ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

前方後円墳は巫女の姿を表す? 『卑弥呼と天皇制』

王権の誕生と記紀神話。奈良女子大学の小路田泰直(こじたやすなお)教授の本である。小路田さんは近代政治学、いわば古代は門外漢だが、チャレンジしようという本という理解である。

まずは箸墓古墳

a0237937_13231452.jpg

小路田康直さんは、卑弥呼をヤマトトトヒモモソヒメに比定する。(p59)

ヤマトトトヒモモソヒメ(卑弥呼)は大物主と結びつき、絶大な影響力を発揮する。

ヤマトトトヒモモソヒメ(卑弥呼)が共立され、人々の崇拝、崇敬を集める。

しかし、ヤマトトトヒモモソヒメ(卑弥呼)は、祀るべき祖先神がないことに気づき、自らが祖先神になるために死を選んだ…姫は規模、内容が画期的な箸墓古墳に祀られた。

これが小路田さんの結論である。


こんな論理なら、「大物主を祖先神にしたらよいのでは」など、納得できないところはいくつもあるが、面白い論でもあった。


箸墓古墳の前方がバチ状なのは、巫女の姿を模したもの・・という論も初めて読んだ。

a0237937_13234357.jpg

a0237937_13282573.jpg

所在地論争で啓示をうけたことがあるので紹介しておく(p62あたり)。

小路田康直さんは、「邪馬台国の所在地論争が1910年(明治43年)に始まったことに注目」された。日韓併合があり、大逆事件が起きた年である。日露戦争後の日本の針路が大きく変わった年でもある。「脱亜入欧」、「アジアの日本でなく、アジアの中でも特別の日本」を作ろうとしている年だった。

邪馬台国の所在地論争はその時に発生する。

東京大学の白鳥庫吉(しらとりくらきち)は魏志倭人伝の里程の不思議さに注目して、それを扇子状に解釈して、「邪馬台国は九州に収まる」と唱え、それに対して京都大学の内藤湖南が常識的な大和論を展開した。

この論争は「徳島県の中学校教師、笠井新也の「邪馬台国は大和である」(1922年(大正11年))で決着が着いた」というのが、小路田さんの結論だ。

笠井は魏の使いは瀬戸内海ではなく日本海を経たとした。行程の最後に出てくる「投馬国」は出雲である。投馬を「つまこく」と読み、これは出雲に近いとする。

日本海ルートの笠井案は、今でも魅力的であるが、学会からは無視される。

a0237937_13244338.jpg

そもそも白鳥庫吉が「邪馬台国論争」に加わったのは、

「女王国より以北、その戸数・道理は得て略載すべきも、その余の旁国は遠絶にして得て詳らかにすべからず」の文を、『魏志倭人伝』に見たからである。

南は東にという原則で見れば、以北は以西である。

白鳥庫吉にとって、邪馬台国が大和であれば、九州に至るまで魏使の目に留まって(略載 ほぼのせる)いたことを意味し、いわば日本全土は中国の文化の影響下にあったということを意味した。しかし、これでは当時の日本が必要としていたイデオロギーに応えられないものだった。

邪馬台国を九州とするならば、「中国の影響は九州にとどまり、詳らかにできず」と書かれ、より文化の高い大和は中国の影響下ではなく、歴史もはるかに古いという論である。これは、本居宣長の邪馬台国=九州女酋論の焼き直してもある。

このイデオロギーには笠井論はひとたまりもなかった。

本居宣長から明治時代の白鳥庫吉に至る「邪馬台国九州論」は日本の歴史の古代への肥大化の中で考え出されたものである。

問題は「現代はどうなつているか」であろう。

高島先生の有名な主張を紹介して、現代の論争も付け加えておきたい。

「邪馬台国九州論」の高島忠平(佐賀県)さんは、「邪馬台国は大和でなければどこでも良い」と言い切る。3世紀段階で大和に邪馬台国があれば、それは大和朝廷に直結する政権となる。高島さんは古代の日本はもっとバラバラで、もっと政治的には遅れた状態でなければならないと考えられているようだ。大和に邪馬台国、大和に大和朝廷は嫌なようで、もっと多発的だろうとう論拠だろうか。

少し整理して

明治時代の邪馬台国九州論。進んだ大和、中国の影響下の九州邪馬台国

現在の邪馬台国九州論。遅れた大和、中国の影響下の九州邪馬台国。


ところが、現代の考古学は、 3世紀半ばの大和は九州よりすすんだ大和の姿を示してきており、考古学の進歩の前には「すすんだ九州論は風前の灯」である。

a0237937_13241425.jpg


僕も若いときは松本清張です。それから邪馬台国と大和王権を切り離して考えたいようなイデオロギーにも縛られていました。その後の考古学が示すさまざまな証拠、事実は、邪馬台国は大和を示しています。


by koza5555 | 2018-07-26 13:30 | 邪馬台国(やまとこく) | Comments(0)
<< 益田岩船(橿原市)と石の宝殿(... 古事記の女性たち。その愛とたた... >>