ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

観音万燈会と暁天開帳

長谷寺の観音万燈会は12月31日の午後7時から始まった。

万燈会は31日の午後7時から元旦の午前5時までと
2日と3日は午後5時から8時までである。

a0237937_2149389.jpg

お正月の三が日は入山料・無料である。お気軽にぜひおいでいただきたい。

さて、長谷寺のこの観音万燈会もすばらしいが、1月1日元旦には、ご本尊の開帳法要が行われる。

長谷寺は12月31日午後四時にご本尊の閉帳法要、元旦の午前零時には開帳法要である。

a0237937_21501940.jpg

この開帳法要を別名、暁天開帳と言うのである。
深夜のご開帳、この法要自体が珍しいと思われるが、これを暁天開帳というのも不思議である。

31日の午後4時から元旦の午前零時までは戸帳が下されている。
a0237937_21532758.jpg

導師がチリリン、チリリンと鳴らす鈴に合わせて、ずりっ、ずりっと戸帳が下がるとのことである。


200年前の「豊山玉石集」には寅の刻(いまの午前四時)に開帳しており、その後近代までは午前6時の開帳という時期もあるようで、初日の出を祝うという行事とのことである。

この法要は境内の整備費の確保のために、500年も前の豊臣秀長公の時代から(真言宗豊山派となってから)続けられたてきた行事とのことである。

この新年の暁天開帳、今年は間に合わないだろうけど、ぜひ、いつかお出かけください。

初瀬の山寺にも静かな穏やかな時間が流れて、新しい年が始まる。
a0237937_21553715.jpg



暁天開帳については、岡田普門院住職の講演(昭和61年 初瀬春秋)を参考にしました
by koza5555 | 2014-12-31 22:46 | 桜井・初瀬 | Comments(0)
<< マッサンから卑弥呼まで 談山神社から飛鳥へ >>