ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

タグ:樹木 ( 7 ) タグの人気記事

記紀万葉と万葉植物図鑑

まほろばソムリエの会が奈良交通とタイアップして万葉集のツアーをすすめているが、僕もこのツアー、①初瀬と桜井、②宇陀、③盆地南部(橿原・田原本、三宅)、④来年だけど藤原宮周辺の4コース8回を引受けた。

このツアーを受けた直後、入手した本は・・・「原色万葉植物図鑑」桜風社発刊、1960年代の本である。著者は小村昭雲さんというが、ご存命かどうか(明治35年の生まれである)である。
a0237937_21284986.jpg

奈良、「もちいどの」のフジケイ堂で幸運にも手に入れた。万葉集の勉強、これが僕のいまの宝刀である。

万葉集で忍阪をガイドする予定がある。
忍阪の玉津島明神にて、古事記の衣通王(そとおりひめ)の
君が往き け長くなりぬ 山たづの 迎へをゆかむ 待つには待たじ を紹介する。

当然、君が行き 日長くなりぬ 山尋ね 迎へか行かむ 待ちにか待たむ (巻2-85)磐姫皇后の歌を合わせて紹介することとなる。

明らかに出所は同じであるが、磐姫皇后の歌は「山尋ね」と書かれており、「山路をさがして」などと解説されている。
ところが元とみられる古事記の歌は「山たづ」とあり明らかな相異がある。しかも古事記には「やまたづは造木(みやっこき)というもの也」と注まで付けられているのである。
a0237937_2175461.jpg
山たづ。開花は今しばらく先か?

こういう時に、この「原色万葉植物図鑑」が力になる。
「山たづは現在のニワトコと解されている」とし、細長い葉柄が対になっていることから、万葉では逢うなどの対の意味にとり、迎えるという行為の枕詞として使うと解説がある。
a0237937_20325311.jpg
対の葉脈を持つニワトコの葉
これで忍阪の玉津島明神にて、右大将藤原道綱母、光明皇后と並んで本朝三美人という衣を通してその美しさが光るという衣通姫(そとおりひめ) の歌が存分に語れるというものである。
君が往き け長くなりぬ 山たづの 迎へをゆかむ 待つには待たじ 
by koza5555 | 2013-04-20 21:30 | 万葉の旅 | Comments(0)

滝蔵権現桜、東吉野の宝蔵時の枝垂れ桜

4月に入ってからは健康状態に問題があったり、ツアーの下見・相談が2回入ったりで桜を見ていない。

「ツアーの下見なら、花も見れるじゃん」だが、説明役となるとカメラばかり構えているわけにはいかない。
風雨の様子も見ながら、桜の写真を撮って回る。午後からはあっちゃんも「行きたい」ということで、桜井や宇陀を回った。
a0237937_19555799.jpg

長谷寺、これは雨の中。霧がかかったりで鮮明とは言えないが、これも一風景である

a0237937_19565616.jpg
瀧蔵の権現桜
瀧蔵は16軒。神社を中心にまとまっているような集落である。暖かいお茶のサービスまでされている。
それにしても権現桜は難しい。昨年も遅かった。今年は一週間以上早く7日の今日に伺ったが、盛りは3日間ほど前だったようである。

NPO法人奈良まほろばソムリエの会の小北会長が、東吉野村の宝蔵寺の枝垂れ桜を産経新聞の奈良再発見で紹介されていた。
菟田野まで入ったのだから、「えいままよ」と訪ねてきた。
a0237937_19591823.jpg
 「落花激しく」という風情だった

これは芳野(菟田野)の勝林寺である。菟田野の秋祭りで何度も訪ねた。桜はどんなかと訪れてみた。
a0237937_201061.jpg


菟田野の桜である。芳野川沿いに見事に咲いていた。
a0237937_2024080.jpg



桜井の山間部、宇陀などの桜を見ていると、ソメイヨシノなどよりエドヒガンなどに暖冬の影響が大きく出ているというのが実感である。
by koza5555 | 2013-04-07 20:43 | 奈良 | Comments(0)

宇陀カエデの郷

4月28日(日)に開園する「宇陀カエデの郷」を初めて訪れた。宇太小学校の跡地である。
水分橋を北へ100mも行った右側に当たる。
a0237937_21305639.jpg


カエデばかり、1200種3000本も集めたという矢野正善さんという方がいる。自らの宗教観を「カエデ教」とfbに書くほどの人だが、まんざら冗談ともいえないほど打ちこんでおられる。

矢野さんは自らのカエデを旧菟田野町に寄付、それをもとに現在は榛原市の主導で宇陀カエデの郷という形で花を開かせることなった(カエデ園にいらっしゃった平岡さんのお話し)。

ものすごい量である。平岡さんは「カエデの紅葉は極めて様々で年中楽しめる。しかし春の芽吹きだけは一斉で、これがものすごく美しい」と言われていた。
a0237937_21315537.jpg


古事記のツアーの案内で宇賀神社を勉強した。いろいろ知りたいことがあり、宇陀市(菟田野出張所)に中尾忠玄さんを紹介していただいた。

菟田野のボランティアガイドをされており、宇賀神社の役職を重ねられてきた方だった。素晴らしく博識で得るところ大であった。宇賀志の役員として中尾さんが参加されていた宇太水分神社のご例祭でもお会いすることができた。

この中尾さんが「宇陀カエデの郷つくり」の理事をされていた。「雑賀さん、早く見に来てよ」とたびたびのお誘いである。
中尾さん、見てきました。

平岡さんにもお話が聞けました。4月28日が開園日、カフェができたり、即売所をつくったりで楽しめる場所にしたいと張り切っておられた。

さて、その矢野さんである。
開園を控えてフル回転である。パソコンでラベルを作られているが、文字が見にくい難儀されている。Fbで毎日の悪戦苦闘とカエデについての一言コメントが入っている。
ぜひ、fbのお友達になって激励したいものである。
桜井の「やまとびと」でも4年ほど前からこの矢野さんの「菟田野カエデたより」が連載されており、カエデの世界の奥深さに毎回、驚嘆してきていた。
by koza5555 | 2013-02-12 22:29 | 宇陀 | Comments(0)

初ジャムと書初め

7日にして書初めである。
そして、今年初めてのジャム作り。

金柑が実ってきた。
a0237937_2234404.jpg

20年も前におばあちゃんが大神さんの朔日参りで買ってきた金柑ジャムが今年も実った。前のヤフーブログでも書いたが、4年前に敷地の整理をしたときどうしても植え替えが必要になった金柑の樹である。
N造園に相談すると「金柑の樹を植え替える人はおりません」と言われたが、「おばあちゃんの樹だ」と事情を話して、植え替えをしてもらったいわくつきのものである。
植え替え当初は実らず、昨年から実りだしたが・・・今年は少し不作である。
しかもこの金柑の樹はヒヨドリを3家族くらい養っているらしくて、猛烈につつかれている。あっちゃんは「ネットなんかは張らずに食べさせてあげれば」と鷹揚なことを言っているが、春から夏はアゲハチョウ、実がなればヒヨドリと気がもめるものである。

さて、ジャム作りが趣味。
金柑のジャム、ブラックベリー、木イチゴ(山や野の)、キウイ、栗など何でも作る。
とにかく酸っぱくて、そのままでは食べにくい果実は何でもジャムに適している。砂糖を適量入れて、丹念に灰汁を取りながらゆっくり煮る。時間を掛ければ掛けるほどおいしくなる。

一方、甘い桃とか、熟した柿とかはうまくいかない。自分でも作ったことがある、買ってきたこともあるがいずれも美味しくない、甘いだけである。こういう果実は「そのまま食べる方が良い」である。

金柑、年末から少しづつ穫り入れてきて、一キログラムを超えた。

良く洗い、種をだしてせん切りにする。砂糖を加えてじっくり一晩置いておく。浸透圧で水が出尽くす。弱火で1時間10分くらい煮る。灰汁はよく取る。
粘りが出たところで、火を消してレモン汁(今日は食酢)を入れて出来上がりである。
熱湯消毒した瓶に、詰める。金柑の酸っぱさが生きたワルイドな味である。
a0237937_22364731.jpg
ビンはジャム用に元売り業者から直接取り寄せ、手製のシールを貼る

一方、僕の書初めは7日の今日だった。
明日の練習日を前にして、今年初めの墨を摺った。
習字の先生からの年賀状は「初心忘れることなかれ」(汗)だった。
ちなみに昨年の年賀状は「習字以外(万葉故地などの見学の案内)のことで力になって下さい」(笑)だった。
a0237937_22382158.jpg


習字を習い、ジャムを作った、ゆったりした月曜日である。
by koza5555 | 2013-01-08 00:35 | | Comments(0)

高井の千本杉

英検一級試験、二次試験で残念な結果だったあっちゃんが傷心である。
激励の方法は「服を買うか、酒を呑むか、大きい樹を見にいくか」であるが、とりあえず安上がりの「樹を見に行く」こととなった。

高井の千本杉である。
実は僕もまだ見ていない。伊勢本街道沿いということを聞いていたので、榛原高井の仏隆寺の入り口から分かれる伊勢本街道に入った。

しばらく登る。
落ち着いた民家がある。風もないのに銀杏の葉がバラバラと落ち続ける。本街道ぞいであるが、今は山の中である。
a0237937_2031293.jpg


高井の千本杉、ありました。息を呑むとはこのことだ。
伊勢街道沿いから・・・
a0237937_22115755.jpg


下の方から
a0237937_20333216.jpg

「伊勢本街道沿いの古い井戸の周囲の数本の密植された杉が成長にするにつれて、株元がゆ着したものである。地上1m位から16本の枝群が数えられ、直径55センチから80センチのものがあり、全体では目通り25m、樹高30mあり、これだけで森のように見える。
井戸杉と言い、井戸杉では県下最大、最古のもので樹勢もきわめて旺盛である。八つ房杉に似ているが、こちらは直立である」(奈良県教育委員会の掲示を略述)。

榛原赤植(あかばね)甲までは車で上がれる。念のため、帰りに車で上がってみた。
大平山。仏隆寺の東側の山。ちなみに西側は三郎岳でここは登ったことがある。
a0237937_2034176.jpg


帰りに出雲(165号、長谷寺の手前)の「ぶれーど・う」へ行ってきた。
お目当ての一つは前から気になっていた竹輪の一本揚げである。僕はカレーうどん、あっちゃんはキツネうどん。おいしくいただいた。

a0237937_20345289.jpg
カレーうどん
by koza5555 | 2012-11-26 00:27 | 宇陀 | Comments(2)

初瀬のこと。スサノオ神社の銀杏や興喜天満神社

a0237937_545845.jpg

初瀬のスサノオ神社の銀杏
県下最大の銀杏である。
忍坂坐山口神社の楠の素晴らしさを書いたことがあるが、「初瀬のスサノオ神社の銀杏はどうだ」という声が聞こえた。
この神社は興喜天満神社から連歌橋への道をたどれば、ついそこにあるのだが、それを行ってなかった。
秋に長谷寺の参道に入れば、この銀杏のすごさは誰しもわかる。

初瀬に所用があり、足元から拝見した。
県指定の天然記念物である。
「初瀬の銀杏は雄株で樹高約40メートル、目通り周囲7、15mあり、銀杏の巨樹としては県下最大のものである。」(奈良県教育委員会)とある。

銀杏は中国から渡ってきたものであるが、「ちちの実の 父の命 ははの実の 母のいのち」(巻19―4164 長歌の前半部)と万葉集で山上憶良が歌ったように、奈良時代以前から植えられていたとみられる。

樹勢が素晴らしい。

そしてお目当ての興喜天満神社に寄った。
a0237937_5494866.jpg
興喜天満神社から初瀬の町をみる
境内もずいぶんと、草刈りがすすんできている。

a0237937_551965.jpg
興喜天満神社拝殿・本殿
大工さんが入っていて、少しづつ社が息吹きはじめている。
神社を参拝してから社務所に寄る。

a0237937_5545638.jpg
社務所は天神橋をこえて、すぐ左である
宮司の奥様とお話していると、作業を終えた金子宮司が帰ってきた。
神社の再興、10月20日(土)、21日(日)の例祭に向けての準備に気合が入っている。
金子宮司、「今はほかのことは考えられない。興喜天満神社、一筋に頑張っている」とのことである。
応援したい。
by koza5555 | 2012-09-12 00:40 | 桜井・初瀬 | Comments(2)

忍阪山口神社の楠 八つ房杉 神楽岡神社の杉

何本かの好きな樹の話である。
わが家の木ではなく、よその人が丹精を込めている樹である。

a0237937_10133480.jpg
一番は、忍阪山口神社(桜井市赤尾)の楠。
延喜式神名帳に記された大和の山口の神々は14社。忍阪山口神社はそのうちの一社である。

この境内に素晴らしいクスノキの巨樹が生きている。

「室町幕府の第三代将軍足利義満は、京都の北山に金閣寺を造営するにあたり、天井板を一枚張りにしたい為に、この神社の楠の巨樹を切り出したと言われています。
現在境内にある楠の巨樹は、この時切られた楠の二代目と言われています」(境内の掲示)。

このクスノキには圧倒される。枝分かれというより、2~3本が接着したという感じだが、それでもすごい。名古屋の熱田神宮は楠の巨樹(大きい7本は名前が付いている)で有名だが、忍阪の楠は引けを取らない。

接着と言えば、八ツ房スギ(宇陀市菟田野区佐倉)もそうである。
a0237937_10145776.jpg
桜実神社の境内、社殿に隣接した東の高台にあり、根幹の接着によって8株くらいの杉が四方に伸びている。全体の周囲が14mもあり、天然記念物に指定されている。
ここは、太い直立樹が枯れたのが残念だが、地を這うような樹勢の強い大樹もあり、何度見ても感動する。

先日、神楽岡神社(宇陀市大宇陀)を訪れた。春に「大海子皇子東国発ち」というツアーを案内したが、その時訪れるべきところだった。気になっていた。
そこであっちゃんと先日訪れた。普通の参拝と見学だが・・・そこで、杉の巨樹を見た。
a0237937_10155620.jpg

拝殿と本殿の間だから、うっかり見落とすところだった。

最近、気に入っている三本の巨樹である。
いつでもそうだ。大木から力をいただく。樹の声を聴くと、力がいつでも湧いてくる。
by koza5555 | 2012-09-04 00:12 | 奈良 | Comments(1)