ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

西大寺の大茶盛を楽しむツアー

a0237937_22142146.jpg
西大寺の大茶盛の床飾り。西大寺の大茶盛は、正月の修正会を経て、1月16日に行われたことから、大茶盛の床飾りは年中、冬景色である


「雜賀さんの歴史ウォーク」というツアーを案内している。「大人の学校」(溝口博己会長)の企画で、月によっては30名だったり、15名だったりで楽しく気楽に案内している。

目安は毎月第4金曜日で、10月は西大寺の大茶盛を楽しむことになっている。

西大寺と秋篠寺、そして佐紀盾列古墳群を訪ねるウォークである。
この目玉が「西大寺の大茶盛」、臨時の大茶盛をお願いすると定数の指定がある。参加人数にちょっと不安があり、「今回は会外の方もお誘いしましょう」と溝口会長から提案で、みなさんに案内することになった。

西大寺では、まず本堂に入堂してご本尊を拝観、清凉寺式の釈迦如来像や弥勒菩薩像と獅子に乗り四人の眷属を従えた渡海文殊菩薩を拝観することできる。桜井の安倍文殊院の文殊菩薩は素晴らしいが、西大寺の文殊菩薩もきわめて素晴らしい。

そのあとに大茶盛である。
鎌倉時代に叡尊(1290年没)が、西大寺復興の御礼の鎮守社での祈祷の後に湯茶を広く庶民に振る舞ったのが大茶盛の初めとされている。いまの大茶盛は、僧侶から大茶盛のわかりやすい解説を含む講話があり、参加者すべてが、直径30センチの大茶碗でお茶がいただけるのである。

今回は英語でしか会話できない外国の方も参加されるので、通訳できる方を探してきて、僧侶や僕の話を通訳してもらうことになっており、国際的ツアーとしても楽しみである。

この大茶盛を楽しむ「歴史講座」の概要は以下のとおりである。
■ 日程は10月31日(金)
■ 行程は10時近鉄西大寺駅南口に集合、西大寺本堂拝観、大茶盛、弁当(各自の持参弁当・西大寺内にて)、秋篠寺、神功皇后陵などを巡って、15時30分頃に西大寺駅北口で解散です。
■ 費用は2300円、大茶盛、拝観料(西大寺・秋篠寺)、資料代を含みます。
■ 申し込みはメールだけでお願いします。アドレスは kozaburo@cg8.so-net.ne.jp
■ 当日は雨具、歩きやすい靴が必須である。

では、ご連絡、申し込みをお待ちしています。
by koza5555 | 2014-09-19 23:10 | 奈良 | Comments(0)
<< 室生の龍縄と龍穴神社の秋祭 芝村騒動の犠牲者慰霊祭 >>