人気ブログランキング |
ブログトップ

奈良・桜井の歴史と社会

koza5555.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす

東京でお話しします。新春の1月19日(土)午後5時から90分間です。
日本橋、三越向いの奈良まほろぼ館の二階です。

奈良まほろば館のホームページの講座案内にアップされました。
以下が全文です。申し込みは電話やFAX、講座案内の申し込みフレームからネットでも申し込めます。
関東の方、ぜひ、おいでください。
a0237937_20522365.jpg

談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす

平成31年1月19日 17:00~18:30

 NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。1月は、「談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす」と題してお話いただきます。

 桜井市多武峰の談山神社の歴史と魅力のすべてを、神社の氏子総代が語ります。藤原鎌足公を祀る談山神社は、「藤」を名字に持つ多くの日本人の心の故郷です。

 世界でただ一つの木造の十三重塔は境内の四季を見守ります。春の青モミジ、また錦秋の談山神社は他に比べるものがないという美しさです。春と秋の蹴鞠(けまり)まつり、初夏の鏡女王まつり、野と山の実りで飾りあげられる特殊神饌の嘉吉祭など、談山神社だけで行われてきた四季折々の行事の魅力を解き明かします。


桜に彩られる木造の十三重の塔

1.日 時 : 平成31年1月19日(土) 17:00~(1時間半程度)

2.講 師 : 雑賀耕三郎 氏(奈良まほろばソムリエの会副理事長、談山神社氏子総代)

3.テーマ : 「 談山神社の春夏秋冬、すべての魅力を氏子総代が解き明かす 」

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(当日受付にて申し受けます)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法

・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


a0237937_20522686.jpg


蹴鞠祭。蹴鞠はサッカーの原初の形
a0237937_20521657.jpg
        嘉吉祭。和稲(にぎしね)神饌の調整、多武峰の村人の献身的な努力を解明する


by koza5555 | 2018-12-19 20:55 | 桜井・多武峰 | Comments(0)