ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

2013年 04月 25日 ( 1 )

宇陀市 榛原の鳥見山公園

「吐山のスズランか大宇陀のカザグルマの咲き具合でも見に行こうか」とあっちゃんと出かけた。
西峠を越えたあたりで気持がクルッと変わって、鳥見山公園へ。
a0237937_229586.jpg
展望台からつつじ越しに見る額井岳

旧榛原町の町の花は山つつじだった。鳥見山に群生している山つつじである。
このつつじを見ることに急きょ変更である。
浄水場をこえてから、尾根筋のようなところを強引に登っていく新しい道ができている。

鳥見山、春には山桜、秋の紅葉は有名である。そしてなんといっても数千本の山つつじである。榛原からあがり鳥見山に登ってから初瀬までの縦走の道が東海自然遊歩道で、林間コースとして人気が高い。この道もずいぶん前に歩いたことがある。

冒頭の絵のように咲いている花もあったが、特徴的な樹をのぞいてはまだ咲いていない。
a0237937_22104894.jpg

勾玉池のみやまつつじは盛りを越えたという感じではある
a0237937_2211267.jpg


鳥見山公園、神武天皇の聖跡の伝承地としての顕彰碑が建てられている。
神武天皇の東征の足跡を聖蹟として顕彰するキャンペーンが戦前(昭和15年)に行われた。
神武天皇が神霊の加護により大和を平定することができたということで、霊畤(まつりのにわ)を鳥見山の中に立てて、お祀りしたことが日本書紀に記されている。
「この鳥見山はどこか」の争いとなったが、結果的には桜井の鳥見山を霊畤と決めて聖蹟碑が建てられた(等彌神社の南側)。
掃除をしたり、ガイドをしたりでいつも墨坂神社に詰めているAさんはこれが不満で、いまのことであるかのように悔しがるのである。

鳥見山公園、登る道は良くなりました。駐車場はあります。宇陀市の室さんの情報によると5月12日10時からつつじ祭りとのことですが、花の盛りはもう少し早まるような感じもします。
by koza5555 | 2013-04-25 22:35 | 宇陀 | Comments(0)