ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:横大路 ( 2 ) タグの人気記事

橘街道は中ツ道

桜井市の駅前エルトで2年間、「おもしろ歴史講座」というカルチャーをやらせていただいた。
ところが、この秋からこのエルトが改装するとのことで、カルチャーはいったん中止することになった。
あと、何回かはやろうということになり、連休明けの5月5日(金・祭日)は、「中ツ道と今の道。条理と環濠集落」というテーマで、桜井市の西部を取り上げることにした。
古代の街道をやりたいのだが、今回は中ツ道に絞って考える。

この中ツ道は橘街道と言われた時代がある。

古代(7世紀)、奈良盆地を南北に結ぶ3つの街道が作られました。中ツ道は、その街道の一つで、平城京と橘寺を結んだことから、近世には「橘街道」とも呼ばれていました。奈良市街の中央部から、大和郡山市と天理市、桜井市と田原本町や橿原市等の境界を通っていたのですが、現在では街道の名残はほとんどなく、細い道が所々に残っています。
・・・この中ツ道に「橘」を植樹して、橘の並木道にしようという計画がすすんでいます。大和郡山市の石川町と白土町付近で、まず20本くらいの橘を昔の街道に沿って植える構想があります。奈良盆地を南北に通る「橘の並木道」が完成すると、将来は壮観な景観が生まれそうです。
(大和郡山市石川町の掲示板から・記載者不明)
a0237937_20591623.jpg


「左近の桜、右近の橘」の橘である。
垂仁天皇の時代、常世の国に「ときじくのみ」(非時香具菓)を求めて橘を持ちかえった田道間守(たじまもり)を引くまでもなく、古代の橘は樹木としても、果実としてもその位置は高いといえる。

横大路、桜井市西ノ宮の三輪神社から北上するのが中ツ道。今回は橘街道は中ツ道と割り切って考えてみる。

a0237937_2117324.jpg
桜井市西ノ宮の氏神、三輪神社の南西側。中ツ道の始まり

a0237937_21175587.jpg
ちなみにこちらは下ツ道(中街道)

a0237937_21184547.jpg
これは上街道(上ツ道とは少しずれているが・・)。少しさびしそうだが、町つくり再建の意欲満々の交差点である。大和信用金庫の支店が戻ったり、喫茶店が間もなく開店する

横大路の交差点を、巷というか、辻というか、下ツ道、上ツ道と比べてみると中ツ道は相当趣きがことなることが分かっていただけるだろう。

今回は中ツ道である。北に向かうと、東竹田である。これは有名な大伴一族である。大伴氏の荘園、「竹田の原」である。
さらにその北には村屋坐弥富都比売神社である。
大海人皇子(天武天皇)軍と大友皇子軍が大和で対峙したのはこの地である。大伴吹負が総大将である。村屋で大伴が近江軍と戦うのは、大伴には領地的にも死活的な意味があるのだろうか。
a0237937_21221096.jpg
村屋坐弥富都比売神社参道

県道51号を北上することとなり、そのまますすむと、天理市を抜けて、西名阪道をくぐって…
路地のような細道の入り口に…「橘街道」の看板が設置されている。「橘も植わっている」。
大和郡山市石川・・である。

a0237937_21233468.jpg
橘の並木(木はまだ小さいが)

シャープの工場の東側を通り、・・県道754号線。こちらに道標があった。

a0237937_21243379.jpg
右 高野山  左 なら道

a0237937_21262180.jpg
桜井市を中心にして、古代道路と条理を整理した。明治末年頃の地図に赤い線は僕が書き込んでみた


5月5日の「おもしろ歴史講座」、大伴氏も軸にして、面白い話になりそうである。
by koza5555 | 2017-03-30 21:41 | 奈良 | Comments(0)

古代道路の謎

「古代道路の謎」(祥伝社)、「日本の古代道路」(角川書店)を読み直した。

a0237937_11184052.jpg
 「古代道路の謎」。奈良時代の巨大プロジェクトとあり、祥伝社である

「日本霊異記 下16」に古代の道路が描かれている。
「大和国斑鳩の聖徳王の宮の前の路より、東を指して行く。其の路鏡の如くにして、広さ一町ばかりなり。直(なお)きこと墨縄の如し。辺(ほとり)に木草たてり」とある。

 
こんな道、見てみたいなあ。
誰が作ったか、何のために、誰が通ったか、どうなってしまったか・・・である。


駅路が造られたころの日本は、国府、郡(大宝律令以前は評・こおり)がおかれ、郡衙、評衙(ひょうが)という役所が存在した。
①支配のための伝路(でんろ)で、都に向かっていた。

②道路の幅を視覚的にとらえるために側溝が作られた(中断したりしており、流された形跡がない)。

③土木工法を駆使して、維持管理もされていた。

④駅路は条里施工の基準線にもなっている。少なくとも地方では(駿河など)とあった。
 
古代道路のポイントが簡単にまとめられていて、こういう知識はいつまでも役に立つ。

駅路・駅制、「欽明天皇崩御、皇太子・敏達を呼び寄せるために駅馬を利用」(571年)したことが、記録の始めとのこと。

駅制の詳細は「大宝律令」(701年)に示され、
類聚三代格(るいじゅうさんだいきゃく)には、「天平宝字3年(770年)、東大寺の普照により、道路の両側に果樹を植えることの提言があり」、
同書には、弘仁12年(821年)に「街路樹の伐採を禁ずる」(薪にしてしまったんだろうか)とも記されており、古代の暮らしを身近にみることができる。


 群馬県太田市の東山道の発掘で、馬の埴輪がばらばらの状態で発掘されたことが紹介されている。
馬の埴輪は6世紀、道路は7世紀後半で100年以上の差がある。これは都や国府などの交差点で、道饗(みちあえ)祭が行われたと証拠という。

人と同じように神も道を経てやってくる。それを饗応する祭りだが、牛馬の供え物もある。その供えは毎年は無理で、代替として皮革で、さらには馬の埴輪で、ということだったんだろうかと解明があった。

人が通る道は、神も通る道だったという、こんな指摘がおもしろかった。
道祖神とか、村はずれの祠とかお地蔵さん、人を迎える、神も迎え送りだす、そんな意味も考えさせられた。

a0237937_1116382.jpg
横大路、起点ともいわれる小西橋。橋の東詰、西詰に愛宕さんやお地蔵さん

その後、古代の道路は衰退した。
墾田永年私財法(743年)に始まり、国家の財政基盤の悪化、国司らの富裕化、自立化はすすんだ。
延暦24年(805年)には、参議の藤原緒継の建言で、蝦夷討伐の中止、平安京の造営も停止。天武以来の国家による大掛かりな土木工事は終えんを迎えた。

古代の道路、駅路は8世紀後半に規模が縮小し、幅9メートルあったものが5メートルに。11世紀には1メートルくらいとなり、さらに都の向かう直線道路は自然に反するものも多く、維持が困難となり、廃絶されていったのである。

横大路は、現在も道路として使われる古代道路で、まずは場所が良いということだろうか。
by koza5555 | 2015-01-29 11:42 | 読書 | Comments(4)