ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

カテゴリ:奈良( 152 )

談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす

東京でお話しします。新春の1月19日(土)午後5時から90分間です。
日本橋、三越向いの奈良まほろぼ館の二階です。

奈良まほろば館のホームページの講座案内にアップされました。
以下が全文です。申し込みは電話やFAX、講座案内の申し込みフレームからネットでも申し込めます。
関東の方、ぜひ、おいでください。
a0237937_20522365.jpg

談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす

平成31年1月19日 17:00~18:30

 NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。1月は、「談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす」と題してお話いただきます。

 桜井市多武峰の談山神社の歴史と魅力のすべてを、神社の氏子総代が語ります。藤原鎌足公を祀る談山神社は、「藤」を名字に持つ多くの日本人の心の故郷です。

 世界でただ一つの木造の十三重塔は境内の四季を見守ります。春の青モミジ、また錦秋の談山神社は他に比べるものがないという美しさです。春と秋の蹴鞠(けまり)まつり、初夏の鏡女王まつり、野と山の実りで飾りあげられる特殊神饌の嘉吉祭など、談山神社だけで行われてきた四季折々の行事の魅力を解き明かします。


桜に彩られる木造の十三重の塔

1.日 時 : 平成31年1月19日(土) 17:00~(1時間半程度)

2.講 師 : 雑賀耕三郎 氏(奈良まほろばソムリエの会副理事長、談山神社氏子総代)

3.テーマ : 「 談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす 」

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(当日受付にて申し受けます)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法

・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


a0237937_20522686.jpg


蹴鞠祭。蹴鞠はサッカーの原初の形
a0237937_20521657.jpg
        嘉吉祭。和稲(にぎしね)神饌の調整、多武峰の村人の献身的な努力を解明する


by koza5555 | 2018-12-19 20:55 | 奈良 | Comments(0)

戸閉祭(とだてまつり

広陵町箸尾の戸閉祭(とだてまつり)。だんじりが境内を疾走、拝殿(階段に)に激突することを競う。

a0237937_09100218.jpg


氏子の弁財天、南、的場,萱野のそれぞれの町のだんじりは終日、町内を練り歩く。一軒一軒の玄関先で青年団が伊勢音頭を唄い祝儀を受ける。町内を回り回って、夕方からは神社付近で待機、宮入に備える。

宮入は午後730分に弁財天、30分おきに南、的場,萱野と宮入である。

だんじりは青年団が引き、自警団(青年団OB)が後ろから押し、舵を持つ。

a0237937_09101105.jpg

拝殿前に一しきり青年団が伊勢音頭を唄い、お祓いを受ける。宮本の弁財天(だけ?)は自警団も唄う。

a0237937_09103547.jpg

やじうま的に見て、的場がお見事・・ガツーンと音がした。


a0237937_09101507.jpg
9時に萱野が宮入・・それからが長い・・いつまでもいつまでも・・境内での伊勢音頭は続く・・10時前に・失礼しました。残念ながら、写真は惨敗・・

a0237937_09231921.jpg
4町内の青年団が入り混じって、次々と音頭取りが輪の中心に飛び込んで伊勢音頭を唄い続ける。これは9時35分である・・


神社は式内社で櫛玉比女命神社(くしたまひめのみことのじんじゃ)北葛城郡広陵町弁財天399 で、境内は古墳を取り込んで作られている。
弁財天とはであるが、中世・近世は弁財天社とよばれてきている。天河弁財天を1284年に勧請したとされる。当社が式内の櫛玉比売神社に比定されるようになった経過は僕には不明である。

a0237937_09103071.jpg



by koza5555 | 2018-11-03 09:26 | 奈良 | Comments(0)

第70回正倉院展

70回、正倉院展を拝見してきた。

a0237937_15513228.jpg

a0237937_15503084.jpg
今年の目玉は「玳瑁螺鈿八角箱」(たいまいらでんはっかくのはこ)。誰もが認める素晴らしいものである。


新羅の琴、琴柱付き・・にひときわ引かれた。仲哀天皇が琴を弾きながらパタリと倒れたと『古事記』などに書かれているが、「ああ、こんな琴なのね」という感じである。


陶器で作られた鼓も興味深い。「三彩の鼓」というが、どんぶり茶碗の底を開いてつなぎ合わせた感じで、これに鼓皮を張る。

押し出し仏の仏像型というのを初めて見た。仏像に薄い銅板を当てて槌でたたいて押し出し仏を作成する。こんな道具も正倉院展は見せるのがおもしろい。


最後に写経生の借金証文である。宝亀3年のものであるが、役所から借金すると・・利子は・・月ごとで13%。年率換算で156%・・結構な高利貸しやなあ・・

a0237937_15503517.jpg

まあ、そんな正倉院展・・1111日(月)までである。金・土・日・祭日は夜8時まで。帰り道には興福寺中金堂を拝観した。建物の素晴らしさには感銘。もともとのご本尊はどんなだったんだろうか・・勉強してみよう
a0237937_15513735.jpg




by koza5555 | 2018-11-02 15:53 | 奈良 | Comments(0)

都祁水分(つげみくまり)神社の秋祭り

奈良まほろばソムリエ試験のソムリエ級の試験には「400字問題」という論述の課題がある。指定された(5カ所)施設を軸にツアーコースを作り、400字で紹介するという試験である。これを資料の持ち込みなし、漢字を正しく書く(神様の名前だけはカタカナで可)などで書きあげるのだから、けっこう四苦八苦である。



僕は、都祁水分神社を選んだのである。都祁水分神社、都祁山口神社、三陵墓古墳、小治田安麻呂墓などを書いた。ソムリエ級の試験は一発で合格、都祁には足を向けては眠れない。

ここのお祭りが拝見していなかった。西名阪の針インターを通るごとに、ちょっと後ろめたい・・思いがあった。

都祁は古くから開けた。大事な話だが、この話は最後に紹介しよう。

「都祁水分神社の秋祭は1025日と26日だったが・・4年ほど前から土・日に変わった。ウィークディでは困難となった」(西口宮司のお話し)、ということで、お祭りは10月の第4土曜日・日曜日となった。

祭は友田の都祁水分神社と小山戸のつげ山口神社の間の神輿のお渡りである。

土曜日に水分神社の神様は山口神社にお渡りする。もともと水分神社は天禄2年(971年)に山口神社の所から友田に移されたとされる(都祁山口神社由緒)。だから、この渡御は里帰りである。

日曜日は還幸である。僕は還幸だけ、拝見した。

1030分頃に出発。御幣、太鼓、榊、神輿である。神輿は12名、分担は最後まで変わらない。

a0237937_17274235.jpg

a0237937_17290460.jpg

神輿は小山戸、安楽寺などで休憩をとりつつ、都祁福祉センター前で大休止。1130分頃に到着するが、それから水分神社からの迎えが来るまで2時間の休憩である。あまり早く帰るのはいけないらしい。

a0237937_17274875.jpg

a0237937_17280279.jpg


ここまでは30人ほどであるが、2時頃に水分神社から200名からのお迎えが到着する。

a0237937_17291666.jpg

a0237937_17281400.jpg

神輿を先導して秋の神輿道を水分神社に向かう。

a0237937_17283064.jpg

にぎやかな子供神輿の迎えもうける。



水分神社に到着

a0237937_17283904.jpg

a0237937_17284376.jpg

神輿は境内を激しく駆け回る。息もあがるが最後は気力だ

a0237937_17284649.jpg

ご神体の還御・・宮司の手でご本殿に安置される。

a0237937_17285243.jpg

神楽があり、御供まきである。

a0237937_17285618.jpg

最後の都祁のことである。都祁は古くから開けた。

仁徳天皇の時代に氷室に関わって闘鶏大山主(つげのおおやまぬし)が出てくる。闘鶏(つげ)は旧都祁村にあたる。

仁徳天皇の皇子の額田が洞を見つけて、何のためにあるかを問う。大山主は氷室と答え、「土を掘ること一丈あまり、カヤを以て其の上を葺き、厚く茅すすきを敷いて、氷を取りて其の上に置きます。夏を越しても消えません。暑いときに水酒に浸して使います」(宇治谷孟)すぎてもまり掘り、草をその上に蓋としてかぶせて、厚くちがやや荻を敷いて、氷を取りその上に置きます。」と説明する。

額田はその氷を仁徳天皇に献上した。

大山主、額田大中彦皇子・仁徳天皇は氷室神社のご祭神である。


允恭天皇の時代にも都祁は出てくる。

忍坂大中姫(おしさか の おおなかつひめ)が子供のころ、一人で遊んでいたところに、闘鶏国造(つげのくにのみやつこ)が馬に乗って通りかかり、大中姫をからかう。「庭が造れるか」、とか「そこの野蒜(のびる)を一本」と言う。道端から話しかけるんだから、大した話では無いのだが、のちに姫が皇后となったことから、厄介な話になるというくだりである。

都祁から磐余あたりの宮の道中に忍坂大中姫の住まいがあったという事が良く分かる。

また、この闘鶏国造は、大山主のことと想定されている。



by koza5555 | 2018-10-30 17:41 | 奈良 | Comments(0)

お水取りの神名帳

『東大寺のなりたち』(岩波新書 東大寺元管長の森本公誠著)の後半部は、「天皇大権の確立」を求めた桓武天皇(系)と東大寺の確執である。

具体的には、修二会に示される御霊(早良親王や井上内親王)の問題や、仏教勢力の排除が紹介されている。


東大寺のお水取り・・修二会のことである。この悔過法要では「神名帳」が毎日読み上げられるが(5日と12日だけ読み上げられる過去帳とは別で)、その最後は十一柱の御霊の名が読み上げられる。御霊(ごりょう)を祀るとは、皇室や政治のトップレベルが冤罪により処罰される、それに祟られるという考えがあり、祀り、しずめるという考え方である。


東大寺が御霊として読み上げるのは、「冒頭は『八嶋の御霊(早良親王) 霊安寺の御霊(井上内親王) 西寺の御霊(淳仁天皇か?) 善光寺の御霊(善光寺は縣犬養刀自が聖武天皇のために建立、二人の間の子、井上内親王・安積親王・不破内親王がいずれも不運な生涯となった) 天満天神(菅原道真)』」
(『東大寺のなりたち』東大寺元管長の森本公誠著)となっている。

a0237937_10261371.jpg

八嶋の御陵


順番で言えば、八嶋の御霊(早良親王)。

早良親王(さわらしんのう・光仁天皇の皇子。生母は高野新笠。桓武天皇の弟)。長岡京遷都に反対して「大友・佐伯」のクーデターが計画されるという事件がある。桓武天皇を廃することを目的とし、藤原種継を暗殺した。皇太子の早良親王が関わったとされる。

早良親王は淡路に移送される中で死去する。その後、早良親王が激しく祟ったことから、崇道天皇の追称し、奈良の八嶋に祀った。早良親王は11歳の時、東大寺で出家、親王禅師と呼ばれたが、立太子で還俗したとのことである。


続いて井上内親王、聖武天皇の第一皇女であり光仁天皇の皇后である。

井上(いのえは御霊神社 いがみは東大寺)内親王は白壁王(のちの光仁天皇)の后となり他戸皇子を出産、770年に光仁天皇即位に伴い立后、その後天皇を呪詛したとされ、皇后を追われ、他戸皇子と共に宇智郡(五條市)に追われ、さらに訴追をうけ775年に皇子とともに亡くなった。庶人としての扱いをうけたが、天変地異が起き、これが井上内親王の崇りだとされ、墓が改葬されて御墓となった。

「宇智陵 皇后井上内親王 在大和国宇智郡 兆域東西十町 南北七町 守戸一烟」(延喜式)とあり、陵墓の扱いを受けている。


直接は東大寺の消長には関係ないが、森本長老は、こうした方々を神名帳の最後の読み上げていくところに、東大寺の考え方が示されるといわる。延喜式神名帳も心して聞くようにしたいものである。

a0237937_10275262.jpg
光仁天皇皇后井上内親王御陵


a0237937_10275727.jpg

一度は皇太子となった他戸親王陵。母(井上内親王と同じ日に亡くなる)

「天皇大権の確立」。桓武天皇(系)が仏教勢力を排除していく経過も奈良、長岡京、平安京遷都の歴史を考えるうえでの大きなポイントとなる。

これが、遷都の根本的な理由だと良く分かる。

「律令制に基づく権力者としての天皇位を志向する強い意思」(p177)は桓武天皇の決意。

桓武天皇は光仁太上天皇の「服喪期間をめぐって貴族たちとの軋轢が生じるなか、塩焼王の子の氷上川継の謀反が起こった」(p177)が、このたたかいで勝ち、問題で、貴族たちとのたたかいで勝利する。天武天皇系(塩焼王は天武天皇の子、新田部親王の子だから天武天皇の孫となる)の貴族はさらに敗北となった。

仏教勢力の排除と弱体化は強力に進められた。国分寺の僧侶が都にとどまっていることを厳しく摘発したり、大寺の経済活動(独自の高利貸業の禁止)に介入する。

東大寺は仲麻呂によって封5000戸を切り取られていたが、のちに2000戸の返却を受けた。しかし、用途は聖武天皇・光明皇后の供養の仏事に限られていた。この2000戸分も取り上げられて、平安京の東寺・西寺の造営費用に充てられた。そして、造営終了後は東寺、西寺の運営費になるという事で東大寺の経済基盤は沈下していった・・・ 

 

しかし、東大寺は不滅だった。大仏とか修二会とか法華堂の信仰で国の中での役割を取り戻したりしていくのである。

この新書はおすすめしたい。

a0237937_10275471.jpg

御霊神社本宮。五條市には御霊神社は20社以上も現存する

a0237937_10275036.jpg
悠々と飛ぶ、トンビを見ました



by koza5555 | 2018-10-20 10:37 | 奈良 | Comments(0)

東大寺の法華堂と戒壇院

『東大寺のなりたち』。岩波新書、今年の6月の本である。東大寺元管長の森本公誠長老が書かれた。東大寺を考えてみたいと思っていたが、これは期待通りである。

目次をみると「東大寺前史を考える」とあり、「責めは予一人にあり」で、これは、聖武天皇の心とわかる。

ほかに気になるところは「天皇大権の確立」。桓武天皇(勢力)が仏教勢力を排除したところだった。

a0237937_22191884.jpg

東大寺山堺四至図(さんかいししず)のことである。東大寺の寺地が確定(756年)する。佐保川と能登川が最初に描かれた。この区域内が世俗世界と切り離された聖域とみえる。


この山堺四至図に「山房」と記されている。

天平8年(736年)には、「山房は聖武天皇にとっては観音信仰の場、光明皇后にとっては薬師信仰の場、さらに二人にとっては阿弥陀信仰の、それぞれ基親王を偲ぶ霊場であったことが確認できる」(p18

その後、この山房は金鐘寺となり、隣には福寿寺が建立された。この二寺が合併して丈六寺が建立される。金銅仏の丈六釈迦如来仏が安置された。(p30)併せて、羂索堂の建立もこのころには行われている。

丈六堂の場所は不明だが、「丈六伽藍の立地を探しても、残るは現在の大仏殿当たりしかない」(p31)とされる。

この地はのちに大仏造立の立地となり、金銅仏は「やがて大量の銅が必要となる盧遮那大仏像の一助にする、いわば盧遮那仏増に化身することになった」(p34)。


羂索堂(法華堂・三月堂)の諸仏に関わる解明がある。丈六堂の「天部の諸尊像については羂索堂に移安することになった。つまり現在法華堂に祀られている巨大な乾漆八天像が元は金光明寺の丈六堂の諸尊だったのではないかという見解である」(p34


a0237937_22192166.jpg

「現在法華堂内に安置されている巨大な梵天・帝釈天、四天王、金剛力士の乾漆八天像は、年代的に遅れて入ってきた」(p35


元からの諸像と重複があり、

「内陣を改変、塑像の梵天・帝釈天と四天王の六天像を他堂に移し、執金剛神は厨子に安置した」。ということで、元々の仏像が外に出されてしまうのである。

梵天・帝釈天は日光・月光と名前を変えて薬師如来の脇侍に転用され、やがて江戸期に法華堂に戻ってくる。

四天王像は、中世には中門堂に安置、江戸期に戒壇堂に移ったという。

a0237937_22203971.jpg


「諸仏諸尊像も歴史に翻弄されてきたのである」(p35

戒壇院の四天王が初めに祀られたのは法華堂である。法華堂を拝見したならば、必ず戒壇院も拝みに行こうということである。

a0237937_22190071.jpg

年代がきちんと残っているのは以下のとおりである。

神亀元年(728年)山房造営を命ずる

天平5年(733年)羂索院創建と伝えられる

天平10年(738年)阿倍内親王立太子。福寿寺の造営始まる

天平17年(745年)金光明寺(金鐘寺)で大仏造立事初め

天平勝宝4年(752年)大仏開眼供養会



by koza5555 | 2018-10-11 23:14 | 奈良 | Comments(0)

なかじまゆたか作品展  奈良まほろばかるた原画

「奈良まほろばかるた」の原画を描かれた中島豊さんの「なかじまゆたか 作品展」が開催される。

a0237937_07154233.jpg

奈良まほろばかるたは「NPO法人奈良まほろばソムリエの会」の啓発グループが中心となって作成した。

「いまどきかるた?」との声をはじめは聞いたが、このカルタは好調に販売が進み、刷りましに成功した。カルタも出版物とみれば、重版出来(じゅうはんしゅったい)である。

読み札が軽快で、読み札の裏面に書かれた解説も好評である。

奈良県がバランスよく紹介されていることかうれしい。

「神武天皇の即位」をテーマにした古事記ツアーに参加されたKomazaさんは、見学場所をカルタで紹介されていた。

a0237937_07155303.jpg

しょだい じんむてんのうまつる かしはらじんぐう

みわやまは おおみやじんじゃの ごしんたい

れいきに さらしてつくる みわそうめん

ろまんある さいこのこどう やまのべのみち

(奈良まほろばソムリエの会編「奈良まほろばかるた」より)

また、福井県の石亀さんも、「孫とまほろぼかるたでたどる奈良旅行をしてみたい」と書かれた。

a0237937_07154970.jpg

そして、このかるたの魅力の根源は絵である。

中島豊さんが描かれた。ゆったりと穏やかで、何とも言えない奥深さの気分の絵である。

「この絵を見ていただきたいということで、「なかじまゆたか 作品展」が開催される。

発刊本挿絵原画と奈良まほろばかるた原画が展示される。

奈良まほろぼかるたの原画は44枚、すべてを展示、得難い機会である。

a0237937_07154663.jpg

7月6日(金)、7日(土)、8日(日)に奈良県立橿原文化会館(橿原近鉄百貨店の東側・八木駅からはどんな雨が降っていても歩いて行ける)である。

時間は午前930分から午後430分まで。

入場料は無料。

ぜひ、おいでいただきたい。


by koza5555 | 2018-07-02 07:18 | 奈良 | Comments(0)

押熊八幡神社

6月6日は奈良市押熊の定光寺、歓喜天の開扉日である。一年に一回の開扉日である。

お寺に向かう時、押熊神社・・これが気になった。
拝観を終えた後に、参拝してきた。
押熊八幡神社である。主祭神は八幡神、応神天皇である。

a0237937_23104373.jpg

「押熊に八幡神社か」と思いつつ、境内図をよく見ると、忍熊王 麛坂王 旧跡地と記されている
a0237937_23104961.jpg


以下、境内看板による

日本書紀』によれば、忍熊王と兄の麛坂(かごさか)王は仲哀天皇の皇子で、母は彦人大兄の娘、大中姫(仲哀天皇の后)である。

 仲哀天皇の崩御のあと、神功皇后は新羅出兵を終え、尽くしに還り誉田別皇子(ほむたわけのみこ のちの応神天皇)をお産みになった。翌年春二月、皇后は皇子と共に大和へ凱旋の途につかれたが、このことを知った押熊、麛坂(かごさか)両王は、皇位が幼皇子に決まることを恐れ、皇后軍を迎え撃とうと、菟餓野(とがの、今の大阪市北区)に出て、その吉兆を占うと狩を催したとき、兄の麛坂王は赤猪に襲われて亡くなられた。

 弟の忍熊王とその軍は、皇后軍のため次第に押され、宇治まで退却した。一方皇后軍は三月の初めに山背へ進出し、宇治に至って河の北に布陣、戦闘を始めようとした忍熊軍は謀略に欺かれて敗退。山背を退き、近江との国境の逢坂におけるたたかいにも敗れ、忍熊王は瀬田の渡し場所付近で入水、亡くなられた。

この『日本書紀』の伝承にある忍熊王は、当時、この地域を支配していた実在性の高い人物、王の一人であったと考えられる。そして、この地域にある日本有数の前方後円墳を含む「佐紀盾列古墳群」との関わりも考えてみる必要がある。

古来より連綿として忍熊王を奉斎してきたこの地域の古い歴史を偲ぶことができる。

忍熊王子神社の祭礼は418日で、当日は宮座も物が参列して古来の儀式により、お祭りをする。また、農家では、昔からこの日を「だんご休み」戸言って農作業を休み、ヨモギ餅を作り祖先にお供えするとともに近隣縁者の家に配る風習がある。

「押熊」は鎌倉時代に作成された「西大寺田園目録」の中の、添下郡京北三里に「押熊原」との地名がみえ、また「大和国添下郡京北班田図」にも「押熊里」の地名があることから、押熊が古代からの由緒ある歴史的地名であることに疑いはない。

なお、この旧跡地に隣接する「カゴ池」「かご坂」は押熊の祖先、麛坂(かごさか)王にちなんでつけられた地名であろう。


a0237937_23105547.jpg


かご池? 鳥居前の池に咲くスイレン

ここは押熊八幡神社である。八幡神社なら、応神天皇・・やろ
同じ境内に、忍熊王、麛坂(かごさか)王の旧跡を持ち、祭りがある。神功皇后、応神天皇の軍の滅ばされた両王、一緒に祀られているのである。
このおおらかさ、どうでしょうか。
a0237937_07113680.jpg

a0237937_23105937.jpg

境内には押熊の資料展示室、収蔵庫。どんなものがあるんだろうか。水利組合長の許可があると開くとのこと、表示されていた。


by koza5555 | 2018-06-06 23:31 | 奈良 | Comments(2)

奈良で一番早い  植槻神社(大和郡山市植槻町)のオンダ

植槻八幡神社

平城京地鎮の古社。創建年不詳。伝承では藤原不比等ゆかりの幻の古刹・殖槻(建法)寺の鎮守社で、平城京の裏鬼門(西南)にあたる宇惠都支(植槻)の地に勧請された。清少納言『枕草子』の「森は(106・195)」に「うゑ(へ)つきの森」の記述がある。毎17日斎行の『植槻おん田祭』は古くから大和三大奇祭の1つ。 植槻神社ツィター


a0237937_22255997.jpg

大和郡山城のすぐ北である

例年は「午前10時に斎行」とのことで訪れたが、シーンとしている。オンダは午後4時から、10時からおぜんざいの接待はいたしますとのことである。大和郡山はちょっと遠いのであるが、出直しである。

ポイントは植槻神社の公式ツイッターにあるように、この神社の前身は平城京の裏鬼門備えのお寺と神社とのことである。九条三坊という条坊からみて、それは認められるとの見解が大和郡山市史に記されている。

さらにポイント。こちらのオンダは、奈良では年明け一番のオンダ祭であるということがある。

オンダは僕の今年のテーマであり、これは見逃せなかった。

神主を先頭に、牛の鼻持ち、牛役、牛追いと拝殿に上る。拝殿の中での行事に今年から変わったとのことである。

鼻持ちは翁の面をかぶり、朗々と口上を述べる。お面をかぶっての口上だが、セリフの内容、声量が氏子のレベルを超えている。そのあとは鼻持ちが鍬をもって、セリフをしゃべりながら、田を耕す(畔を作る?)。

a0237937_22254431.jpg

a0237937_22284263.jpg

牛の出番である。牛はカラスキ(唐鋤)を付けて3周、その次にはマンガ(馬鍬)に代えて3周である。

種まきは鼻持ちがして、早苗(松葉)が育ち、田植えとなる。

a0237937_22313225.jpg

a0237937_22290509.jpg

こちらの神社には、オンダ祭りに使う鍬(くわ)には、天保10年〈1839〉の墨書銘が残されているのとのことであるが、写真の鍬がそれかどうかは確かめ損ねた。

奈良一番のオンダは17日の植槻神社、奈良で一番終わりのオンダが石上神宮、630日の神剣渡御祭(でんでん祭り)の神田神社で行われるオンダである。

a0237937_22363043.jpg

こちらは石上神宮である。この日は雨で神剣渡御祭が中止。オンダだけ石上神宮の拝殿で実施された




by koza5555 | 2018-01-07 22:38 | 奈良 | Comments(0)

東大寺勧進所の赤門と公慶上人

東大寺の勧進所の門は赤門である。おなじような赤門を法華寺にみることができ、室生寺にも赤門が残されている。

a0237937_06264284.jpg

            東大寺勧進所の赤門


4月だったか、菅谷文則先生の「歴史と色」という講義を受けた。色は身分を示したり、生死を分ける印であったりということを令義解(りょうぎげ・平安時代の法律の解説書みたいなもの)からの解説だった。


この中で東大寺の勧進所の赤門と東京大学の赤門を話題とされた。少し、時間も経っているが、最近、東大の写真も撮ってきたので、これを僕なりに考えてみた。


東大寺勧進所の門は赤門である。公慶は貞享3年(1686年)、大仏修復勧進を本格的にするため、東大寺の穀屋の地に龍松院(勧進所)を建てる。勧進をすすめて、元禄元年(1688年)には、東山天皇から上人号が勅許された。公慶の個人の評価だけではなく、大仏復興事業を朝廷が認めたということだった。


さて、赤門は門跡寺院(皇族が所属する)などに許されるものである。また江戸時代の大名屋敷などからみてみると、三位以上の官位を受けた者だけに許される門だった。その意味から見ると、公慶上人は三位相当ということなのだろうか。

a0237937_06272723.jpg

 
      法華寺の赤門。門跡寺院である。

a0237937_06324806.jpg

室生寺の赤門。太鼓橋を渡ると道なりにすぎ左手に見える。開かずの門である。この赤門の設置理由は不明である。


赤門といえば、東京大学である。

a0237937_06265226.jpg

文政10年(1827)加賀藩主 前田家斉にとついだ11代将軍徳川家斉の息女溶姫のために建てられた朱塗りの御守殿(ごしゅでん)門であり、重要文化財に指定されています。(掲示板)

a0237937_06265772.jpg


江戸時代、大名家に嫁した将軍家の子女が居住する奥御殿は御守殿という。これは三位以上の大名であり、この場合は御守殿門が赤門とされた。四位以下の場合は 御住居(おすまい)と称して朱塗りにはされないとのことである。


第13代加賀藩主、前田斉泰は将軍家斉の娘の溶姫を迎えることにより、従三位に昇進したとされる。

この頃(幕末)になると、三位で御守殿、四位のままで御住居という選択は、台所の事情により藩の意向も反映する時代となったと聞く。もちろん、加賀藩は大藩だる。当然、従三位の昇進を求めて、溶姫を迎え、御守殿、赤門を用意したという論もある。

こんな歴史も経て赤門は作られて200年となる。加賀藩の赤門よりもはるかに長い時間を東京大学の赤門として、いまも役割を果たしているのである。


最後に勧進所の赤門と公慶上人に戻りたい。公慶上人はどんなふうに赤門を通っていたのかなである。ところが「公慶上人は赤門を通らなかった」という見方もできるのではと考えた。

上人と勅許されるのは1688年である。

東大寺には「大仏開眼供養図」という屏風が残されている。1692年の会式の図である。この絵に勧進所の赤門が描かれていない。

a0237937_06271226.jpg

話はそれだけである。赤門が作られたのは公慶上人が亡くなってから(1705年)のことかもしれないというのが、僕の問題意識である。
そして、公慶上人の偉業を改めて勉強できたのは、付録の喜びだった。


公慶上人は大仏の修復に成功した。大仏殿の再建の道筋はきちんとつけて亡くなった。

開眼会に参加した僧は一万人以上、俗人が20万人という。当時の奈良市民の10倍以上とのことである。

「公慶はプロデューサーの優れた能力があったように思われる。どのようにすれば人が集まるか、どのようにすれば人が喜ぶか、とてもよくわかっている.企画が優れ、段取りがよく、工夫がみられ、配慮がある。学僧でありながら勧進にも才能を発揮し、何よりも燃え滾る宗教的情熱がある。(西山厚)

参考文献  『近世の奈良 東大寺』 公慶上人の生涯  西山厚 



by koza5555 | 2017-12-29 06:40 | 奈良 | Comments(0)