ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

桜井市ムネサカ古墳群

a0237937_2054337.jpg
これが一号墳である。白状するが今回は到達。3回目だった。

a0237937_20551563.jpg
前回の敗退を教訓して今回は登山靴。

森本運輸の駐車場から入る。もちろん事務所には声をかけて許可を得る。一回目はこれも知らず、国道から無理矢理、登ったのである。
a0237937_20564291.jpg


道なりに登る。道標がある。今回も右に折れた。青い線である。
a0237937_20571161.jpg


こちらにはもう一個、道標がある。そこから稜線へ直登である、石室の入り口が無い、小高い山に上がった。くるりと周りを見てみると、丘尾切断型の円墳の上にいるように思える。西に下りてから南に回ると、ありました。

a0237937_2164668.jpg
一号墳の入口

a0237937_2173641.jpg
内部から外をみてみると


西北の方向に二号墳、これも戸惑ったが発見できた。
a0237937_218571.jpg
しかし、これは狭い。3メートルくらい匍匐前進すると中は広そうだが、これは勇気ある撤退かな。

下りの道でよく確かめてみると、笹やぶも赤い線に沿って踏み分けがあった。


a0237937_2194088.jpg

桜井市の埋蔵文化財センターは「桜井市の横穴石室を訪ねて」を発行している。100ページくらいのリーフレットである。

このリーフレットをペラペラとめくるとムネサカ古墳がとても気になったのである。忍坂から女寄峠に登るR166の左側の山手にあるという。

終末期の大型円墳と石室、これが二つ並んで残されているのである。石室の石積みは玄室・奥壁とも二段積み、羨道は一段積みで、ほぼ切石状態で漆喰も使われているとのことである。
 このような石材の構成や規模は、明日香村の岩屋山古墳とほぼ同一でである。同じ設計図を用いて作らたとも考えられ、石室を作った工人は同じだったのかもしれない。

ムネサカ古墳群(桜井市大字粟原字峯坂)
by koza5555 | 2016-03-24 21:49 | 桜井・忍坂と等彌神社 | Comments(0)
<< 門のこと!転害門の魅力 朱雀の... お伊勢参りと長谷詣 >>