ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長谷寺、大観音大画軸大開帳

長谷寺と十一面観世音菩薩像の原寸大の大画軸が開帳されている。1646センチメートル、横が622センチメートル。画軸であるが重さも125kgあるという。

a0237937_22345615.jpg


軸がは正面に観音菩薩像が描かれ、向かって右には難陀龍王、左には右宝童子が描かれている。

「大きな御影は、室町時代・明応4年(1495年)に罹災した本尊の復興の為に、興福寺の南都絵法眼清賢が高野髪430枚を継いで設計図として描かれたことに由来します。江戸時代に入り、長谷寺本願院65世秀海上人は寛文5年(1665年)に大阪堺の篤信者より信施を受けて、日本最大のこの大画軸を仕立てた」(長谷寺配布資料)とされている。

長谷寺の十一面観世音菩薩は729年、沙弥徳道の指揮のもと稽文会(けいもんえ)と稽主勲(けいしゅくん)によって造仏されたとし、開眼供養の導師は行基(菩薩)とされている。この、十一面観世音菩薩像は、極めてたびたび、火災に伴い焼失を重ねている。

いずれも記録が残されているが、健保7年(1219年)の安阿弥、快慶の手による再建は画期的である。御頂仏まで三丈二尺三寸、1213センチメートルの現在の姿は、この時以来と思われる。


巨大な仏像は、平安時代の末ころからの寄せ木細工という彫法、彫刻ができて作れるようになった。外からはうかがい知れないが、
2本の心棒は下の台座に挿しこまれており、その上部に2本の心棒が前後に入れられ、頭部をささえており、また、この心棒に寄せ木が取り付けられている。

その後も罹災は度重なり、明応4年(1495年)11月、堺商人の大きな喜捨により復興成就。この時に興福寺の清賢による指図が作られたとされる(この図がその後、画軸となり今回公開されているもの)。

さらに天文5年(1536年)6月に兵火にかかり焼亡。二年後の天文7年に造仏、こちらが現在の観世音菩薩像である。

画軸は1495年。菩薩像は1538年ということである。

ぜひとも、拝見していただきたい。この会期は531日までで、大講堂で展示されている。
a0237937_22385681.jpg

拝観料とは別に
500円(合計1000円)が必要だが、普段、拝見できない大講堂に入堂することができる。



今回は撮影も許可ということで、撮影用のグッズも用意されているという破格の対応で、これが楽しみである。

a0237937_22342393.jpg

◆十一面観世音菩薩の罹災(火事)、再建の歴史は、「豊山前史」(永島福太郎著、昭和37年)、「長谷寺の仏教芸術」(豊山春秋5 平成2年)などに詳しい。


a0237937_22341968.jpg

a0237937_22350055.jpg


by koza5555 | 2018-03-31 22:41 | 桜井・初瀬 | Comments(0)

忍海郎女、亦の名は飯豊(いいとよ)王

『古事記』でたどる大和の旅(クラブツーリズム関西・テーマのある旅)は、今年度は2月から7月まで、各月2回で12回のシリーズである。
最終回、7月の日程とテーマを決めた。
「『古事記』の女性たち。その愛と戦いから学ぶこと」である。
磐之媛命、卑弥呼、外通王、飯豊王を取り上げた。

忍海には、
飯豊王が「臨朝秉政」(みかどのまつりごと)を行ったとされる角刺宮跡
飯豊天皇が葬られたとされる「飯豊天皇埴口丘陵」が残されている。

a0237937_22124414.jpg
a0237937_22125498.jpg
清寧天皇(第22代)と忍海郎女、亦の名は飯豊(いいとよ)王のことである。

『古事記』、清寧天皇は「御子、白髪大倭根子命、いわれのミカクリ宮に坐しまして、天の下治らしめき。この天皇、皇后無く、また御子も無かりき。故、御名代として白髪部を定めたまひき。故、天皇崩りましし後、天の下治らしめすべき王無かりき。ここに日嗣知らしめす王を問うに、市辺の忍歯別王の妹、忍海郎女、亦の名は飯豊王、葛城の忍海の高木の角刺宮に坐しましき」。


飯豊王は天皇として数えられていないが、天皇の仕事をしていると、『古事記』、『日本書紀』は記している。

さらに陵は「飯豊天皇陵』と明示されている。


ここらあたりの機微を語りたいのである。


また、『日本書紀』、顕宗天皇即位前紀には、「市辺押磐御子と荑媛(はえひめ)の間に顕宗、仁賢の妹して飯豊女王が生まれ、亦の名を忍海部女王であると記している。姉ではないかとの異論も示されている。

飯豊女王は顕宗、仁賢の叔母か、姉か妹か・・・である。

 


雄略天皇の死後(5世紀末)に即位した清寧天皇が跡継ぎを残さないまま死去する。それを引き継いだのが飯豊皇女である。

「臨朝秉政」(みかどのまつりごと)を行ったとされ、これは天皇に即位したという伝承である。

「自ら忍海飯豊青尊(おしみのいいどよのあおのみこと)と名乗りたまう。ときのうたつくるひと、歌詠みしていわく

 倭辺に 見が欲しものは 忍海の この高城なる 角刺の宮」

葛城磐之媛(仁徳天皇后)が平城山で歌詠みしたという

「倭を過ぎ わが見が欲し国は 葛城高宮 我が家のあたり」に類似するのはなぜだろうか。

忍海角刺は彼女の宮殿の上、もしくは入り口に邪悪なものを退ける鹿角を飾っていたことによるとされる。

そういえば、多武峰のある村の入り口に鹿角が掛けられていたことを見たことがある。あれもそんな意味で掛けられていたのだろうか。

さらに、日本書紀には不思議な、かつすごいことが書かれている。

「角刺宮にてマグワイしたのだが、格別に大したことは無かったので、二度としなかった」(ここに夫あると記されているが詳らかではない)と記されている。

即位の時点では配偶者は無く、子もいない。古代女性が即位後は独身を保つ、皇位継承者を作らないということだった。卑弥呼の「夫壻(ふせい)無く」は、大和王権にも引き継がれている。シャーマンもしくは中継ぎの女帝だったとされる飯豊女王の限界性をしめしたものではないかと、「女帝と譲位の古代史」(文春新書・水谷千秋)で水谷千秋が指摘している。

4世紀頃までは、倭・大和には卑弥呼をはじめ力を持った多数の女王、女首長がいた。

しかし高群逸枝(女性史研究家・娘時代、四国八十八カ寺巡礼のすばらしい道中記 -娘巡礼記― も記した)が描いたような 古代母系社会史は存在せず、「女王・女首長は、例外ではないがあくまでも中継ぎであった」(例えば清家章)という結論が示されている。

a0237937_22134405.jpg
a0237937_22132970.jpg

「遅れてきた卑弥呼」ともいうべき、飯豊皇女は葛城埴口丘陵(かずらきのはにくちのおかのみささぎ)に葬られている。

a0237937_22130094.jpg


by koza5555 | 2018-03-30 22:35 | 橿原・明日香・御所・吉野 | Comments(0)

『日本の道教遺跡を歩く』(朝日選書)

『日本の道教遺跡を歩く』(朝日選書)

福永光司、千田稔、高橋徹()である。後書きが1989年で、古い本であるが、2003年に朝日選書に集録されている。

「陰陽道・修験道のルーツもここにあった」がサブタイトルである。


陰陽道と言えば、奈良辺りなら、我が家の近所の安倍文殊院。
文殊院が「安部清明の天文観測所」という高台から、ちょっと西の空を見に行ってきた


a0237937_22364212.jpg

道教の入門書でもあり、日本の宗教施設、行事になかに道教がいかに生きているか、貫かれているかが解明されている。

一つは「道教とは何か」を中国の歴史を探ってみる・・である。

いま一つは、「日本における道教とは」である。日本に持ち込まれなかったとされるのが学会の常識らしいが、朝廷の儀式でも民間の習俗にも、道教の影響が色濃く残ることが証明されている。

まず、二つの書が繰り返し引用されるから紹介しておく。

『淮南子』(えなんじ)。前漢の武帝の頃に編纂された(紀元前150年頃か)思想書。日本へはかなり古い時代から入った。『日本書紀』の冒頭「古(いにしえ)に天地未だ剖(わか)れず、陰陽分れざりしとき」の大本もこちらである。

『抱朴子』(ほうぼくし)という本が道教の土台である。葛洪という人が、東晋の建武元年(317年)に書き上げた。

道教は仙の時代が第一番目。「神仙」をお祭りして、神仙の持っている不老不死の薬をもらう。神仙が下りてくるという山や川でお祭りをする。斉明天皇(皇極天皇の重祚)の時代は、この影響を受けている。

第二番目は「仙道」の時代。これが抱朴子の時代で医薬、丹薬を活用する道教である。

道教の薬には本草薬と石薬があるとのことである。房中術というのもあるそうである。「労損」、スタミナの消耗を図り、不老長寿を全うするという考えである。

「労損」・・なるほどである。

三番目は「洞真」。仙道から道教への時代である。56世紀には完成しる。遣隋使、遣唐使が持ち込んでくるのは、ここら辺りとみられる。

輪廻などの仏教の概念も取り入れ、仏教との習合も図られる。

こうして、あらゆる時代を通して、道教は日本にも持ち込まれてきたとのことである。


皇極天皇の、稲渕の雨乞いの四方拝、飛鳥時代の石造の文化、北極星(太一神 たいいっしん)を敬う皇室行事などもすべて道教の影響がみられるとのことである。

ちなみに鎌倉時代の神道書には「道教の最高神の太一神は天御中主命と同一」と記されているのとのことである。

『続日本後紀』(832年)には仁明天皇の即位の大嘗会が記されている。

豊楽殿で催された宴楽には悠紀と主基の標が立てられ、前者には庭の鳳凰を止まらせ、日輪と月輪の形、天老と麒麟の像がしつらえ、後者には西王母が舜に世界地図を捧げる像、西王母秘蔵の仙桃を盗む童子の像および鳳凰、麒麟などの像が配された」。

「これは道教の世界だろ」というのが、この書の結論である。

それ以外では、鎮宅霊符、宵待ち講、鬼やらいなどの民間習俗もルーツは道教からである。

a0237937_22373665.jpg

阿部文殊院の赤い札、これも道教その者だろう

a0237937_22370742.jpg


by koza5555 | 2018-03-25 22:44 | 桜井市と安倍 | Comments(0)

八講祭

3月の第一日曜日は談山神社の氏子が集まって八講祭が行われる。

氏子といっても阿部あたりの氏子は関係がなく、多武峰の本来の郷中の大字の祭である。


今年は倉橋が担当だった。倉橋と倉橋出屋敷(赤坂天王山辺りをいう)がご奉仕された。

来年は多武峰(八井内・飯盛塚、)、次が下居(針道・鹿路)、横柿、今井谷。生田、浅古、下という順番で、8年に一度、回ってくる。


当番の大字から1老から5老と名付けられる5人の長老が選ばれる。村の役員はピシッと全員が礼服を着用する。

a0237937_21302875.jpg

神社の神廟拝所で斎行される。

はじめに、長老の手により、中央に鎌足公、右に定慧、左に不比等を描いた掛け軸が掛けら

れる。その間、謡曲「尾上の松」が謡われる。

a0237937_21272719.jpg


つづいて、脇立画が掛けられる。寒山拾得(かんざんじっとく)である。その間、謡曲「四海波」が謡われる。

献饌があり、祝詞の奏上である。

a0237937_21241392.jpg

そのあと、一老により、「談山権現講式」という、始祖の栄誉を称える祭文が読み上げられ、「南無談山大明神」の神号が10回、奉唱される。

撤饌、脇立、神影を下ろして祭は終わる。

a0237937_21231931.jpg

この鎌足公の御神影は、一年で、30分だけ公開されるのである。

以上、『桜井風土記』(栢木喜一)に詳細が記されている。

さらに栢木さんは、「八講とは八ヶ大字で営むからだといっているが、これはおそらく法華八講から来たものだろう」とも指摘している。

「民間でかくもていねいな行事が長く続けられてきたことがありがたい」…これが栢木さんの結論である。

a0237937_21235012.jpg

付論するが、

もともとは倉橋の金福寺(崇峻天皇陵の東)の八講堂で行われが、今は談山神社の神廟拝所で執り行われる。8年に一度の当番では村々では進行も忘れてしまっていて、現在は、神社の神職にノウハウが蓄積されている状態となっている。

a0237937_21242287.jpg





by koza5555 | 2018-03-04 21:37 | 桜井・多武峰 | Comments(2)