ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

聖林寺 十一面観音菩薩像

聖林寺の国宝・十一面観音像の来歴を調べて、産経新聞(7月19日)奈良版、「奈良再発見」にそのことを書いた。

a0237937_22175633.jpg
桜井市 聖林寺

和辻哲郎は、古寺巡礼で「この十一面観音像は神仏分離・廃仏毀釈の時期に、草むらに打ち捨てられていたのを、通りかかった聖林寺の住職が発見して寺に安置したという伝承」を語っている(大正8年)。

拝観してみればよく分るが、この十一面観音菩薩像が、草むらで雨露にさらされていたものでないことは明白である。
和辻は、廃仏毀釈の激しい嵐を形容するために、こんなふうに記したと・・僕はいつも解説してきたのである。
でも、「それだけだろうか」。「そんなヒントを、誰が和辻に与えたのだろうか」、これが気になっていたのである。

そんなことを考えていたころ、地元の吉田製材の社長が、「聖林寺の十一面観音は桜井の橋本にいたと言われている」と、教えてくれたのである。

「聖林寺の十一面観音は我が家におられた」という、橋本の米田さん宅を訪ねたのである。お話を聞き、資料を見せていただいた。
なにしろ国宝の来歴のことである。関係する方にもご意見をお聞きして、間違いなかろうという結論に到達することができた。

ここらあたりのことは、「再発見」に詳しく書き込んだ。

a0237937_5284495.jpg
産経新聞。7月19日付、奈良版。上段だけであるが・・・

「聖林寺の十一面観音様は、一時期だが我が家におられた」と桜井市橋本の米田昌徳さんは話す。
「大御輪寺の住職は我が家から出た郭道さんだった。廃寺にあたり還俗(げんぞく)、十一面観音様とともに橋本に帰ってきた」と米田家では言い伝えられている。

郭道和尚は聖林寺で学び、廃寺となる大御輪寺の最後の住職だった。廃寺にあたっては、他の僧侶とは異なり大神神社の神官への道を求めず、十一面観音菩薩像と共に寺を去ったのである。

「我が家で観音様に毎日、経をあげ、給仕をしていた。寝仏という姿で別座敷に祀られていた」が、米田さんのおばあちゃんの言葉である。
郭道さんは明治二年七月に亡くなり、その後、観音様は聖林寺に移されたということだ。

a0237937_22185078.jpg
桜井市橋本の米田家

「十一面観音菩薩は、大御輪寺を出られてから聖林寺に至るまでの一時期、どこにおられるか不明」だったのである。
和辻は、「廃仏毀釈の嵐」と合わせて、この話をきいて、「路端に捨て置かれた十一面観音像」のエピソードを、古寺巡礼に書いたのでなかろうか。

東大寺の造仏所で造られた十一面観音菩薩は、大和朝廷の故郷である三輪で長く祀られ、神仏分離令により三輪の大御輪寺を去ることとなったが、いまは聖林寺できらきらと光り輝いている。
観音様は人々の思いを受け止め、人々の心を救ってきたが、同時にたくさんの人々の篤い思いで守られてきた、そんな歴史を忘れてはならない。

a0237937_22193863.jpg
聖林寺、十一地面観音菩薩像


以下は、この記事の全文である。桜井では間々、お聞きする話だが、全国紙での紹介はこれが初めと自負している。

十一面観音菩薩といえば、まずは桜井市の聖林寺の像が思い起こされる。
半ば閉じた目としっかり結んだ口、そしてふくよかな面相は神々しく、そして同時に人間らしい優しさと美しさに満ちあふれている。
 造像されたのは奈良時代。以来、どれだけの人々がこのお顔を仰ぎ見てきたことだろうか。
どれだけの人々が悩みや思いのたけを語りかけたか、そして観音様はそのすべての願いを受け止め、数々の力を人々に授けてきたのである。
この十一面観音菩薩像は760年頃に、東大寺の造仏所で造られ、大神神社と一体であった大御輪寺(おおみわでら)のご本尊として祀られた。
木心乾漆の技法で作られた代表的な仏像である。大まかな形の木像を彫刻し、その上に木粉(きこな)と漆を練り合わせた木屎漆(こくそうるし)を盛り上げる木心乾漆の技法は、顔や身体の豊かな肉付き、柔らかみを表現する優れた技法であった。

明治元(慶応4)年の神仏分離令によって、この観音様は嵐の中に投げ込まれることとなった。大御輪寺が廃寺となり、ご本尊の観音居所がなくなり、やがて聖林寺に落ちつかれ、祀られるという数奇な運命をたどることになった。
「桜井を縦断して聖林寺まで、仏様を荷車で運んだ。坂道はみんなで押し上げた」と、廃仏の時勢の中でも、多くの篤志家(とくしか)が力を出し合った心温まる情景が伝えられている。
当時の聖林寺は学問寺で、聖林寺の住職と大御輪寺の住職が学僧仲間だった。そのつながりで聖林寺に移されたのは自然のなりゆきだった。

ところが、観音様が聖林寺に移されるにあたっては、もう一つ複雑な経過が桜井では語られている。
「聖林寺の十一面観音様は、一時期だが我が家におられた」と桜井市橋本の米田昌徳さんは話す。
「大御輪寺の住職は我が家から出た郭(かく)道(どう)さんだった。廃寺にあたり還俗(げんぞく)、十一面観音様とともに橋本に帰ってきた」と米田家では言い伝えられている。

郭道和尚は聖林寺で学び、廃寺となる大御輪寺の最後の住職だった。廃寺にあたっては、他の僧侶とは異なり神官への道を求めず、十一面観音菩薩像と共に寺を去ったのである。

「我が家で観音様に毎日、経をあげ、給仕をしていた。寝仏という姿で別座敷に祀られていた」が、米田さんのおばあちゃんの言葉である。郭道さんは明治二年七月に亡くなり、その後、観音様は聖林寺に移されたということだ。
米田家に明瞭に伝承されてきたこのエピソード、これは信じるべきであろう。
その後、聖林寺の仏像の調査に訪れたアメリカ人の哲学者アーネスト フェノロサが十一面観音菩薩像を激賞し、さらに和辻哲郎や白洲正子などの紹介もあって、その素晴らしさが広く知られるようになっていった。

東大寺の造仏所で造られた十一面観音菩薩は、大和朝廷の故郷である三輪で長く祀られ、神仏分離令により三輪の大御輪寺を去ることとなったが、いまは聖林寺できらきらと光り輝いている。

観音様は人々の思いを受け止め、人々の心を救ってきたが、同時にたくさんの人々の篤い思いで守られてきた、そんな歴史を忘れてはならない。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
by koza5555 | 2014-07-19 05:36 | 桜井・多武峰 | Comments(2)
Commented by かぎろひ at 2014-07-20 11:09 x
こんにちは! 

おお、大スクープですね!! 
あの十一面観音さまにそういう来歴があったとは。
とても信憑性のある活き活きとしたお話に感動しました。

さすが、地元に住まわれて、アンテナを張り巡らされ、人脈豊かなkozaさんならではのお力だと感じ入っております。

地元の古老からふと漏れたひと言を頼りにあちこち訪ねて、謎が少しずつほぐれていくのは、歩いて取材する醍醐味のひとつですが、そんな喜びを思い出しました。
いやそれ以上に、国宝の十一面さんですからね、感動ひとしおだったでしょうね。

いいお話をありがとうございました。
いつか、冊子でそちら方面をとりあげさせていただくときは、ぜひとも取材させてください。
Commented by koza5555 at 2014-07-21 18:41
かぎろひさま、ありがとうございます。
国宝の来歴ですから聖林寺さまともよく話し合って、文書化は行いました。
桜井では結構知られた話ですが、論証されていませんでした。隔道さんが決め手ですべてがつながりました。
「寝仏でも構造的に持つか」ということでは、聖林寺の十一面観音さまにかかわりのある仏像研究家のご意見をお聞きしました。
たくさんの皆様のお知恵を拝借して、大胆に推理しました。和辻哲郎の「草むら放置論」は「観音様はどこにおられたか論」から出たものではなかろうか、などと楽しんで考えました。さすがに新聞ではそこまで書けませんでしたが。
いつでも紹介いたします。
今後ともよろしくお願いします。
<< 泥掛地蔵と青木廃寺跡 手向山八幡宮と宇佐八幡宮、大仏... >>