ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

なかじまゆたか作品展  奈良まほろばかるた原画

「奈良まほろばかるた」の原画を描かれた中島豊さんの「なかじまゆたか 作品展」が開催される。

a0237937_07154233.jpg

奈良まほろばかるたは「NPO法人奈良まほろばソムリエの会」の啓発グループが中心となって作成した。

「いまどきかるた?」との声をはじめは聞いたが、このカルタは好調に販売が進み、刷りましに成功した。カルタも出版物とみれば、重版出来(じゅうはんしゅったい)である。

読み札が軽快で、読み札の裏面に書かれた解説も好評である。

奈良県がバランスよく紹介されていることかうれしい。

「神武天皇の即位」をテーマにした古事記ツアーに参加されたKomazaさんは、見学場所をカルタで紹介されていた。

a0237937_07155303.jpg

しょだい じんむてんのうまつる かしはらじんぐう

みわやまは おおみやじんじゃの ごしんたい

れいきに さらしてつくる みわそうめん

ろまんある さいこのこどう やまのべのみち

(奈良まほろばソムリエの会編「奈良まほろばかるた」より)

また、福井県の石亀さんも、「孫とまほろぼかるたでたどる奈良旅行をしてみたい」と書かれた。

a0237937_07154970.jpg

そして、このかるたの魅力の根源は絵である。

中島豊さんが描かれた。ゆったりと穏やかで、何とも言えない奥深さの気分の絵である。

「この絵を見ていただきたいということで、「なかじまゆたか 作品展」が開催される。

発刊本挿絵原画と奈良まほろばかるた原画が展示される。

奈良まほろぼかるたの原画は44枚、すべてを展示、得難い機会である。

a0237937_07154663.jpg

7月6日(金)、7日(土)、8日(日)に奈良県立橿原文化会館(橿原近鉄百貨店の東側・八木駅からはどんな雨が降っていても歩いて行ける)である。

時間は午前930分から午後430分まで。

入場料は無料。

ぜひ、おいでいただきたい。


by koza5555 | 2018-07-02 07:18 | 奈良 | Comments(0)
<< 古代の醸造、酒造りのあれこれを 纒向遺跡とモモの種 >>