ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:奈良まほろばソムリエの会 ( 3 ) タグの人気記事

ヤマトロジー、3月は「世阿弥の生涯」(ゆかりの奈良の地)

奈良まほろばソムリエの会は県下の社寺・史跡の案内でその活躍が注目されている。さらに「奈良県に関わる講演なら、どの地域、どんな課題でも講師を派遣します」と公言できることが大きな自慢である。
会は各種のカルチャーセンターなどに数多くの講師を派遣しているが、なかでも近鉄奈良駅ビルのクラブツーリズムの「まほろば講座」、「まほろばソムリエのヤマトロジー講座」には、注目していただきたい。
毎月、第4土曜日(月により異なることあり)の午後に「まほろばソムリエの会」が講師を派遣している。テーマは事前に発表され、お客様は参加の申し込みを一回ごとにできるというシステムである。こんな講座は、講師はとくに腕に磨きをかけて、お客様との一期一会を楽しみにするのである。

3月の講座(3月25日)は「世阿弥の生涯」(大和の世阿弥)と題して大山恵功さんがお話しする。
足利義満の庇護のもと、京都で大活躍、観世流のもとを作り上げたという世阿弥の生涯であるが、「世阿弥の原点は奈良に在り」ということをお話しされるようである。
a0237937_2213189.jpg


大山さんは、現在の「能楽」は大和が発祥の地であること。世阿弥は大和に生まれた人物であり、それに関するゆかりの地がたくさんあることを紹介される。
「能」を鑑賞するきっかけはなかなか難しい。大山さんは観世流の世阿弥とそれと関わるゆかりの地を具体的な奈良の地名を上げながらの解説で、そんな土地も考えながら、「これを機会に御能に親しんでほしい」との思いらしい。

興福寺の薪能(薪御能保存会)、宇陀阿騎野の蛍能、談山神社の談山能など身近な場での能の鑑賞の機会もあり、この講話は僕も期待しているのである。

a0237937_22325721.jpg
薪能、これから始まります
a0237937_22385387.jpg
これは阿騎野の蛍能。能舞台で乱舞する予定だった蛍、しかし雨で・・・ネットに入っている蛍を鑑賞しただけだった。


ぜひ3月25日(土)の午後、近鉄奈良駅の6階、クラブツーリズムでお会いしましょう。


申し込は クラブツーリズムへ  電話は0742-90-1000

  申し込みフォームはこちら

会場はこんな感じだ
a0237937_22305371.jpg

by koza5555 | 2017-02-26 22:51 | 奈良 | Comments(0)

奈良検定(奈良まほろばソムリエ検定)

一月の第2日曜日は奈良検定(奈良まほろば検定)試験である。
a0237937_8221290.jpg

今年が第10回目、10年続けば奈良検定もおよそ定着してきたということだろう。

そこで、この奈良検定、あっちゃんも今年から受けるという。
たびたびすすめてきたが、関心を示すことが無かったのだが、今年は違った。
観光案内所のアルバイトに行くようになってから、あっちゃんは奈良がちょっと好きになったようである。

さっそく、公式テキストをプレゼント。
奈良まほろばソムリエの会のHPのリンク集で配布されている、「ズバリ!奈良検定2級の要点整理」(ソムリエの会鉄田専務理事作成)もプリントアウトして進呈である。
a0237937_8261563.jpg


a0237937_8264930.jpg


あっちゃんの質問も鋭くなってきて、「森鴎外の門、知ってるか?」とか「雪消の沢は、どう読むのか」などで、たじたじである。

奈良検定の合格への道は
「要点整理」を読み、「テキスト」はきちんと読んでおく。
多くの史跡・社寺を拝見して、それを書きとめておく(ブログなど)。
あっちゃんはそれを始めている。

そして、「認定支援セミナー」(2級は12月13日)も受講すると。申し込みも済ませた。このセミナーは勉強になるし、受験の刺激にもなり、受験・合格の支えになる。
そんなことで、これからもあっちゃんの奈良検定、続報を紹介していきます。

「奈良をより深く理解」し、「奈良を訪れる皆さんに、そのすばらしさを伝えることができる人材の育成を目指します」(奈良商工会議所)とあるが、愛知県からきた僕が、奈良を語ることとなった入り口は、この奈良検定だった。
by koza5555 | 2015-11-08 09:11 | 奈良 | Comments(2)

楽しかった古事記と宇陀のバスツアー

奈良まほろばソムリエの会と奈良交通が提携して、古事記のテーマで奈良県下を回るツアーをおこなっている16日の日曜日は、四条畷の津山さんと共同して「神武東征と宇陀」のテーマのツアーガイドを成功させることができた。
a0237937_23214186.jpg
宇太水分神社の瑞垣内で三家宮司の解説を聞く
幸いにも暖かい日だったが、忙しい師走の16日、しかも選挙の投票日にツアーに来ていただいた方々にしみじみお礼を申し上げます。
前回にもまして、始めからテンション高く「雑賀節」爆走で失礼なことも言ったかもしれないが、熱心さの余りということで、お許し願いたい。

a0237937_23233330.jpg
今朝も緊張して八木のバスターミナルで奈良交通のバスを待つ
お土産に予定していた「宇陀せんべい」が諸般の事情で販売されなかった。
それで、今回の僕のお土産は宇陀松山の日進堂の「宇陀五香」である。落雁様(よう)の衣に包まれた粒あん、優しい甘さが上品である。
小豆あん、葛、抹茶、ごま、桂皮末(ニッキのこと)の五色で宇陀五香である。
a0237937_23243484.jpg

by koza5555 | 2012-12-17 00:09 | 宇陀 | Comments(0)