ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

天皇と民の大嘗祭

来年の今日、今上天皇は退位され、翌日の51日には新たな天皇陛下が即位されることになる。

201951日は即位の儀式が行われるが、「神器」献上は先に行わることが原則であることから見ると、430日に「神器」献上が行われるとみられる。

今日は、その後の大嘗祭のことである。

『天皇と民の大嘗祭』」(展転社・高森明勅)を読んでみた。実は、いくつか読んだ見たが、これが一番・・良い。

a0237937_23231134.jpg

先帝から皇位を譲られた時の大嘗祭は、その即位が7月以前の時はその年の11月、8月以降なら翌年の11月に行われる。

この例から見ると、来年は即位があり、大嘗祭も11月に行われるが通例である。

スケジュールは以下のとおりである。

4月に悠紀(東日本)・主基(西日本)の「国」、「郡」が卜定される。大嘗祭の神事に用いる稲をどこで作るか、という決定である。田植えの時期が関係するから、その前には決まっていなければならない。

大嘗祭の行事所が任命される。行事所は悠紀・主基、それぞれに置かれる。

8月には大祓の使い、天神地祇に幣帛を奉る使いが出される。畿内に一人、七道に一人づつで8名である。

9月には由加(ゆか)物使を紀伊(和歌山)、淡路(兵庫県)、阿波(徳島県)の三国につかわす。

由加物とは、アワビ、あゆ、たにし、ウニなどの魚介類や蒜英根(ひるのはなね)漬物や橘子などである。たてまつるものが決められているとのことである。

9月には悠紀・主基で抜穂を行い、斎田の稲が到着する。

10月からみそぎが始まり大嘗祭は始まっていく。

a0237937_23232547.jpg

大嘗祭が始まると天皇は先に悠紀殿に入られる。

ここで奈良県が関係、宮内省の役員に率いられた吉野の国栖らが朝堂院に参入し、大嘗宮の南門の外の庭上にて古風(ふるぶり)を奏上する。つづいて悠紀地方の歌人が・・・

a0237937_21161291.jpg
a0237937_21160734.jpg
天皇が高御座におつきになる、いわば直来ともいえる豊明節会(とよのあけのせつえ)でも、吉野の国栖が歌笛を奏することから始まり、そのあと久米舞などが奏じられるとのことである。


高森明勅さんは、悠紀・主基の国郡からの献上は「豪族たちの服属のシンボル化されたもの」とする。

由加物を献上する紀伊、淡路、阿波の三国は重要である。これらの国は悠紀・主基とはちがい、すべての大嘗祭に献上する。非耕作民(漁民)の奉仕は歴史が深いとされる。

須恵器をたてまつるのは、河内、和泉、尾張、三河、備前の五ヶ国である。

そして、国栖・隼人、悠紀・主基の民の国風(くにぶり)の奉仕も注目すべきであるとされる。「海・山の民が天皇のお側近くまで参上して奉仕を行う。それによって平素は見えにくくなっている天皇統治の全体性と根源性を浮かび上がらせる効果がある」とのことである。

悠紀・主基殿を取り片づけると豊明節会(とよのあかりのせつえ)で、天皇は高御座におつきなる。ここでも吉野の国栖の歌舞は初めに奉られる。


大嘗祭、全体は「民とのつながり」で進められる。

高森明勅さんは、大嘗祭の成立、大嘗祭の行事の中身を詳細に展開して、天皇の民との大きなつながりを丹念にたどり、日本の国の在り方を検討している。

大嘗祭を研究する文献は、あれこれ見ているが、民の戸の関わりを焦点にした高森さんの炉は共感が持てる。いま、大嘗祭が興味深く、そして、おもしろい。ここでとどまめず、さらに勉強してみたい。


by koza5555 | 2018-04-30 23:29 | 読書 | Comments(0)
<< 語りだす奈良 118の物語  ... 大坂山口神社(穴虫と逢坂) >>