ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

戸閉祭(とだてまつり

広陵町箸尾の戸閉祭(とだてまつり)。だんじりが境内を疾走、拝殿(階段に)に激突することを競う。

a0237937_09100218.jpg


氏子の弁財天、南、的場,萱野のそれぞれの町のだんじりは終日、町内を練り歩く。一軒一軒の玄関先で青年団が伊勢音頭を唄い祝儀を受ける。町内を回り回って、夕方からは神社付近で待機、宮入に備える。

宮入は午後730分に弁財天、30分おきに南、的場,萱野と宮入である。

だんじりは青年団が引き、自警団(青年団OB)が後ろから押し、舵を持つ。

a0237937_09101105.jpg

拝殿前に一しきり青年団が伊勢音頭を唄い、お祓いを受ける。宮本の弁財天(だけ?)は自警団も唄う。

a0237937_09103547.jpg

やじうま的に見て、的場がお見事・・ガツーンと音がした。


a0237937_09101507.jpg
9時に萱野が宮入・・それからが長い・・いつまでもいつまでも・・境内での伊勢音頭は続く・・10時前に・失礼しました。残念ながら、写真は惨敗・・

a0237937_09231921.jpg
4町内の青年団が入り混じって、次々と音頭取りが輪の中心に飛び込んで伊勢音頭を唄い続ける。これは9時35分である・・


神社は式内社で櫛玉比女命神社(くしたまひめのみことのじんじゃ)北葛城郡広陵町弁財天399 で、境内は古墳を取り込んで作られている。
弁財天とはであるが、中世・近世は弁財天社とよばれてきている。天河弁財天を1284年に勧請したとされる。当社が式内の櫛玉比売神社に比定されるようになった経過は僕には不明である。

a0237937_09103071.jpg



by koza5555 | 2018-11-03 09:26 | 奈良 | Comments(0)
第70回正倉院展 >>