ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:桜井市仏教会 ( 1 ) タグの人気記事

ウォーナー博士 報恩供養の法要

6月9日、安陪文殊院でウォーナー博士の報恩供養法要が行われた。
桜井市仏教会の主催である。

a0237937_1801695.jpg
ウォーナー博士 報恩供養塔を前にしての法要


a0237937_1821940.jpg

報恩供養塔は「安陪清明公 天文観測地」に建立された。西の空が開けている。

ウォーナー博士 報恩供養塔について

ウォーナー博士は、1881年アメリカのニューイングランドに生まれ、ハーバード大学出身の東洋芸術史家で日本美術の偉大なる権威者です。第二次世界大戦において、日米の風雲急なるやその親友ハル国務長官を訪ねて戦争防止を進言されました。不幸開戦となるや、アメリカの政府と軍の上層部に辛抱強く奈良と京都をはじめとする古都の文化的価値の説得に成功されたおかげで、アメリカ軍の日本本土空襲の時にも空爆リストから外されました。この地に立つウォーナー報恩塔はこのウォーナー博士の功績に大変感動した桜井市の一市民であった中川伊太郎さんが、日本人が博士に寄せる感謝の気持ちを永久に残したいという気持ちから自費で建立されました。因みに中川さんは当事、失業対策事業で働く日雇い労務者という大変苦しい生活を送っていたにもかかわらず、こつこつと貯えた十万円の全財産を出して昭和34年5月に建立されたものです。この建立の相談を受けた当時の市長及び桜井市仏教協会と当山住職は、この美徳を称えたいとの思いから場所の提供をはじめてとして毎年6月9日のウォーナー博士の命日に報恩感謝の供養を厳修することとし、爾来桜井市仏教界主催によって6月9日の博士の命日に法要が行われています。

a0237937_1844468.jpg


ウォーナー博士の功績の否定論もさまざまである。
「ウォーナーリストは略奪品の返却の為につくられたもの」であるとか、ウォーナーリストに載せられながら空襲にあった各地の文化財を示して、ウォーナー博士の役割を否定するという論などである。

愛知県や名古屋市で60年間暮らしてきた僕から見れば、奈良や京都が大規模な空襲から逃れたことは驚異である。

安倍文殊院の植田ご住職は「奈良の文化財が守られたこと、それに感動して碑を建てようとした方がいたこと、その法要は誇るべきこと」と法要を締められた。
a0237937_1852951.jpg

by koza5555 | 2017-06-09 18:11 | 桜井市と安倍 | Comments(0)