ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

2012年 12月 21日 ( 1 )

広陵町と二上山

今日、21日(金)、広陵町で奈良や桜井のことを一時間半、語る。

今日は広陵町でお話しする。経営者の方の勉強会である。
団体名は許可をいただいていないから、書けないけど、「いま一歩、深い奈良を知りたい」というテーマである。

広陵町といっても、真美が丘の新住民ではなく廣瀬郡(現在は北葛城郡、葛下(かつげ)郡と廣瀬郡が合併して北葛城郡になったことは今回知った)の頃からの、生っ粋の奈良県人に話そうと言うことだからそれなりの緊張である。

広陵で話すが、広陵の話ではない。僕ができる話は桜井や宇陀の歴史や文化遺産くらいである。
そうはいっても、一度はと思って広陵を訪ねてはきた。
a0237937_6501077.jpg

靴下の町とは知っていたが、綿が栽培されている。ここはジョージア州ではなく、綿畑の先に二上山が見える広陵町である。

そして、町の花はひまわり。
広陵のマンホール、年中ひまわりが咲いている。「広陵でひまわり?」あまり聞かないが・・
a0237937_6504258.jpg

「綿と靴下、二上山、ひまわり」、話は面白そうだが、土地の話で深入りは禁物である。
        ・
        ・
        ・
        ・
最後に、「うつそみの人なるわれや明日よりは 二上山を 弟(いろせ)と我が見む」(巻2の165)をみんなで練習して、犬養節で詠むところまで持ち込めれば成功であるが…
by koza5555 | 2012-12-21 06:55 | 橿原・明日香・御所・吉野 | Comments(0)