人気ブログランキング |
ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

えびす神道講座

えびす神道講座でお話しします。

825()13時から90分。

「三輪恵比須神社から観た万葉集と山の辺の道」

●三輪恵比須神社にて、参加費は1000円です。講演後はお茶のふるまいもあります。

●お申し込みは、恵比須神社(0744-42-6432)まで

a0237937_13205591.jpg

記録に残る最古の市場は、海石榴市(つばいち)。三輪山のふもとにあり、山辺道・初瀬街道・竹ノ内街道が交錯した交通の要衝だった。

何よりも大和川を通じて難波に通じ、それは中国、朝鮮への窓口ともなりうる場所だった。

推古16(608)、小野妹子とともに、裴世清は海石榴市に到着、80頭の飾り馬で迎えられたという記録も残されている。

この地に市の神として、三輪恵比寿神社がまつられている。

長くて深い歴史を持つ恵比寿神社で、えびす神道講座が行われている。

今回は、初めて外部講師としてお招きいただいた。

海石榴市と恵比寿神社、そして山の辺の道をきちんと考える講座とした。

ぜひともおいでください。

a0237937_13204637.jpg
a0237937_13205796.jpg
a0237937_13205215.jpg
a0237937_13204987.png


by koza5555 | 2019-08-19 13:22 | 桜井・山の辺 | Comments(0)
<< 海石榴市 繋 明日香村の大字に伝わるはなし >>