ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

重陽の節供・節句

9月9日は重陽の節句。

伝統的な年中行事は中国の影響があるが、日本では稲作の区切りになる大事な日であったので、日本の生活文化に深く根付いている。

お正月、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の節日には、神に供えるものが決まっていて、そこから「節供」(せっく、せつのそなえ)の言葉も生まれたとされる。

9月9日の重陽の節供、これは栗飯と菊酒と決まっているのである。

ちなみにお正月はたんに「お節料理」、3月3日は草餅、菱餅。5月5日はちまきや柏餅、7月7日はそうめん(索餅)で9月9日は栗と菊である。

a0237937_16342505.jpg
これが栗だが・・(汗)

節供が節句という文字に変わっていくのは、江戸時代からで・・神祭というよりは季節の区切りという面が強くなって供えから句に変わったとされる。

養老律令(奈良時代 720年)には節日は決められていて、元日、33日の上巳、55日の端午、77日の七夕、11月の大嘗の日が決められていた。

歴史は古いんだが、99日の重陽の日がない。

なぜか。この日は天武天皇の忌日だったからとのことである。律令国家の生みの親である天武天皇の忌日は、養老律令は重陽の「祭」は記さなかったとのことである。

参考までだが、皇統が天智天皇系に変わった平安時代には重陽の節供は国の行事に復活している。

天武天皇は西暦の673320日(天武天皇2227日)に即位。686101日(朱鳥元年99日)に崩御されたとされる。

天武天皇14924日(685年)に発病が記されており、翌年の朱鳥元年9月に崩御されている。

a0237937_16341930.jpg
a0237937_16340623.jpg

重陽の節供でもあり、天武天皇の命日。いまの暦で計算するなら101日であるが、節供は旧暦の日をそのまま新暦に写して祝っているので・・・祝い、ともに思いを寄せることにした。

今日、桜井や明日香村辺りは午前中にハロが出現した。
太陽の周りの光の環で、うす雲の中の氷の結晶によって、太陽の光が屈折して現れる現象だそうです。
重陽の日に、天武天皇崩御にの日に、いいものをみました。
写真は桜井の我が家の屋根越に見た太陽そして、ハロ(光の環)。

a0237937_16341187.jpg




by koza5555 | 2018-09-09 16:44 | 橿原・明日香・御所・吉野 | Comments(0)
<< 写真好きのための法律&マナー 室生の桃。または桃源郷 >>