ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:宇陀 ( 33 ) タグの人気記事

宇陀市向淵のすずらん群生地、開花

近畿地方のスズランは貴重である。宇陀市向淵(むこうじ)と奈良市都祁の吐山(はやま)のすずらん群落地は昭和5年11月19日に国の天然記念物に指定されている。

5月19日、このすずらんの花を撮りたいと訪れた。4月27日以来、4回目の訪問だった。
a0237937_20371934.jpg
咲き始めである

100万年も前の寒冷期にスズランは南下したという。その頃は近畿地方もスズランの群生に覆われたとみられるが、その後の暖期に死滅、北進したとのことである。
向淵のスズランはいわば、化石のようなものなのである。

向渕や吐山のすずらんは、①高度が高くて(海抜500mくらい)、気温、地温が低く、温度の時間差が少ない、②北西向きの斜面に生える、地中温度がことさら低い。③斜面の形、風向きなど特異にスズランに有利に働いたことにより生き延びたとされている。
微妙な言い回しもあるが、高地ならどこにもあるわけでないことが良くわかる。天然記念物として指定されるにはわけがあるのである。
a0237937_2048474.jpg
群生地入口の看板

群生地は歩行通路、柵などが完備された。3月中の工事だが、遅れに遅れてやっと完成したようである。先日も工事関係者に「相当遅れていますね」と声をかけたら、「花には間に合わせます」と汗を拭いていた。
a0237937_20511181.jpg

花はまだ、一週間くらいは大丈夫だ。吐山か向淵、一度はご覧いただきたい。栽培されたものと違い、とにかく小さくてかわいい。可憐である。
向渕は群落地のすぐ下に5台程度の駐車場があるが、そこまでの道がとても狭いので譲り合って入ってください。
by koza5555 | 2013-05-19 21:29 | 宇陀 | Comments(0)

4月21日の室生寺は正御影供

正御影供(しょうみえいく)の室生寺は石楠花が早くも咲いた。
a0237937_17412269.jpg
可憐な五重塔を背景にしてさきほこる室生寺の豪華な石楠花。

弘法大師が入定した21日(旧暦)に、お大師さま報恩の法要が行われる。
女人高野、真言宗室生寺派は毎月21日に御影供(みえいく)をおこなっているが、4月21日は正御影供(しょうみえいく)で本堂で法要が行われる。
旧暦で21日、それを新暦にあわせて日時を決めている宗派もあるが、室生寺は4月21日に行う。

今年は4月に網代智明新管長が就任したことから、その就任式も合わせて行われた。例年は本坊から本堂(灌頂堂)に向かうが、今年は室生の町を歩き太鼓橋を渡っての入山である。
a0237937_17522684.jpg
太鼓橋を渡る室生寺派の僧侶

a0237937_17531127.jpg
鎧坂を上がる僧侶と参列者、稚児
列を先導し列を守る金棒は室生の村の消防団の幹部である。
僕はツアーの準備で何度も何度も室生寺を訪れてお話を聞いた。
室生寺のお堂を守ったり、受け付けで働く皆さんは室生の人ばかりである。山の中のお寺だもの、それは当然かとは思うが、ほんとうにみなさんが室生寺を好きなことがすごいと思う。「日本の女人高野だが、室生の大切な宝」という感じで、室生寺は深く地域に溶け込んでいる。

正御影供の朝、境内の砂利をならすHさん。寒い朝だったが、汗びっしょりである。いつもは納経帖を受け付けている方だが、いつもいろいろなことを教えていただいている。もちろん、室生の方である。
a0237937_1755189.jpg



さて、石楠花である。本坊のあたりは五分咲以上。五重塔あたりは二分から三分で、連休のさなかに満開となろう。僕も4月28日、5月5日とツアーガイドがあるが5日は少し心配である。
a0237937_17563228.jpg

by koza5555 | 2013-04-21 18:40 | 宇陀 | Comments(0)

奈良まほろばソムリエ検定の体験学習プログラムを案内する

奈良商工会議所は奈良まほろばソムリエ検定の体験学習プログラムの日程を発表している。
a0237937_2122478.jpg
ソムリエの会による企画、案内の大宇陀・阿騎野プログラム

単なる知識の習得だけでなく、さまざまな体験を通じて、奈良のよさを理解していただくために、「奈良通2級」合格者を対象に体験学習プログラムを実施いたします。
尚、体験学習プログラムの履修が、「奈良通1級」の受験要件となりますので、「奈良通1級」へのチャレンジをお考えの方は、必ず1項目以上を履修してください。(奈良商工会議所HPより)


この体験学習プラグラムのコース作りと当日のガイドを行うこととなった。
10月20日(日)の「奈良まほろばソムリエと歩くⅢ~榛原と大宇陀・阿騎野を訪ねる」である。
この体験プログラムの講師は特別の感慨がある。
いくつかのバスツアー、ウォーキングなどの案内をしてきた。記紀万葉に関わって奈良の歴史や観光の講演さえも行っている。
僕のこの講師やガイドの土台は「奈良まほろばソムリエ検定」の受験勉強だった。試験のためにノートを取りながらテキストを読みこんだ。奈良県中を走り回って、その景色や実物を記憶に焼き付けてきた。そして体験学習プログラムも3回は参加して勉強を重ねた。

体験学習プログラムはこんなふうに思い出が多いのである。この体験学習プログラムを案内する役割が僕に回ってきたのだ。
そして、このプログラムはまほろばソムリエの会がコース立案し、講師も行う初めての学習プログラム(僕の知る限り)である。この成否は体験学習プログラムへのソムリエの会の関わりを広げるうえでも大切なものである、かかわった僕の責任も重大である。

そんなことから、大宇陀・阿騎野の体験プログラム、良く学べて、ムチャクチャ楽しいツアーとしても成功させるつもりだ。

コースは榛原駅に集合、大宇陀に路線バスで向かう。
万葉集のゆかりのかぎろひの丘と阿紀神社をおとずれ、「東の野にかぎろひの立つみえて かへり見すれば月傾きぬ」(柿本人麻呂)をみんなで朗唱する。
宇陀松山城の唯一の遺構である西口関門を見学して宇陀松山の成り立ちや中世の歴史を学び、森野旧薬園など重要伝統的建造物群保存地区の松山の町屋を見学する。
a0237937_2234347.jpg
残されている江戸時代の町屋の数々

a0237937_2263128.jpg
カザグルマ自生地の写真から。開花期は5月から6月である
元の大宇陀町の町の花であるカザグルマ自生地を見学して、昼食は地元産の食材をふんだんに使った今阪屋旅館の弁当をいただく。

その他にも墨坂神社、大願寺など「ソムリエならではこそ」のお話しをする。
a0237937_2275293.jpg
大願寺、おちゃめ庚申

このプログラムはTさん(女性)との共同ガイドだが、よく学び、よく練習して判りやすくコンパクトな説明を二人で実現させる。

体験プログラムに参加される合格者のみなさん、宇陀のプログラムをお忘れなく検討されますように。
by koza5555 | 2013-04-17 22:19 | 宇陀 | Comments(0)

仏隆寺の千年桜は満開に

宇陀市榛原の仏隆寺の千年桜が満開と聞いた。今晩からライトアップもあるとのことである。
この写真は一昨年の19日の写真である。今年は8日には満開とのことであるから、10日ほど違う。
a0237937_2134126.jpg


さて、石の上にも三年と言うが、僕の習字は遅々としてすすまない。
もちろんはじめてまだ一年半、しかも三月などはさまざまな理由をつけて、毎週のレッスンが月に一回しかできなかったという始末だから・・・

今日は練習したのは、「鯛は花は 見ぬさと(里)もあり けふの月」である。
鯛が食べれぬ、桜も見れない里があっても月はどの里にもあるという井原西鶴の句である。
a0237937_21362650.jpg
月見を誉める歌であるが、現代は月が見にくい大都会はあるが、桜はどこにもあるように思える。

西鶴の句などを見ると、江戸時代の中期、桜はけっこうな貴重品だったんだろうか。ソメイヨシノなどが出てくる前の時代の話である。
by koza5555 | 2013-04-08 22:21 | 宇陀 | Comments(5)

滝蔵権現桜、東吉野の宝蔵時の枝垂れ桜

4月に入ってからは健康状態に問題があったり、ツアーの下見・相談が2回入ったりで桜を見ていない。

「ツアーの下見なら、花も見れるじゃん」だが、説明役となるとカメラばかり構えているわけにはいかない。
風雨の様子も見ながら、桜の写真を撮って回る。午後からはあっちゃんも「行きたい」ということで、桜井や宇陀を回った。
a0237937_19555799.jpg

長谷寺、これは雨の中。霧がかかったりで鮮明とは言えないが、これも一風景である

a0237937_19565616.jpg
瀧蔵の権現桜
瀧蔵は16軒。神社を中心にまとまっているような集落である。暖かいお茶のサービスまでされている。
それにしても権現桜は難しい。昨年も遅かった。今年は一週間以上早く7日の今日に伺ったが、盛りは3日間ほど前だったようである。

NPO法人奈良まほろばソムリエの会の小北会長が、東吉野村の宝蔵寺の枝垂れ桜を産経新聞の奈良再発見で紹介されていた。
菟田野まで入ったのだから、「えいままよ」と訪ねてきた。
a0237937_19591823.jpg
 「落花激しく」という風情だった

これは芳野(菟田野)の勝林寺である。菟田野の秋祭りで何度も訪ねた。桜はどんなかと訪れてみた。
a0237937_201061.jpg


菟田野の桜である。芳野川沿いに見事に咲いていた。
a0237937_2024080.jpg



桜井の山間部、宇陀などの桜を見ていると、ソメイヨシノなどよりエドヒガンなどに暖冬の影響が大きく出ているというのが実感である。
by koza5555 | 2013-04-07 20:43 | 奈良 | Comments(0)

読売ファミリーのツアーの案内

読売ファミリーのツアーの案内をする。
すでに募集は始まっていると思うが、「読売ファミリーが手に入らない」。
ゲラ刷りはこんな具合だ。
a0237937_793838.jpg

宇陀市室生三本松の中村区、安産寺からツアーは始まる。この地蔵菩薩を拝観して、続いて室生寺で十一面観音菩薩、さらに聖林寺で十一面観音菩薩、安倍文殊院で文殊菩薩の拝観というコースである。
日程は一回、5月16日(木)の午前10時八木、午後5時八木解散ということだ。

菩薩はオールマイティ人を助ける。人が菩薩にすがるためには、その菩薩はどんな形であらねばならないか。和辻哲郎は「それは超人的な威厳と人間らしい優しさや美しさを持っていなくてはならぬ」と言う。今回、訪ねる菩薩こそ、そんなお姿をしている。
 
 案内が楽しみである。
 この下見は13日(土)に計画している。ツアーを募集する読売ファミリーの担当者にまず、感動をしていただかなくては・・

安産寺の地蔵菩薩(パンフレットから)
a0237937_7101183.jpg

by koza5555 | 2013-03-31 07:11 | 奈良 | Comments(2)

三本松の地蔵菩薩(重文)

三本松の安産寺(中村区)の地蔵菩薩(重文)と室生寺の金堂をいっしょに訪れるツアーの計画を新たにすすめている。

安産寺の子安地蔵菩薩は室生寺の金堂から流出したものであることは確実である。
この地蔵は「流れてきた」(安産寺側)、「修理に出したが戻らなかった」(室生寺側)と、主張はすこしだけ異なるが、室生寺の由来だとお互いにほぼ認めている。

この地蔵菩薩を拝観して、この地蔵菩薩がおられた金堂も拝観しようという夢のツアーである。これを企画した。
a0237937_21295243.jpg
安産寺パンフレットから

三つのことを書きたい。
一つは室生寺の金堂の番をしているおばちゃんにお話を聞いてきた。
室生に生まれ育った方で、室生寺の金堂に心からの愛着があるという方である。

おばちゃんが話したい順は
① 十二神将、辰と羊は奈良博物館に出稼ぎに出た。
② 釈迦如来というが、蟇股に薬壺、薬師如来の眷属の十二神将がそろっているから、薬師如来だと皆さんが言われる。
③ 聖観音菩薩と大日如来、蔵王権現は西の山から来たものだ。
④ 地蔵菩薩の光背が合わないでしょう。はじめの地蔵菩薩は外にある・・それはね・・
という具合である。室生寺の関係者はあまり安産寺に行かれていない様子だが、このおばちゃんは安産寺の地蔵菩薩は拝観したことがあるとのことだった。

二つは、どんな経過で流出したかということである。
室生寺は興福寺の法相宗から真言宗に移行している。
1600年代に室生寺は興福寺と長老職をめぐって争い、一旦は興福寺の勝訴(1658年)となるが、その後、桂昌院の支持を受けて巻き返し1698年には興福寺から脱する。
地蔵菩薩の中村区の流失は1688年(彩色修理に出す)との見方もあり、そうであれば、この間の争いの中のことである。
a0237937_21361131.jpg

三つ目である。
三本松の安産寺、室生の道の駅の上のすぐ上である。駐車場に停めて北の山を見ると、大きく表示されている。
通常は毎月9日の午前に開扉しており、1月24日初地蔵、8月の第4日曜日の午後がご縁日法要である。
像高は180センチ、榧の一木作りで顔の表情やY字形に流れる翻波式(ほんぱしき)衣文(大小の波が繰り返すような衣文)が、室生寺金堂本尊の伝釈迦如来と共通で、弘仁末の造像と言われている。

この子安地蔵は国指定の重要文化財(昭和15年に国宝指定、戦後指定替え)となっている。
by koza5555 | 2013-03-07 22:25 | 宇陀 | Comments(0)

うだ・アニマルパークの獣医の講演

毎年いまごろ、民生委員・児童委員の研修会が開かれる。一年の活動をまとめる形で高齢者福祉部会、障害者福祉部会、地域福祉部会、児童福祉部会などの部会報告ののち、うだ(宇陀)アニマルパーク振興室の藤井敬子獣医から、「人と動物との関わりを通して考えるいのちと責任について」いう講演が行われた。

うだアニマルパーク行かれたことありますか。
a0237937_10543984.jpg

これは昨年の連休の時の写真である。獣医の姿で聴診器を当てる孫。動物はぬいぐるみである

藤井先生は「動物とのかかわりの中で、大人も子どもも人間性が豊かになる」というお話をされた。そして、そのテーマを具体的な関わりや治療のなかでの経験を語りながら、お話しをすすめられる。
a0237937_10485283.jpg

民生委員の研修会

うだ・アニマルパークの動物愛護センターは年間2000匹以上の動物を引き取る。ほとんどが迷子になったり、飼えないと持ち込まれるペットとのことである。

「引越し先はペット禁止のマンションだから」とか「健康を害した、老いた」とか、中には「大きくなりすぎた」という理由さえあるそうである。

もともと動物は人との関わりで三分類されるという。ペット、家畜、野生動物である。
ペットの定義は「人間と一緒に暮らしている動物」であり、食べ物を与えてペットの一生を人が面倒みるのが普通である。(ちなみに家畜の定義は人間の役に立つために農場で生きる動物、野生動物は人間と関係なく自然の中で生活している動物とのことである)

「ペットの5つの自由+1」ということを言われた。
①飢えと渇きからの自由、②肉体的苦痛からの自由、③疾病からの自由、④恐怖からの自由、⑤正常な行動ができる自由(動物の行動パタンから広さや高さなどが適切か?)である。
+1は「終生飼育」である。

こんなこと良く考えながら、ペットのお世話をするならば大人も子どもも愛情のある豊かな情操が育まれるというお話しだった。

藤井さんたちは、こんなことを考えながら持ち込まれた犬や猫の性格、行動をチェックし、新たな飼い主を捜すという業務をすすめられている。

新たに犬、猫を貰い受けたいという方は、動物愛護センター(0745-83-2573)にどうぞ。
a0237937_10494717.jpg

昨年の五月のうだ・アニマルパーク
by koza5555 | 2013-03-04 10:50 | 民生・児童委員・町内会 | Comments(0)

宇陀から山上ケ岳をながめた

所用で榛原に出かけた。女寄(みより)峠から帰ろうと思い、ちょっと最近気になっている安田に登ってみた。

笠間の新陽明門院陵の下手から笠間の岳に登ったことがある。尾根道をだらだらと降りてくると蓑丸長者屋敷跡に出た。そのまま山を下ると安田だった。
それ以来の安田である。今回は車である。

高見山を期待して登ったが・・・
a0237937_22355322.jpg

これは山上ケ岳であり、稲村ケ岳である。

ちなみに笠間の岳に登ったのは4年前である。桜井からこの山は目立つが、登り始め(笠間)が高いからさほどの道ではなかった。
その時の写真である。
a0237937_22363257.jpg

さて、昨日はFBであっちゃんの英検や息子の国家試験のことを書いた。

一枚目が二人をそれぞれ送り出した桜井駅。
a0237937_2238657.jpg


「.あっちゃんは今日、英検一級二次試験、2回目だ。息子も今日が国家試験、それぞれを朝の桜井駅に送った。僕はハラハラしながらただ待つのみだ。」

二枚目は居酒屋でのご苦労さん会である。
a0237937_22384343.jpg

今日は英検二次試験。結果はともあれ、夕食は居酒屋。チゲ鍋をつついてのご苦労さん会である。あっちゃんはいまは反省はしていない。「結果を見てから考えよう」である。
.

たくさんの方から、素晴らしい励ましのお言葉をいただいた。改めてお礼申し上げます。
by koza5555 | 2013-02-25 23:33 | 奈良 | Comments(0)

宇陀市大宇陀の大願寺

10月の事だが、榛原から大宇陀にバスで入って、歩いて回るというツアーの計画を立てた。

阿紀神社、西口関門、松山の町並み、もちろんかぎろひの丘での万葉集の朗詠つきである。
一日コースだから食事ということなるが、弁当は持参しなくて今阪屋旅館さんでの昼食となる。

このツアーは「将来のツアーガイドを養成するためのツアー」である。
だから、「史跡をみて、食事場所も楽しんで、買い物もできるというツアーコース作りの勉強会」になるように工夫してみた。

さて、コースは最後に大願寺を訪ねることとなる。バスの時間を見ながら慌ただしくということにならないよう注意しよう。
a0237937_1954644.jpg

大願寺、真言宗の御室派(仁和寺)で、大宇陀区拾生にある。道の駅大宇陀のすぐ上である。

ご本尊の十一面観音菩薩は、1885年(明治18年)に本堂焼失のとき、お身体が焼け残ったことから「焼けずの観音」として知られている。三尺三寸のお姿である。

宇陀松山城主織田信武建立の毘沙門堂や、境内には仏足石、おちゃめ庚申(漫画風の石造庚申像。江戸末期の1843年の作)として知られる、庚申像がある。
a0237937_1973088.jpg


薬草などを調理した薬草料理(予約必要)でもよく知られている。

境内に立つとものすごい大樹がある。つがの樹と思い込んでいたが、このたびお寺さんのお聞きすると樅木(もみのき)との事であった。

樹齢は不明だが、人里でこれだけの巨樹は珍しいとのことである。
a0237937_1982339.jpg

いま一つ見てほしい。
狛犬ですか?実は虎なんです。
a0237937_1985391.jpg

織田家四代目の織田信武が毘沙門堂を建立したことを始めにして、大願寺は毘沙門天を祀っている(お堂は明治時代に再建されたもの)。
聖徳太子が物部守屋とのたたいかいで毘沙門天に助けられたのが寅年、寅日、寅刻だったので、「虎」が毘沙門天の使いとしてあつかわれる。

信貴山の毘沙門天は寅に縁のある神として信仰され、大きな張り子の虎が置かれるが、この狛犬型の寅は同じ意味である。

境内には、野依の人、山尾一楼の「あ騎野路や 古き帝(みかど)の 狩の場(にわ)」の句碑が立つ。
by koza5555 | 2013-02-23 19:10 | 宇陀 | Comments(0)