ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:大碓命 ( 2 ) タグの人気記事

大碓命と猿投神社

猿投神社(愛知県豊田市)に参拝。古事記ツアーの成功を祈ってきた。

御祭神は大碓命である。景行天皇の第一皇子で小碓命と双生児の兄である。

a0237937_11372150.jpg

①古事記によると、大碓命は小碓命(ヤマトタケル)にみじめに殺されてしまう。

②日本書紀の話はそれと異なる。東国攻めを命令されたが、恐れて従わなかったため、美濃国を任地とされ、美濃に下らされたとされる。

③皇后である播磨イナビ(印南)ノオオイラツメを母として、大碓、小碓は双子として生まれた。双生児は兄を育てないという慣習があったが、イラツメが大碓を隠して守り育てたという説話が残されている。大碓命を殺したとか、美濃に追いやったという話は、この双生児に絡んでの説話かとも思える。

併せて、双生児はどちらかが左利きという伝承も残されている。

この、大碓命の生涯がとても気になるのである。

この大碓命を祭神とする猿投神社が、愛知県豊田市猿投(昔は西加茂郡猿投町)に鎮座することを初めて知った。

40年も前に猿投神社経由で猿投山に登ったことがある。その猿投神社である。

大碓命は東征の命に服さなかった為に、美濃国に封ぜられる。命は三野国造の祖神の二人の娘を妃とせられ、二皇子(押黒兄彦王、押黒弟彦王)をもうけられたとされる。

ちなみにこの押黒彦王が牟宣都君(むげつのきみ 武儀郡)の祖先となった。

猿投神社の社殿によれば、大碓命は「猿投山山中にて蛇毒のために薨(こう)ずる。すなわち山中に斂葬(れんそう)し奉る」とされている。

古事記には記された、「兄の手足を切り、コモにくるんで投げ捨てた」と答えたヤマトタケルの乱暴ぶりは無かったと考えようという論も古代からあったということである。

猿投神社には絵馬のように鎌がいっぱい掛けられていた。大きな、そしてそれが鉄製などで、「左鎌」とあった。

古来より左鎌を奉納して祈願する特殊な信仰がある。その由来については記録がないので判然としないが、古老の言い伝えによれば、双生児は一方が左遣い(左利き)の名手であると言う。祭神・大碓命は小碓命(日本武尊)とは双生児であるので人々が命(大碓命)左遣いであらせられ、当時左鎌を用いてこの地方を開拓せられた神徳を慕って所願の成就を祈るときに左鎌を奉納する。

職場安全・交通祈願を会社関係者に祈られおり、そのときに左鎌が奉納されるようになったという。

a0237937_11353483.jpg

奉納された左鎌。さすが豊田市、トヨタをはじめトヨタ系列会社や職場のオンパレードである。ペラペラなブリキ板みたいなものではない厚くて重い鉄製・・である。

a0237937_11383388.jpg

拝殿前の欄干には親子猿の彫り物・・猿投神社である

a0237937_11361826.jpg

神社から歩いて70分。西宮

a0237937_11363516.jpg
a0237937_11355616.jpg
大碓命墓。宮内庁の管理であるが、「朝一番に参られた方は、下のペットボトルの水を花差しに注いでください」とある。僕も注がせていただいた。

大碓命はヤマトタケルの陰に隠れてしまうけど、なかなかいい男なんだ…

a0237937_11360601.jpg
素晴らしい境内、猿投神社



by koza5555 | 2017-08-04 12:28 | 万葉の旅 | Comments(0)

ヤマトタケル

10月に、古事記に沿ってヤマトタケルをテーマのバスツアーをご案内する。

ヤマトタケルは乱暴者?

ヤマトタケルは知力と武力に優れた英雄?

ヤマトタケルは退路を断たれた悲劇の主人公?

ヤマトタケルのイメージが溢れつくすようなツアーを実施したいものである。


a0237937_19202106.jpg
大和琴弾原陵(御所市)。大和のヤマトタケルの陵。竹藪の中、外周を歩けるが、これは方墳だろうか

ヤマトタケル、
古事記や日本書記を見直してみるが、「魅力、どこ?」と遠い人なのである。
そこで、
例えば黒岩重吾はヤマトタケルをどんなふうに書いているのかなと考えて…ぺらぺらと読んで見た。
a0237937_19201074.jpg

ヤマトタケルのにし・東に遠征する前の大和での生活を考えるとき、兄さんの大碓命との関係は重要である。

兄に出仕するように教え諭せと天皇に言われるが、ヤマトタケルは「手足をちぎり、コモにくるんで投げ捨てた」との乱暴を兄に対して行ったと古事記は記す。

ここをしっかり考えたい。古事記のツアーだが、ここは書記の力を借りなければどうにもならない。数知れない景行天皇の皇子のうち、大碓命とヤマトタケルは母をともにする兄弟である。自らの力を弱めるような、そんな乱暴するんだろうか。

古事記によれば
景行天皇の時に、天皇は美濃の大根王の兄比売、弟比売の二人の娘が美しいと聞き、妻に迎えようと大碓命を派遣する。ヤマトタケル(小碓)の同母の兄である。

ところが大碓命は、その二人の娘を自分の妻にしてしまい、代わりの娘を偽って大和に連れ戻った。天皇はそれに気づくが、大碓命を処罰することはなかった。

大碓命が兄比売に産ませた子は宇泥須和気(うねすわけ)の祖先となり、弟比売に産ませた子は牟宣都君(むげつのきみ 武儀郡?)の祖先となった。

こんな状況だから、大碓命は天皇(景行天皇)を避けるようになってしまう。そこで弟の小碓命に、「出仕せよと教えさとせ」と命令する。

小碓命は、「兄の手足をちぎり、コモにくるんで投げ捨てた」と答えた。

天皇はその乱暴ぶりを疎ましく思い、「西の熊襲を撃て」と追い払った。

これが、古事記である。

日本書記は、ここらあたりはだいぶ違う。

天皇が美濃の国造の娘、兄遠子、弟遠子を召し上げようと大碓命を遣わすが女と通ずて、天皇が恨みに思うのは同じである。

その後、天皇は熊襲を撃つ。「倭は国のまほろば たたなづく 青垣 やまごもれる 大和しうるわし」を」歌われたとされる。

こうして、いったんは平定する。さらにヤマトタケルを熊襲征伐に改めて、送ったとされていて、日本書紀には「大碓命を殺した」という話がないのである。


黒岩重吾はこれを取り上げて
500ページの「白鳥の王子 ヤマトタケル 日本の巻」を書き上げてしまった。

大碓命は山背で、秘密の屋敷を持ち兄比売を住まわせるが、天皇の知るところとなり、ヤマトタケルに「大碓命を殺せ」と命令するのであるが、ヤマトタケルは兄を殺さず、美濃に兄を送ったという話を作り上げた。

古事記と日本書記の折衷であり、またその後に大碓命が美濃や尾張・三河に足跡があるとの伝承を取り入れ、まとめ上げているのである。


a0237937_19472538.jpg
愛知県豊田市に鎮まる猿投神社の御祭神は大碓命。しかもこちらには大碓命の墓も残されているというのである。
こちらは猿投山への登山口に当たり、僕も立ち寄ったことがあるのである。写真はないので、Wikipediaから借用した。


イナビ(印南)ノオオツラヒメを母とする大碓、小碓をライバルとして敵視し、疎んだ、皇后のヤサカノイリヒメの策略による攻撃を合間に挟んで、話が楽しめるようになっている。
ちなみに大碓、小碓の母は早く亡くなっている。皇后のヤサカノイリヒメの長男は成務天皇(第13代)である。


ヤマトタケルの西征、東征にはこの皇后の意向が働くのかという予測があり、ヤマトタケルの繰り返しの遠征は景行天皇の意向というより、皇后の意向なんだろうか・・・

景行天皇をめぐるヤサカノイリヒメ(成務天皇の母である)と大碓命とヤマトタケル(仲哀天皇の父である)の力関係とか、微妙におもしろい。

使命に生きたヤマトタケル、愛に生きた大碓命がとっても好きになった。


登場人物が、とりあえず好きになること、それが講演やツアーの成功の第一歩である。

ヤマトタケルの三陵を拝見してきた。

a0237937_19220983.jpg

  • 能褒野墓。三重県の亀山市、考古学では「能褒野王塚古墳」である。
    a0237937_19203420.jpg
    隣接の能褒野神社。明治18年(神社境内説明看板による)
    a0237937_20105355.jpg
  • 白鳥陵(しらとりのみささぎ)御所市富田。琴弾原古墳。幅約28メートル×約45メートルの長方丘とされる。
    a0237937_19195100.jpg
  • 白鳥陵(しらとりのみささぎ)大阪府羽曳野市。考古学名は「軽里大塚古墳」







  • by koza5555 | 2017-07-11 20:12 | 奈良 | Comments(0)