ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

伊勢本街道 宇陀せんべい

12月1日に「古事記と宇陀」、神武東征の軌跡をたどるというツアーを案内した。ツアーの中間点、宇太水分神社で「伊勢本街道 宇陀せんべい」が販売されていた。鮮やかな彩の包装に惹かれ、一箱買い求めた。
a0237937_21463510.jpg

上段は大宇陀の黒豆、室生の煎茶、榛原の金ごぼう。
下段は菟田野のカエデ、曽爾のトマト、御杖のほうれん草とのことである。

宇陀(宇陀市と宇陀郡)の名産を素材に入れたという工夫である。手焼きのせんべいという事であったが、持ち帰って食べるとこれがおいしい。僕が買って帰るお土産にはけっこう辛口のあっちゃんも激賞である。せんべいは6種類だが、味の甲乙はつけがたい。
a0237937_2147831.jpg

今度のツアーはなんといっても古事記である。話はやはりむつかしい。
同好の集いみたいな感じも少しあるけど、お客さんはさまざまである。楽しく案内する、適度のサプライズも入れて盛り上げていくという工夫も必要である。

ツアーだから買い物もしたい。最後の大宇陀で久保本家での試飲と買い物ができる段取りだ。お菓子も少しは買える。で・・菟田野、宇太水分神社でのせんべい、これは楽しみが一つ増えた。「16日も同じ時間に来るから、お店必ず開いてね」と頼んでおいた。

寒い日が続く。連れて回る方は気にならないが、連れてかれる方は寒い中で立たされるのはつらいものだ、いろいろ工夫してツアーを成功させたい。

宇陀せんべいの問い合わせ先は 宇陀市HP加工品 を参考にしてください。
by koza5555 | 2012-12-12 00:40 | 奈良 | Comments(0)
<< 崇峻天皇陵と赤坂天王山古墳と雀塚 一源派 仏名会 >>