ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

鏡女王忍阪墓と談山神社の東殿

 「談」(かたらひ・談山神社社報)90号(8月15日発行、桜井市のすべての新聞に折り込み)では、「鏡女王忍阪墓で恋と愛を考えてみた」と題して、鏡女王の人生・・忍阪鏡女王墓を守る忍阪の生根会のことを書いてみた。

 談山神社の東殿は鏡女王(かがみのおおきみ)をご祭神として祀っている。

大和三銘段という正面の石段を登り、拝殿の手前を右手に入ると鏡女王を祀る東殿に至る。この東殿には「恋神社」と書かれた真っ赤なノボリがはためき、縁結びの神様として特別に華やぎのある社殿となっている。



a0237937_21355741.jpg

談山神社東殿の鏡女王祭。6月の第二日曜日

6月の第二日曜日は、この東殿で鏡女王祭が行われる。長岡千尋宮司は「秋山の 木の下隠り 行く水の 我こそ益(ま)さめ 御思ひよりは」と、鏡王女の万葉歌を祝詞に織り込んでその霊を鎮める。さらに式典後のあいさつでは、「鎌足公は本殿に、正室の鏡女王は東殿にと、境内でご一緒にお祀りしている。これは神社の誇りである」とお話しをされた。

鏡女王忍阪墓

 古代の皇族の陵墓は平安時代の延喜式という書物にまとめられている。そこには「鏡女王、大和の式上郡押坂陵(舒明天皇陵のこと)域内東南」と書かれていて、

1、鏡女王墓は舒明天皇の陵内の東南にあることがわかった
2、鏡女王と舒明天皇の墓所は同じ地域内にあり、その結びつきの強さがわかった。そこから、鏡女王は舒明天皇の皇女か皇妹との見方が生まれた。

この鏡女王墓は談山神社が所有している。そして草刈、清掃、枯れ木・枯れ枝の撤去などは忍阪の生根会(忍阪区老人会)が行っている。

生根会の東井義之会長にお話を聞いた。

a0237937_21362588.jpg
東井義之生根会長(忍阪老人会長)

「鏡女王墓の管理は生根会が行っています。5月に一年の初めの草刈を行い、折々に清掃を行います。また鏡女王祭の前日には、忍阪で墓前祭を生根会が行います」と語られる。

a0237937_21363355.jpg
今年の5月に行われた鏡女王墓の草刈と掃

祭や清掃だけではなく、忍阪のみなさんの陵墓への思い入れは熱いものがある。区から外鎌山にかけて舒明天皇陵、鏡女王墓、大伴皇女墓が点在するが、これを総称して「三陵墓」と呼ぶ方がいた。中でも鏡女王墓は、親しみを込めて、「中の御陵さん」と呼ばれているようである。

万葉学者の犬養孝は、鏡女王墓は「草ぼうぼうに荒れていた」と、『万葉の旅』に記したが、現在は忍阪の生根会がしっかり管理をされているのである。

a0237937_21362186.jpg
忍阪生根会による 鏡女王忍阪墓前祭。談山神社の東殿の鏡女王祭の前日に行われる

藤原鎌足公と鏡女王のこと

鏡女王は天智天皇の后であった。その後、臣下の鎌足公の妻とされた。

先に述べたように鏡女王は舒明天皇の皇女の可能性が指摘されている。臣下との結婚は望むものではなかったようで、「私の名を惜しむ」と恨みの歌も残している。

しかし、共に日を過ごすうちに、鏡女王の鎌足に対する思いは変わっていたとみることができる。

それを興福寺の創建の歴史にみることができる。

鏡女王は夫、鎌足の病の平癒を祈って仏殿建立を発願する。鎌足は恐れ多いとそれを許さなかった。しかし、女王の強い願いに最後は押し切られて山階寺が建立されている。鏡女王が発願した山階寺はその後の興福寺となっていく。鎌足公と鏡女王の夫婦愛は興福寺の始まりの力となった。

さて、東殿は恋神社、縁結びの神として祀られている。

鏡女王の鎌足公への思い入れが深まる歴史、そして、その女王を大きく包み込んでいく鎌足公の力強さが読み取れる歴史がある。

恋を求める若者を引き付ける力がある東殿だが、同時に鎌足公と鏡女王の熟年の夫婦愛を学ぶ、夫婦のあり方も強く考えさせられる、そんな東殿ともいうべきだろう。

 談山神社の東殿、忍阪の鏡女王墓をぜひとも訪ねてみよう。

a0237937_21361136.jpg



by koza5555 | 2018-08-14 21:52 | 桜井・多武峰 | Comments(0)
<< 専行院と修陵餘潤之碑 益田岩船(橿原市)と石の宝殿(... >>