壺、埴輪、出土物(とくに三角縁神獣鏡などの鏡)などで、建築順、時期などの考証が正確になってきていると強調がある。

興味深い話が3つほどあった。

一つは岸本直文氏の古墳の「2系列説」である。
祭祀の王(女王)と政治の王が並列に存し、陵もそれぞれ作られたという論である。
ヤマト古墳群で言えば、6基あっても二系列の3代ということになる。
白石先生は「古墳は作成時は明確で、100年以上で3代というのは考えにくい」とこれには反対と表明された。

二つにはそれとの関わり合いで、初期ヤマト王権では祭祀と政治は別々の行われた可能性もあるとの指摘があった。
西殿塚古墳(手白香皇女衾田陵であるから発掘はできない)のように、前方部と後円部にそれぞれ高まりがあり、二つの竪穴式古墳が存するとみられると言われた。同時期の二人の王が埋葬されている蓋然性が高いとの分析である。
この測量図にもとづき、こういう論拠があるとは知らなかった。
a0237937_2091315.jpg
西殿塚古墳(手白香皇女衾田陵)。二つの高まりが明瞭である

三つ目として、「メスリ山古墳は大彦墓として、安倍氏族の奥津城の始めなどというのは論拠がない」と言い切られた。
メスリ山古墳も軍事、祭祀に有能な大王墓との主張である。

大和(大和・柳本・十市)の古墳群は初期ヤマト王権の古墳群であることは疑いなかろうと結論づけられた。
纏向遺跡などとともに、文献資料だけでは明らかにできない邪馬台国から初期ヤマト王権への変遷過程を解明することができる歴史的資料群があるという。
「飛鳥の時代以降の宮、都、古墳は国と県で主導的に調査をおこない、手厚い補助を行っている。
いまヤマト王権誕生のこの地域に、国と県の力が必要である」と強調された。

行燈山古墳、渋谷向山古墳も述べられたが、ここは僕も何回も書いているので今日は省略する。
a0237937_20105182.jpg
講演する白石太一郎館長

普通の話だが、観点に独創性があり勉強となった。
暑い日(会場内は寒すぎ)、お互いにお疲れ様でした。
by koza5555 | 2012-08-28 00:05 | 桜井・山の辺 | Comments(0)

日本葬制史を読んだ 

「日本葬制史」を読んだ。吉川弘文館の本である。
縄文時代、弥生時代から近代・現代に至るまでの葬送と墓制の歴史の解明である。

a0237937_8505434.jpg

箸墓古墳、北方から(春、菫の咲くころの画像である)

縄文や弥生時代はさておいて、古墳時代を考えた。
「人のお墓を見て何がおもしろい?」、そんなことを言われた方がいた。
その後の勉強で、また違う目で古墳を見られるようになったと書かれていたような記憶であるが・・・
奈良まほろば検定試験に合格するためには、古墳の勉強や見学は避けて通れないし…

この言葉を読んだとき、僕は少し驚いたし、改めてわがこととして考えた。
古墳を見たり、潜っていくとき、お墓に入るという気持ちがなかった僕。
古代の大庭園のように古墳をみて、大型の土木工事を考えるばかりの僕。

ツアーの案内で桜井市の艸墓古墳に入った時、その前に立ち寄った安倍文殊院で「穢れがあるところですから」と、お念珠をいただいたことを思いだした。

古墳を大切にした中世や近世の古墳周辺の住民の考え方なども、お墓を大事にするような考えだっただろうかとも考えた。

古墳時代の冒頭に「古墳とはなにか」という問いがある。
「高い墳丘をもった墓」という物理的な見方と
「弥生時代の墳丘とは違い、王権継承儀礼を伴う墳丘を古墳という」(石野博信さんなどの説)という説がある。

森浩一さんなどは、考古学からみて、「古墳は屍処理に必要以上の土地を、永続的に死者に使わせているところ」という見解だそうである。

このあたりまで来ると、「古墳は墓だけど、ほんとに墓?政治や社会的な位置は?」という疑問も正当性を得てくるみたいな気がして、すごく納得できる。


群集墳と巨大古墳との祭祀上での連動などを考察して、その関連性を解き明かす努力をされている。

飛鳥・奈良時代の墓誌一覧表なども付けられており、参考になる。

火葬と土葬の問題では、歴史をたどる綿密な解明がある。
700年、僧道昭の火葬に始まり、703年に持統天皇の火葬が行われる。
江戸時代や明治時代の火葬論もとてもユニークである。
土葬があって、そのあと火葬というのは、硬直した論であることを丁寧に論証する。

葬儀についても、村の互助的なものがあり、徐々にそれがなくなるという論は思い込みで、たとえば江戸時代から、現代のような葬儀社が町でも村でも存在したことを証明している。

墓地論もいろいろ多彩で、すべてを紹介できないが、般若寺の南方には、1200年代から墓地が形成されたこと、般若寺の伊行末(ぎょうまつ)によるとされる二柱の「笠塔婆」は明治維新までは、この墓地の入り口に立っていたと紹介されている。

勉強になったというか、おもしろい本であった。

a0237937_8452499.jpg

by koza5555 | 2012-07-12 08:52 | 読書 | Comments(2)

古墳の上には村の鎮守

台風のさなかではあるが、連合区の役員会が開かれた。

議題は協力金の徴収、連合区所有土地の立木が倒れて隣家に圧し掛かった件の処理、神社の例祭の準備と祭典の計画、自主防災会が新たに取り付けるサイレンの補助金の確認などである。

さて、今日は村有地のなかにある古墳の話をしよう。

連合区は新興住宅地を抱えるとはいえ、歴史のある村だから多くの不動産を持つ。
300人も入るという公民館を持っている。
ため池を持っている。
墓地がある。
お寺もある。宗派を問わず葬儀や法要のお手伝いができる村立のお寺である。
それから神社もある。
この神社がたいそうで、実は古墳も含めての境内がある。

奈良まほろば検定を勉強すると、桜井の磐余の道には、安倍一族の奥津城と言われる安倍文殊院東・西古墳、艸墓(くさはか)古墳などは避けて通れない。

合わせて、谷首古墳も勉強したはずである。
この谷首古墳、実は墳丘上に八幡神社がある。
この八幡神社がわが村の鎮守である。

a0237937_9513823.jpg


画像は八幡神社境内と谷首古墳の横穴の入り口である。


谷首古墳は後醍醐天皇の時代に砦が築かれたという歴史がある。
天皇の京からの脱出に始まる南北朝時代に、桜井は三輪西阿が南朝側として戒重(かいじゅう)城に立てこもり、安倍山、谷首古墳の上などに砦を築いた北朝側の細川軍との長い戦が行われた。
谷首古墳はその後も戦国時代にかけて砦の歴史がある。

いつころか、この砦跡が神社として、村の鎮守として祀られることなった。

今でも年に四回の例祭、秋祭りも執り行われる。
谷首古墳を見学されたときは、こんな歴史でもあるからわが村の鎮守にもぜひお寄りください。


ところで台風12号、日本海に抜けたとのことであるが、大きな被害も出ている。
風雨は今も激しく、十津川村では家も流され、行方不明者も出ている。
被害者の心情、いかばかりかと思う。
by koza5555 | 2011-09-04 09:31 | 桜井市と安倍 | Comments(0)